メルクストーリア 「夢添いの君と忘却の町(前編)」 第6話 海外の反応

あらすじ

舞台は、モンスターと人間が共存する世界「メフテルハーネ」。その世界には、モンスターを倒すことなく「癒す」ことで人間との争いをなくす「癒術士」という存在がいる。

ある朝、主人公となる少年は、ビンの中で暮らす少女・メルクに起こされる。彼の住む村に、癒術士がやってきたのだ。彼女は主人公の家に来るまでの記憶を失っており、世界を旅する癒術士ならば自分が何者なのかの手がかりを知っているのではないかと考えたのだ。しかし、村に来た癒術士・エルトもメルクに関しては何も知らなかった。だが、村の東の村に住むアイオスという人物なら何か知っているかもしれないという。

かくして、メルクに協力し旅を始めることになった少年。だが彼は癒術士としての才能がありながら、モンスター恐怖症という致命的なまでの欠点を持っていた。(公式サイトより引用)

登場人物

ユウ 声 – 田村睦心
メルク 声 – 水瀬いのり
トト 声 – 花守ゆみり
ジャモ役 声 – チョー
サローディア 声 – 井上ほの花
フロイレイダ 声 – 井上喜久子
パリストス 声 – 水島大宙
メネライア 声 – 伊藤静

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

これは本当に興味深く創造的なシナリオです。本当にどこに行くのが楽しみです。私が一番気に入っているのは、あらゆる機会がどのように暗く荒々しくなるのかということですが、そうではありませんでした。それはまだかなり気分が良いですが、依然として自己の正体と目的のこれらの問題に取り組んでいます。

私はカボチャが彼女を現実の世界に連れて行くのではなく、夢の世界に留まらせようとしているように、彼女の記憶を乱してしまったように見える。スクウィークマウスがとても良かったという想像上の友人を好んだ。

Alice in WonderlandとNightmare Before Christmasの奇妙なミックス、夢のストーリーラインにトラップされた古典につながる。それは確かに今シーズン最高のショーではありませんが、芸術は本当に良く、特に子供の本のスタイルの背景が素敵です。

不思議の国のアリスとクリスマス前のアリス悪夢

このエピソードでは、このような敷地がいつも錯視に閉じ込められた人にとってひどく終わるので、私は本当に緊張しました。だから私は常に他の靴が落ちるのを待っていました。来週はどうなるのだろう?

いくつかのヘビー級の声優エピソード!それは間違いなく杉山典也(Emiya Shirou)だったが、鳴き声とパンプキンヘッドは津田健次郎になる必要があった。

また、このショーはあまりにも危険なリラックス、特にこのエピソードのトーンです。私は目を閉じて声を聞いていて、シーンを見逃したので、数分後に巻き戻したXD

パンプキンヘッドは小安武人だったと思うけど。私は彼の声の演技が好きです。

アニメーションはいつも豪華ですが、私はその夢の街の背景が本当に好きです。

また、小安武人がカボチャを声に出していますか?私は秋アニメで彼の声を聞いたのは久しぶりだった。

小安はずっと別のショーにいた。彼のimdbページをチェックしてください(MALとANNはimdbのように日付順にソートしないので)

私はどのように声が多くの演技が好きです。次回はSNKにもっと注意を払う。彼が2018年または2017年後半にリストアップした他のシリーズを見ていない。

カボチャのVAは非常に良かったし、私はそれらの背景が好きだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です