火の丸相撲 第7話 「愚直な道化」 海外の反応

第7話あらすじ

いよいよ始まったインターハイ県予選!無名のダチ高は完全になめられていたものの火ノ丸は他校の生徒を豪快に投げ飛ばしていく。次に続く選手たちも快勝を続け、礼奈たちが見守る観客席からもどよめきが一気に広がる。決勝の舞台へ勝ち進み、因縁の石神高校との対決が始まった。これまで一度も勝利したことがない蛍であったが、彼の眼には強い覚悟が宿っていた。(公式サイトより引用)

登場人物

潮 火ノ丸:阿部 敦
小関信也:落合福嗣
五條佑真:熊谷健太郎
國崎千比路:佐藤拓也
三ツ橋 蛍:村瀬 歩
辻 桐仁:寺島拓篤
五條礼奈:小松未可子
堀 千鶴子:田辺留依
久世草介:武内駿輔
狩谷 俊:吉永拓斗
四方田 尽:杉山紀彰
澤井理音:八代 拓
ダニエル・ステファノフ:冨森ジャスティン
沙田美月:石川界人
金盛 剛:木村 昴
荒木源之助:浪川大輔
真田勇気:嘉人
間宮圭一:松川裕輝
天王寺 咲:八巻アンナ

✳以下myanimelist.redditからの反応になります


私はこのエピソードを愛していた。そして小関信也は最後の戦い?美しい。

このショーは、私が思っていた以上に多く楽しんでいます。國崎千比路は良くやった:)

このエピソードもかなり良いです。ステージでは三橋蛍のようなキャラクターがちびサイズにも関わらず輝くチャンスを与えました。真剣に、彼の相手は少なくとも蛍のサイズの2倍位でなければならない。

私はミツハシが気の毒に思うが、決勝戦で彼は自分が持っていた技を試してみて、十分ではなかったと思う。しかし、人は千尋の試合を失ったことをさらにエキサイティングにしました。ミツハシがそのような場所で最終的な挑戦者に会う事を誰が推測しただろうか。

聖なるたわごと。私はKeiがいくつかの開発をしたことを愛し、それがChihiroにも影響を与えました:D

実際の相撲に関心を持つ人にとっては、今週中に九州場所が始まっています!この場所は横綱が競合していないので、非常に独特です(稀勢の里は、20世紀で初めて最初の横綱であった最初の4人に0-4をした後に撤退することを決めました)いつものようにとてもエキサイティングでした!

これはOKなエピソードだったが、その前に来たことによって多くが台無しになった。彼らは火の丸以外のトレーニングをすべてスキップして、いくつかのシーン、特に石上高と一緒に練習しようとしていたキャプテンが、アニメとは対照的に、2度戦ってかなり好調だったので、これは文字通り初めての試合です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です