転生したらスライムだった件 第9話 「大鬼族の襲撃」 海外の反応

第9話あらすじ

リムル達の村の開発は着々と進んでいた。一人洞窟で新たなスキルを試していたリムルに緊急要請が入る。駆けつけると六人の大鬼族がいた。大鬼族は言う。「正体を現せ!邪悪な魔人め!」(公式サイトより引用)

登場人物

リムル=テンペスト 声 – 岡咲美保 寺島拓篤
大賢者エイチアルモノ 声-豊口めぐみ
ヴェルドラ 声 – 前野智昭
ゴブタ 声 – 泊明日菜
ランガ 声 – 小林親弘
リグルド 声 – 山本兼平
カイジン 声 – 斧アツシ
ベスター 声 – 津田健次郎
井沢静江(シズエ・イザワ)/ 人間 ⇒ 炎の魔人 声 – 花守ゆみり

 

 

 

 

✳以下reddit.myanimelistからの反応になります

新しいアークが始まり、リムルは驚かすことを止めません。彼はとてもオーバーパワーですが、彼の本当の力は、言葉で平和を作る彼の能力にあります。仲間はますます大きくなっています!ついにオウガに会いました!

洞窟で彼の新しい能力を試しているシーンはクールだった。彼ができる限りShizueの記憶を尊重しようとしていることも、素敵な感触です。

SFXも素晴らしかったです。黒い炎の爆発と影響は信じられないほどだった:o彼のパワーレベルは9000以上です。

先週は弱いエピソードでしたが、今週はそれを補完しました。そのユーモアとアクションアニメーションは素晴らしい:)
Gobtaを蹴ったシーンに笑ったXD

いつものように興味深いエピソード。イフリートを吸収することで、リムルの身体を最も興味深い能力を得ることができました。リムルの体型実験は見るのは楽しかったです:D

ぺニスの不足に対する彼の反応は面白かったです。ちょっと変だけど、胸のような他の性別特有の特徴があっても、彼が変わったときに再現されないのは唯一の部分です。

私はまだ他のロマンスがある思っていますが、彼には性別がないことを見ていると、これは難しいように見えるかもしれません:(

リムルは一般的主人公に比べて紳士なようだ、女の子の体でいたずらしない。

リムルが新しい形に慣れていくのに時間がかかるだろうが、彼はうまく適応している。エンディングではこのエピソードで出た他のキャラクターの一部を見れようになりました。リムルはそれらのオウガの名前を与えるつもりなのだろうか。

そのオウガ達に名前を付けたらどのように強力になるのだろうか?

私は最近紹介されたキャラクターのすべてが「黙れ、悪人だと知っている、戦え」という状況が気に入らない:(

このエピソードについての最善のことは、そのオウガの老人です。リムルのスキルを見て、2人のキャラクターの戦略的経験の違いを見ることができるキャラクター。

オウガの女の子、それはゼロ2のより良いバージョンですか?

私はショーの質とペーシングがどれくらい安定しているかに驚いています。すべてのエピソードは5分のように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です