殺し屋さん The hired gun 海外レビュー

概要

台湾およびスペインでも刊行されているが、日本語の駄洒落や言葉遊びが落ちになっている話が多いため、外国語版はいずれも欄外が注釈だらけとなっている。
コミックス第4巻のあとがきにて、連載開始からしばらく経って、「4コマ漫画、4ページ掲載、全4巻、連載期間4年」と「4」にまつわる漫画になるのかと思っていたが、実際は4コマ以外のコマ数がある上にすでに5年経過、そもそも最初の漫画も1コマだと述懐しており、隣のおまけ漫画で殺し屋から「なんで5巻目に入ってるんですか」とツッコミを受けている。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“殺し屋さん The hired gun 海外レビュー” の続きを読む

ガリレイドンナ 海外レビュー

あらすじ

西暦2061年。地球温暖化が騒がれたのは過去のこととなり、氷河期の初期環境が訪れている近未来。イタリアのトスカーナに住む、ガリレオ・ガリレイの子孫・フェラーリ三姉妹の三女の星月・フェラーリは謎の飛行艇に追われていた。それと同時に、次女の神月・フェラーリ、長女の葉月・フェラーリも怪しい人物の襲撃を受けるが、辛くも難を逃れる。それまで別居状態だった三姉妹は、警察署にて母のシルヴィア・フェラーリや父の夏至生・フェラーリと久しぶりに顔を合わせる。
5人は夏至生の自宅へ一度戻るが、ガリレオの遺産を狙うシシーニョが率いる空賊ブラック・ガニメデ団に襲撃され、窮地に立たされる。しかし、星月は密かに建造していた金魚型の飛行艇「ガリレオ号」[注 1]を起動させ、ブラック・ガニメデ団を迎撃する。その後、ガリレオマニアのアンナ・ヘンドリックスに助けられた星月を除き、4人はロベルト・マテラッツィらアドニムーン・カンパニーの息がかかった警察に監禁される。一同はガリレオの遺産の在り処を聞き出そうとするが、4人は誰も覚えがない。シルヴィアがアドニムーン社長のフランチェスコ・マテラッツィのところへ連行されていく一方、星月はパワードスーツで警察署を強襲し、葉月、神月、夏至生を救出する。夏至生が囮として残る中、三姉妹とアンナはガリレオ号で脱出するが、メタンハイドレート集積所を襲ったという濡れ衣を着せられ、三姉妹は国際指名手配犯となってしまう。
2013年10月10日 – 12月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ガリレイドンナ 海外レビュー” の続きを読む

アラタカンガタリ 革神語 海外レビュー

概要

主に少女漫画誌で執筆している渡瀬にとって初めての少年漫画誌での連載。異世界へと迷い込み、重大な使命を負うことになった少年の成長を描く。“天和国”(アマワクニ)と、現代の日本の2つの世界で、革とアラタ、2人の少年を中心に展開する。
連載スタート時の特筆すべき点として『サンデー』での連載予告・2008年44号の表紙・次号の予告、これらすべてに準主人公のアラタを使い、メイン主人公となる革の存在を伏せていた。革は第1話巻頭カラーの表紙にアラタとコトハの後ろに描かれたのみで、本格的な登場は第2話となる。アラタを主人公に見せる手法を使って連載が始まった。
作者によるとこの作品の制作は連載開始の数年前から決定していたと述べているが、体調不良や他作品の連載のため2008年まで発表されなかった。本作に取り掛かったため渡瀬の同時連載作品は3本になったが、季刊作品の『ふしぎ遊戯 玄武開伝』の休載などで調整を取っている(その後、2013年に完結している)。スケジュールがきついことを承知で描いているのは「執筆と発表にはタイミングがあり、どれも今でしか描けないから」とコメントしている。
2013年4月 – 7月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アラタカンガタリ 革神語 海外レビュー” の続きを読む

好きっていいなよ。 海外レビュー

あらすじ

橘めいは小学生時代、クラスで飼っていたウサギが雑草を食べさせられた後で急死した時、その場に居合わせただけだったにもかかわらず、実際に食べさせた女子から一切の罪をなすりつけられてしまう。それ以後、他人を信用しなくなっためいは心を閉ざし、滅多に人と話そうとはしなくなった。
めいは高校生になってからも、人を信じることが出来ず、クラスメイトとも一切口を利かず、一人でいることが日常になっていた。そんな中、中西健志のセクハラのせいで、誤って黒沢大和に回し蹴りをいれてしまうが、逆に大和に気に入られ、アプローチされるようになる。ある日、めいのバイト先の客がストーカーとして近くに姿を現すようになり、恐怖を感じためいは大和に助けを求める。めいから緊急の知らせを受けた大和は、いち早くめいの元へ駆けつけ、そしてストーカー撃退のため、めいにキスをする。ストーカーの撃退には成功したが、めいは初めてのキスに動揺してしまう。その後二人は、付き合い始めたが、いろいろな問題が起こりその度に二人は徐々に乗り越えていった。
2012年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“好きっていいなよ。 海外レビュー” の続きを読む

超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION 海外レビュー

あらすじ

四人の守護女神達によって守護されている、異世界「ゲイムギョウ界」。しかし、世界を守護する筈の守護女神達は何千年にも渡った争いを続けており、下界は先代守護女神「マジェコンヌ」によってモンスターが溢れかえっていた。
争いの中、守護女神の一人「ネプテューヌ」は下界へと落とされ記憶を失ってしまうが、その時に世界を創造した司書「イストワール」の声を聞く。封印されしイストワールを救い出し、ゲイムギョウ界を救うため、ネプテューヌは自分を介抱してくれたコンパと、ダンジョンで偶然出会ったアイエフと共に下界の四大陸を旅するのであった。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION 海外レビュー” の続きを読む

Free!  海外レビュー

あらすじ

七瀬遙、橘真琴、葉月渚は小学生時代通っていたスイミングクラブが取り壊されると聞き、タイムカプセルで埋めた優勝トロフィーを掘り起こそうと夜中に侵入し、そこで同じクラブだった松岡凛と再会する。しかし凛は昔と違い冷淡な態度を取る。
再会をきっかけに渚の提案で岩鳶高校水泳部を創部、陸上部から勧誘した竜ヶ崎怜と、凛の妹の松岡江をマネージャーに加え大会出場を目指す。真琴からその話を聞き、水泳に挫折していた凛も鮫柄学園の水泳部に入部する。
迎えた県大会予選、個人戦フリーで凛が勝利、遙は予選落ちした。個人戦では全員予選落ちだった岩鳶高校水泳部は、翌日のリレーではトップでゴール、地方大会へ進む。
第1期:2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“Free!  海外レビュー” の続きを読む

てーきゅう 海外レビュー

概要

架空の学校である亀井戸高校を舞台とし、公式なジャンルは「スーパーハイテンションギャグコメディ」と称される。テニス部員を描きながらテニスの練習や試合に主眼をおかず、漫画・アニメ双方の公式サイトなどには「テニスをほとんどしないテニス漫画」と記される。1話毎に話題の変わる漫画であり、各話を一貫して繋ぐ物語は無い。『コミック アース・スター』には連載開始以来原則として2話ずつ掲載され、話数表記は「第n面」(nは数値)、副題は「先輩と(映画の表題)」の形で記される。コミック アース・スターONLINEの公式サイトでは、第1話から第3話までを試読できる。
『コミック アース・スター』連載作品として本作に先んじてアニメ化が公表された『世界でいちばん強くなりたい!』・『まんがーる!』・『ヤマノススメ』と同様、単行本第1巻発売を機にテレビアニメ化の企画が発表され、連載開始から5か月でのアニメ化が話題になった。同誌連載作品としてはテレビアニメの放送開始日やアニメ公式サイトの公開が最も早かった。
累計発行部数は2017年4月時点で30万部を突破している。
第132面であと2回で最終回だと告知され、2018年1月25日更新の第134面で完結した。
第1期:2012年10月 – 12月
第2期:2013年7月 – 9月
第3期:2013年10月 – 12月
第4期:2015年4月 – 6月
第5期:2015年7月 – 9月
第6期:2015年10月 – 12月
第7期:2016年1月 – 3月
第8期:2016年10月 – 12月
第9期:2017年7月 – 9月

 

✳以下myanimelistからのレビューになります

“てーきゅう 海外レビュー” の続きを読む

蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ   海外レビュー

あらすじ

西暦2039年、温暖化の影響により地上での版図を大きく失った人類の前に、突如として世界各地へ霧と共に、第二次世界大戦時の軍艦を模した正体不明の大艦隊が出現。現代の科学力をはるかに超える超兵器と、独自の意思を持ち乗員なくして動く“霧”の艦隊と名づけられたその勢力により、人類はほぼ海上から駆逐された。シーレーンも、海を隔てた長距離通信も絶たれ、人類は各地に孤立する。事態の打開策も見出せぬまま、経済活動や政治・軍事の混迷により人類同士での内乱も生じ、衰退への道を転がり落ちていった。
“霧”の艦隊の出現から17年後の西暦2056年、元士官候補生の千早群像とその仲間達は潜水艦イ401に乗り込み、人類にも“霧”の艦隊にも与せず独自の航路を採っていた。彼らの存在は双方の勢力から危険視される。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ   海外レビュー” の続きを読む

絶対防衛レヴィアタン 海外レビュー

世界観

舞台は水と緑の惑星アクアフォール。「要と成りし柱あり、七拾と弐、星の礎を支う。要を守りし神、七拾と弐あり、その姿、幻の様なり。」と語られる神が存在し、七種族の生命体が暮らしている。宇宙から飛来する隕石から出現した侵略者「ルーカサイト」から、アクアフォールを守っていく物語。
2013年4月6日 – 7月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“絶対防衛レヴィアタン 海外レビュー” の続きを読む

ワルキューレ ロマンツェ 海外レビュー

あらすじ

ーロッパのとある大きな街・ヘレンズヒル。その街には、華麗かつ勇壮な戦いで観衆を魅了する馬上槍試合の一騎討ち「ジョスト」の名門校・ウィンフォード学園が存在する。数多くの有名な騎士とベグライター(騎士補佐)を輩出してきたその学園で、水野貴弘は馬の世話をしながら退屈な日々を送っていた。
かつて天才騎士として名を馳せていた貴弘は自らの力を試すためにウィンフォード学園へ留学したが、大会の決勝戦で重傷を負い、その時の怪我による後遺症が元で力を発揮できなくなって引退を余儀なくされ、ベグライターを専攻していた。しかし、今年は出会った様々な少女騎士たちを支えたいという意志からベグライターとして強い決意を持ち、そのうちの1人と共に大会の優勝を目指すこととなる。こうして、元騎士のベグライターと少女騎士たちによる、熱く長い「ジョスト」の戦いの日々が始まるのだった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ワルキューレ ロマンツェ 海外レビュー” の続きを読む

世界でいちばん強くなりたい!  海外レビュー

あらすじ

2011年、国民的人気を誇るアイドルグループ「Sweet Diva」の頂点たるセンターボーカルを決める「国民投票」の栄冠は、今回も萩原さくらの頭上に輝いた。またも2番手となった宮澤エレナは、仲の良いさくらの栄誉を祝いつつも、ライバルとして複雑な気持ちを抱いていた。そんなときマネージャーから、女子プロレス団体「ベルセルク」への取材の仕事が舞い込んだ。さくらが手を挙げるのを見たエレナは、これ以上の差をつけられまいと、自らも参加を申し出た。
取材当日、エレナがリングでふざけているところを、ベルセルクの実力派レスラー・風間璃緒に見咎められてしまう。柔軟体操中のエレナの発言に璃緒が絡んだことを契機にエレナは璃緒の技を受けることになり、さくらに対する意地で無理をした結果、足を傷めてしまう。エレナを怪我させられ、アイドルをバカにされたことに怒るさくらはテレビカメラの前で璃緒への挑戦を宣言し、プロレスラーへの道を歩み始めるのであった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“世界でいちばん強くなりたい!  海外レビュー” の続きを読む

ALTER MEMORY 海外レビュー

あらすじ

人類は、未だかつてない試練の刻を迎えていた。
突如日本に出現した巨大な怪物『黒き獣』。 その圧倒的な災厄を前に、世界の国々は既に壊滅状態にあった日本への反応兵器による攻撃を決断するが 個体への効果は一切認められず、ついにはユーラシア大陸への上陸を許してしまう。 これが後に『暗黒大戦』と呼ばれる、人類史上最大となる戦いの始まりであった。
あらゆる通常兵器を無力化する黒き獣に対し、抗う術を持ち合わせていなかった人類。 その一方的な蹂躙はやがて世界中に広がり、人々は、いつどこに現れるかも分からない怪物に 怯えて暮らす生活を強いられていた。 しかし、そんな人類の前に六人の英傑『六英雄』が姿を現した事で、状況は一変する。
六英雄のひとり、大魔道士ナインが生み出した『術式』によって、 黒き獣への有効な対抗手段を得た人類は、間もなく反撃を開始。 激しい戦いの末、遂には黒き獣を打ち倒す事に成功したのだった。 この時点で、黒き獣が日本に出現してから実に十年近い月日が流れていた。
2013年10月8日 – 12月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ALTER MEMORY 海外レビュー” の続きを読む

魔界王子 devils and realist 海外レビュー

あらすじ

時は19世紀末のイギリス。貴族の子息・ウイリアムは後見人である叔父が事業に失敗したことから、財産を失ってしまう。「学費未納で退学」という最悪の事態を防ぐため、金目の物を探しに屋敷の地下室に入ると、そこには魔法陣があった。そこで彼は意図しないうちに悪魔・ダンタリオンを召喚してしまう。ダンタリオンはウイリアムに言う。「おまえはソロモン王の血を引く選定公であり、魔界の代理王を選ぶ権利がある」と。「代理王候補」を名乗るダンタリオン、そして同じく候補のシトリー、カミオが現れ、ウイリアムと悪魔達の騒がしい日常がこうして始まった。
2013年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“魔界王子 devils and realist 海外レビュー” の続きを読む

義風堂々!! 兼続と慶次 海外レビュー

概要

義風堂々!!直江兼続シリーズは『花の慶次』のスピンアウト作品にあたる。同作で作画を担当した原が描き切れていなかったと語る前田慶次の莫逆の友・直江兼続の物語で、当時の担当編集者の堀江にアイディアをもらいつつ共同原作の形態を取って誕生した。隠棲した慶次が語り手として若き日の兼続(樋口与六)のことを回想する、という形式を取っている。
義風堂々!!シリーズとしては主人公を変えた『義風堂々!! 疾風の軍師 -黒田官兵衛-』がある。
2013年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“義風堂々!! 兼続と慶次 海外レビュー” の続きを読む

ムシブギョー 海外レビュー

あらすじ

江戸時代、将軍・徳川吉宗の命により設置された目安箱に寄せられた庶民の声を受けて、「新中町奉行所」(通称蟲奉行所)が新設される。その役目は江戸に跋扈する巨大蟲を駆除すること。享保16年、「死ぬまで勝ち続ける武士」を目指す月島仁兵衛は父月島源十郎の代わりとして市中見廻り組与力松ノ原小鳥の勧誘を受け、新米同心として巨大蟲から江戸を守るため、先輩の同心である「塵外刀」を武器に持つ猛者無涯、発破を用いるくノ一火鉢、凄まじい剣の腕を誇る大罪人恋川春菊、式神を操る少年陰陽師一乃谷天間と共に戦うこととなる。
2013年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ムシブギョー 海外レビュー” の続きを読む

デート・ア・ライブ 海外レビュー

あらすじ

謎の生命体・精霊の出現により起こる大災害・空間震が発生するようになって、約30年が経った世界。
妹と2人暮らしの高校生・五河 士道は、人間に絶望する精霊と出会う。そして、妹・琴里から、自分が精霊と交渉して、世界と精霊両方を救うことのできる存在であることを知らされる。しかし、その方法は「精霊とデートして、デレさせる」というものだった。
妹の理不尽な訓練の末、再び精霊の少女と出会った士道は彼女に十香という名をつける。
そして、士道は、様々な精霊たちとの”デート”を繰り返していく中で、自らの出自、さらには精霊という存在の詳細、それを取り巻く陰謀を知ることになる。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“デート・ア・ライブ 海外レビュー” の続きを読む

大人女子のアニメタイム 海外レビュー

概要

主に30代・40代の女性をターゲットに、直木三十五賞(直木賞)を受賞している女性作家の短編小説をアニメ化したもの。女性の主人公役の声は有名女優が務めている。
2011年に総合テレビで第1作『川面を滑る風』を放送した後、2013年にはBSプレミアムにて第2弾の3作が放送される。(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“大人女子のアニメタイム 海外レビュー” の続きを読む

カーニヴァル 海外レビュー

あらすじ

とある腕輪を頼りに「嘉禄」(カロク)という人物を探す主人公の无(ナイ)は、旅の途中でミネという女の屋敷に捕えられる。その際、屋敷に窃盗に入っていた少年、花礫(ガレキ)に助けられた无は、「嘉禄の腕輪」を譲ることを条件に、花礫と行動を共にすることになる。ミネが言うところによると、その腕輪は、国家防衛機関「輪」(サーカス)の身分証であるらしい。嘉禄が輪の人間であると踏んだ花礫は无を連れ、輪との接触を試みた結果、彼らの艇に案内されることになる。しかし突如、不思議な能力を持つ者が无を狙って攻撃を仕掛けてくる。何とか敵を退け安堵したのも束の間、无の身体に異変が起こる。そして輪の身体検査によって、无は人間ではなく『ニジ』という動物を元に作られた特異な存在であると判明する。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“カーニヴァル 海外レビュー” の続きを読む

断裁分離のクライムエッジ 海外レビュー

あらすじ

女性の髪を切ることが大好きな中学生の少年・灰村切は、ある日の帰宅時に偶然立ち寄った洋館で、長く美しい黒髪を持つ少女・武者小路祝と出会う。祝の髪はどんなことをしても切れない、呪われた髪だった。だが、切がお守りとして携帯する鋏で切ったことで、殺害遺品(キリンググッズ)を巡る殺人ゲームに巻き込まれてゆく。
2013年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“断裁分離のクライムエッジ 海外レビュー” の続きを読む

ささみさん@がんばらない 海外レビュー

概要

引きこもりの「ささみさん」と奴隷体質の「お兄ちゃん」のささやかな生活に降りかかる、八百万の神々による怪奇現象。そして、個性あふれる「邪神三姉妹」とのありえないラブコメ。そんな日常系として描かれる非日常の物語。
第1巻では、アマテラス・ヤマタノオロチ・ニニギノミコトなど、日本神話に関する(神話上の)実話と創作を織り交ぜたストーリーが展開されるが、5巻以降はギリシア神話・インド神話・クトゥルフ神話など、世界の神話も題材としたストーリーが繰り広げられる。
2013年1月10日 – 3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ささみさん@がんばらない 海外レビュー” の続きを読む

戦勇。 海外レビュー

あらすじ

平和だった世界に突如穴が開き、そこから魔物が現れた。国王はその討伐に1000年前に魔王ルキメデスを封印した勇者クレアシオンの子孫と思われる者を呼び寄せる。しかし誰が子孫かわからないため多数の者を集め、勇者の称号を与えて旅立たせた。
そのうちの1人アルバはお供の王宮戦士ロスと旅を始めるが、その途中で3代目魔王を名乗る少女ルキと出会う。
第1期:2013年1月 – 4月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“戦勇。 海外レビュー” の続きを読む

幕末義人伝 浪漫 海外レビュー

概要

『ルパン三世』などの作品で知られるモンキー・パンチの作画によるオリジナルストーリーをベースにしたパチンコ機である。「元禄十二刻システム」と題して12種類の演出モードと12種類のスーパーリーチを搭載し、スーパーリーチがハズレても小当たりか出玉なしの大当たりを経由してのモード移行に期待できる。
2013年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“幕末義人伝 浪漫 海外レビュー” の続きを読む

ドキドキ!プリキュア 海外レビュー

あらすじ

地球とは別の世界に存在するトランプ王国。そこの国民は心優しい王女マリー・アンジュのもとで平和に暮らし、また彼女を守護する「勇気の刃」キュアソードの歌声に魅了されていた。ところが、突然謎の勢力ジコチューと同名の怪物がトランプ王国を侵攻し、アンジュとキュアソードも力を尽くすが、それも叶わずトランプ王国は滅亡してしまう。
一方そのころ地球では、大貝町にある大貝第一中学校の生徒会長を務める相田マナが社会科見学で東京クローバータワーへ赴いており、先生の代わりに生徒たちを引率していた。マナは好奇心旺盛で他人の干渉に出しゃばる性格であり、生徒会書記を務める幼なじみの菱川六花からは「愛をふりまきすぎの『しあわせの王子』」と揶揄されている。マナと六花がタワーを散策中、偶然アイドル歌手の剣崎真琴(愛称「まこぴー」)を見つける。大ファンのマナはすぐさま駆けつけ、そこで真琴が落としたリボンを拾い彼女に手渡す。
2013年2月3日 – 2014年1月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ドキドキ!プリキュア 海外レビュー” の続きを読む

転生したらスライムだった件 第9話 「大鬼族の襲撃」 海外の反応

第9話あらすじ

リムル達の村の開発は着々と進んでいた。一人洞窟で新たなスキルを試していたリムルに緊急要請が入る。駆けつけると六人の大鬼族がいた。大鬼族は言う。「正体を現せ!邪悪な魔人め!」(公式サイトより引用)

登場人物

リムル=テンペスト 声 – 岡咲美保 寺島拓篤
大賢者エイチアルモノ 声-豊口めぐみ
ヴェルドラ 声 – 前野智昭
ゴブタ 声 – 泊明日菜
ランガ 声 – 小林親弘
リグルド 声 – 山本兼平
カイジン 声 – 斧アツシ
ベスター 声 – 津田健次郎
井沢静江(シズエ・イザワ)/ 人間 ⇒ 炎の魔人 声 – 花守ゆみり

 

 

 

 

✳以下reddit.myanimelistからの反応になります

新しいアークが始まり、リムルは驚かすことを止めません。彼はとてもオーバーパワーですが、彼の本当の力は、言葉で平和を作る彼の能力にあります。仲間はますます大きくなっています!ついにオウガに会いました!

洞窟で彼の新しい能力を試しているシーンはクールだった。彼ができる限りShizueの記憶を尊重しようとしていることも、素敵な感触です。

SFXも素晴らしかったです。黒い炎の爆発と影響は信じられないほどだった:o彼のパワーレベルは9000以上です。

先週は弱いエピソードでしたが、今週はそれを補完しました。そのユーモアとアクションアニメーションは素晴らしい:)
Gobtaを蹴ったシーンに笑ったXD

いつものように興味深いエピソード。イフリートを吸収することで、リムルの身体を最も興味深い能力を得ることができました。リムルの体型実験は見るのは楽しかったです:D

ぺニスの不足に対する彼の反応は面白かったです。ちょっと変だけど、胸のような他の性別特有の特徴があっても、彼が変わったときに再現されないのは唯一の部分です。

私はまだ他のロマンスがある思っていますが、彼には性別がないことを見ていると、これは難しいように見えるかもしれません:(

リムルは一般的主人公に比べて紳士なようだ、女の子の体でいたずらしない。

リムルが新しい形に慣れていくのに時間がかかるだろうが、彼はうまく適応している。エンディングではこのエピソードで出た他のキャラクターの一部を見れようになりました。リムルはそれらのオウガの名前を与えるつもりなのだろうか。

そのオウガ達に名前を付けたらどのように強力になるのだろうか?

私は最近紹介されたキャラクターのすべてが「黙れ、悪人だと知っている、戦え」という状況が気に入らない:(

このエピソードについての最善のことは、そのオウガの老人です。リムルのスキルを見て、2人のキャラクターの戦略的経験の違いを見ることができるキャラクター。

オウガの女の子、それはゼロ2のより良いバージョンですか?

私はショーの質とペーシングがどれくらい安定しているかに驚いています。すべてのエピソードは5分のように思えます。

石田とあさくら 海外レビュー

登場人物

あさくら
天然パーマの髪と顎の長い顔が特徴の男子高校生でこの作品の主人公。会話の際には最後の一語をやや間を置いてから話すクセがある。石田や山田から想いを寄せられるが、おっぱいのことしか興味がない。将来は女子校の先生になるのが夢。

石田(いしだ)
あさくらのクラスメイトの男子で、もうひとりの主人公。額がM字型の坊主頭が特徴。あさくらとは小学校からの幼馴染で、彼のことが好き。夢はあさくらと一緒に花屋を経営すること。
2013年1月6日 – 2013年3月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“石田とあさくら 海外レビュー” の続きを読む

無限のリヴァイアス 第1話 「きたるべきとき」 海外の反応

第1話あらすじ

リーベ・デルタ。それが航宙士を志す少年少女の学舎であり、生活の場だった。相葉昴治は弟の祐希の起こす揉め事に干渉しながらもルームメイトの尾瀬イクミと共に訓練に打ち込み1ヶ月の訓練生活が過ぎようとしていた。 リーベ・デルタは、ゲドゥルドの海へと降下するダイブ休暇を間近に控えていた。帰省を見送る昴治、それにつき合う幼馴染みの蓬仙あおい。費用が足りないので帰らないと話すイクミ。そして、イクミが気になるため、残ると言う和泉こずえ。それぞれの思惑の中、時は流れる。これから起こる惨事を誰も予期せぬままに・・・。
突如、制御を失ったリーベ・デルタは限界深度を超え、ゲドゥルトの海へと沈み始めた。その事態に気付いた操船実習中のエリート集団ツヴァイの面々は、危機的状況を回避するため、必至に解決策を模索する。閉ざされた破損地区に残された人が居ることを知った昴治とイクミは非常時用の簡易宇宙服に身を包み、救出に向かう。果たして、昴治たちは生き延びられるのか……?(公式サイトより引用)

✳以下myanimelistからの反応になります

面白い開始エピソード。私はこのエピソードで使われた用語は、何が起こったのか、かなり分かりませんでした。私が知っていることは、船が崩壊し、多くの人々が犯されることです。キャラクターはコウジがあまり好きではありません。彼はあまりにも簡単に誘発され、いつも慌てる準備ができているようだ。他の誰もこれまで通り申し分ありません。私は奇妙なピンク色の服を着た女の子に最も興味があります。バックグラウンドミュージックはなんとなく辛いものでした。イントロは素晴らしかったし、アウトローもOKだった。

無限のRyviusの音楽はヒップホップであることが広く知られていましたが、OST全体では2つの良い曲があります。一般的に暗いストーリーを考えれば、私の意見では、気分にはまったく合わないゴミ(音楽)がたくさんあります。それでも、シリーズ自体はかなり良いです。^^

音楽の何が間違っているかわからない。私は絶対にOSTが大好きです。スターズのOSTの「クレスト/バナー」を扱ったのは同じ人物で構成されていた。ヒップホップのものは間違いなくちょっと変わっているものの、OSTにはもっとオーケストレーションされたものがたくさんあります!そして、私はファンキー/ダウンビートのヒップホップがシリーズの気分に本当によく合っていると思いました。この種の音楽は大いに嫌いです。

OSTの音楽は素晴らしいです。私はそれらを所有しています。おそらくあなたの為の音楽の種類ではないのでしょう。

コウジは私の考えでは、船に乗った中で一番マニアックなキャラクターです。しかしおそらく終わりまでそのように感じることはありません。

私は最終的に高井について見ていくと思います。一方、音楽は次のいくつかのエピソードでうまくいけば精神的に調整しなければならないかもしれません。

驚くばかりの最初のエピソード、私は思った。キャラクターの全体のホストへの良い紹介、すべての開発がうまく、彼らの生活に突き当たる危険のビット。唯一否定的なことは、私がまだ何がクラウドのものなのか知りませんでしたが、確かに後で説明が来るでしょう。

私はこの最初のエピソードで起こったことにかなり混乱しています。

それはかなり印象的な最初のエピソードでした。素敵なキャラクターの紹介、面白い世界のビルドアップ、25分で緊張した雰囲気。近いうちに何が起こっているのかをもっと説明してください。

これまでのところ素敵なテーマですが、古いシリーズにしてはアニメーションがまともです。

興味深い最初のエピソード。本当に私が衝撃を受けた最初の事は、膨大なキャラクター数でした。コウジとユキは基本的に行動しなければならないように行動します、国境の不自由なティーンエイジャーとして。Yukiは、特に、彼の兄が素敵な男として行動するのが好きではありません(アニメが後で明らかになる理由から)。非常に最初のエピソードから、(良い方法で)緊急感があります。リーベデルタは、ある外部の何者かによって攻撃されたようだが、最初のダメージは私たち自身の船上のヘビの一部によって行われている。言うまでもなく、奇妙なピンク色の服を着た女の子は、「あいまいなもの」と思われるものは、ストーリーラインに大きな役割を果たすでしょう。

非常に良い最初のエピソード。私は若い人たちが窮屈な宇宙と神経を抱えている状況に一緒になったときに起こりそうな小さな葛藤が好きでした。
私はこのアニメがほぼ20歳であることを考慮して、アニメーションも好きだった。キャラクターデザインのために同上。
物語は有望に見えますが、その約束が果たされるかどうかはまだ分かりません。
私はそのような音楽を聞いていなかったので、それが伴奏されたシーンには完璧だったということです。

猫物語 黒 海外レビュー

あらすじ

春休みに吸血鬼の眷属とされ、「後遺症」を持ちながらも「人間」に戻ることができた高校三年生の少年阿良々木暦は、その時に出会った羽川翼に対して自分が抱いている感情が恋であるのかそうでないのか、悩んでいた。
ゴールデンウィークの初日、暦は頬が大きなガーゼで覆われた翼に出会った。暦が問い詰めると翼は父親に殴られたと言う。血の繋がらない愛情の無い家庭で育った翼の境遇を知り暦は愕然とする。その後、車に轢かれた尾の千切れた猫の亡骸を見つけた翼は躊躇わず埋葬した。
2013年7月6日 – 8月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“猫物語 黒 海外レビュー” の続きを読む

リトルバスターズ! 海外レビュー

あらすじ

主人公・直枝理樹は、幼馴染である棗恭介、その妹である鈴、同じく幼馴染の井ノ原真人、宮沢謙吾と共に全寮制の学校に通っていた。彼等は昔、何かを悪者に見立ててそれを成敗する正義の味方「リトルバスターズ」を結成し、色々なことをしてきた。両親と死別し塞ぎこんでいた理樹にとって、自らを外に連れ出し広い世界を教えてくれたその存在は大きかった。時に無茶苦茶で考えられない行動をする彼等に巻き込まれながらもそのことを楽しく感じて彼らと一緒にいた理樹は、「ずっとこの時が続いたらいいのに」と考えていた。
ある日、3年生である恭介が就職活動から帰って来た。理樹は「リトルバスターズ」の4人に、「昔みたいに何かしよう」と持ちかける。それを聞いたリーダー・恭介は近くに置いてあったボールを拾い上げ、宣言する。
第1期:2012年10月6日 – 2013年4月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“リトルバスターズ! 海外レビュー” の続きを読む

キューティクル探偵因幡 海外レビュー

あらすじ

毛に異様な執着を見せる狼男の因幡洋は人工授精により産まれた秘密警察犬(シークレットドーベルマン)である。警察犬として働いていた洋だが、行方不明となった弟を探すために私立探偵となり、助手の野崎圭や佐々木優太と共に探偵として活動する。そんなある日、元相棒の荻野邦治警部からイタリアから日本に拠点を移した世界的なマフィアの首領ヴァレンティーノの逮捕を依頼される。マフィアの高貴な毛を期待してアジトに乗り込む洋だったが、そこにいたヴァレンティーノは明らかにヤギ。結局、ヴァレンティーノに逃げられた洋たちだが、その後も彼らの起こす犯罪に立ち向かい、対するヴァレンティーノも狼を憎み何かと洋に嫌がらせを行う。そんな攻防戦を繰り広げる中、洋は探していた弟・遥と再会する。しかし遥は日本警察転覆を企むテロリスト組織・野羅の一員となっていた。
2013年1月4日 – 3月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“キューティクル探偵因幡 海外レビュー” の続きを読む

アイカツ! 海外レビュー

あらすじ

弁当屋の娘である中学1年生の星宮いちごは、弟のらいちが大ファンのトップアイドル神崎美月のコンサートチケットを手に入れるため、親友でアイドル好きの霧矢あおいを頼る。
あおいのツテでチケットを手に入れた3人はコンサートへ行き、その魅力にいちごは人生初の衝撃を受けた。そんな折、あおいが美月も通う名門アイドル養成校「スターライト学園」で編入試験が行われることを知り、一緒に受けるよういちごを誘う。
これといった夢や目標の無かったいちごは母親の後押しもあり受験を決意、いちごはパフォーマンスが、あおいは筆記試験が特に評価され、2人はスターライト学園に編入した。
第1部:2012年10月8日 – 2013年9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アイカツ! 海外レビュー” の続きを読む

AMNESIA 海外レビュー

あらすじ

ある日――突如として見知らぬカフェで目を覚ました主人公。
心配そうに声をかけてくれる人々の顔を、彼女は誰一人知らなかった。
そして眼前に突然現れた精霊・オリオンから、自分が8月1日以前の記憶を全て失ってしまったことを告げられる。
失った記憶を巡り、今彼女の新たな物語の幕があがる――
2013年1月 – 3月迄放送(公式サイトより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AMNESIA 海外レビュー” の続きを読む

K 海外レビュー

あらすじ

現実とは微妙に異なった歴史を歩んだ現代日本。強力な異能を持つ7人の王権者が存在していた。第三王権者・赤の王周防尊が率いるチーム吠舞羅と、第四王権者・青の王宗像礼司が率いるセプター4はある事件を巡って衝突する。
高校生の 伊佐那社(シロ)は 葦中学園高校で平和な学生生活を送っていた。だが学園祭の準備のため、街に買い出しに出ると、突然吠舞羅の少年たちに襲撃され、夜刀神狗朗(クロ)に救出される。クロは、先の第七王権者『無色の王』の遺命のもと「『悪しき王』を討つ」とシロに刃を突きつける。街では、シロが吠舞羅のメンバー・十束多々良を殺害し、無色の王と名乗る動画が拡散されていた。クロは逃げたシロを追って学園島に乗り込むがそこへ謎の少女ネコがあらわれる。シロは身の潔白を証明しようとするが、過去の記憶も名前も全てネコが作り出したものだった。
第1期:2012年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“K 海外レビュー” の続きを読む

AKB0048 海外レビュー

あらすじ

21世紀初頭、人類は自らが起こした世界大戦で大ダメージを受け、地球外へ脱出して銀河系の星々での生活を始めた。それからまもなく人類が新たな星暦00年をもって新たな歴史を始めた直後、芸能禁止法が施行される。その施行下ではあらゆる芸能活動が禁じられ、アイドルは絶滅したと思われた。しかしそんな中、世界大戦中に人々に愛を送り続け歌い続けたAKB48を襲名する非合法アイドルAKB0048が誕生した。オタクの聖地・秋葉原だけは芸能絶対防衛圏となり、唯一芸能活動を行える場所となった。
第1期:2012年4月 – 7月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“AKB0048 海外レビュー” の続きを読む

ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー 海外レビュー

概要

倉持南高校漫画研究部に所属する4人の女子高生の「不毛な日常」を描く4コマ漫画。単行本第1巻の紹介に「常識に縛られない4コマ。」とある通り常識が通用せず、奇想天外で荒唐無稽、時には狂気的、病的なまでのシュールな展開が特徴で、2011年4月放送のテレビ番組「人志松本の○○な話」において4コマ漫画に詳しい芸人・向清太朗により“今の時代には早すぎる漫画”との意味で「未来の4コマ漫画」と評され、注目された。4コマ15本で1話を構成するが、全話を一貫する物語性は無い。公式サイトでは第1話から第3話までと最新2話が公開されている。
第1期:2013年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちょぼらうにょぽみ劇場 あいまいみー 海外レビュー” の続きを読む

獣旋バトル モンスーノ 海外レビュー

あらすじ

行方不明の父親・ジェレディ博士を探して仲間と旅を続ける少年・チェイス。
旅のさなか、父が開発した巨大モンスターを現出させる装置・コアを偶然手に入れたことから、様々な組織に狙われることになってしまう。
しかし、チェイスは持ち前の勇気と諦めない心を原動力に、これら組織と立ち向かうチームコアテックを結成。様々なコアモンスター・モンスーノを頼れる相棒として戦っていく。
2012年10月3日 – 2013年9月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“獣旋バトル モンスーノ 海外レビュー” の続きを読む

ROBOTICS;NOTES 海外レビュー

あらすじ

本作では、「少年少女たちの夢と青春」を描いた正当派の群像劇を土台に、近未来の科学技術によるネット犯罪・ロボット犯罪を扱ったSFエンターテイメント作品である。
グラフィック
前作まで静止画メインであったキャラクターを、リアルタイム3DCGでキャラクターを動かしており、ボイスシーンでは台詞にあわせて口パクするなど、グラフィック的に大きな進化を見せている。なお、見せ場については、従来通りのイラストを使用している。
2012年10月11日 – 2013年3月21日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ROBOTICS;NOTES 海外レビュー” の続きを読む

CØDE:BREAKER 海外レビュー

あらすじ

輝望高校に通う桜小路桜は、ある夜公園で手から青い炎を発し、人を燃え散らす少年の姿を目撃。 翌日、炎の真相を探る桜の前に転校生として現れた昨夜の少年・大神零の動向を追いかけるうち、桜は法では裁ききれない悪を裁く悪・「コード:ブレイカー」の存在を知る。
大神の殺人を止めようとする桜は、「コード:ブレイカー」の戦いに深く関わっていくこととなる。
2012年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“CØDE:BREAKER 海外レビュー” の続きを読む

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第7話 「雨と追憶のブルターニュ」 海外の反応

第7話あらすじ

心臓を破壊されたジャンヌを救うべく、アスタロトたちは魔剣エスカリボールの探索に旅立つ。一方モンモランシは故郷ブルターニュへ。「戦線を立て直すために2000人の援軍を。」祖父・赤髭のジャンに願い出るモンモランシだが、その代償として求められたのは美しき従妹カトリーヌとの近親婚だった……。
Ulysses: Jehanne Darc to Renkin no Kishi Episode Discussion(公式サイトより引用)

Cast&Staff
モンモランシ:逢坂良太
ジャンヌ・ダルク:大野柚布子
アスタロト:東城日沙子
リッシュモン:沼倉愛美
シャルロット:大西沙織
フィリップ:高田憂希
ラ・イル:石上静香
バタール:桑原由気
アランソン:間島淳司
ザントライユ:高橋英則
ニコラ・フラメル:糸 博
ヘンリー五世:日野 聡
ベドフォード公:興津和幸
ラ・トレムイユ:阿部 敦
ジャン無怖公:斧アツシ
グラスデール:平田広明
赤髭のジャン:玄田哲章
カトリーヌ:富田美憂
エンリル:子安武人
トマス:諏訪彩花
ナレーション:石塚運昇

 

 

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 第7話 「雨と追憶のブルターニュ」 海外の反応” の続きを読む

火の丸相撲 第8話 「覆水盆に返らず」 海外の反応

第8話あらすじ

一勝一敗で金盛と佑真の試合が始まる。佑真は追い込まれながら今自分がここにいる意味を問いただしていた。大会前、佑真はかつて自分が不良の道に進み、投げ出してしまった空手の道場を訪れる。師範に対し、これまでの非礼と過ちを謝罪し、更生を誓い再び教えを乞うが、師範は空手で人を傷つけた過去は許すことはできないと一刀両断する。(公式サイトより引用)

登場人物

潮 火ノ丸:阿部 敦
小関信也:落合福嗣
五條佑真:熊谷健太郎
國崎千比路:佐藤拓也
三ツ橋 蛍:村瀬 歩
辻 桐仁:寺島拓篤
五條礼奈:小松未可子
堀 千鶴子:田辺留依
久世草介:武内駿輔
狩谷 俊:吉永拓斗
四方田 尽:杉山紀彰
澤井理音:八代 拓
ダニエル・ステファノフ:冨森ジャスティン
沙田美月:石川界人
金盛 剛:木村 昴
荒木源之助:浪川大輔
真田勇気:嘉人
間宮圭一:松川裕輝
天王寺 咲:八巻アンナ

✳以下myanimelist.redditからの反応になります

“火の丸相撲 第8話 「覆水盆に返らず」 海外の反応” の続きを読む

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 第7話 海外の反応

 第7話あらすじ

「パンデモ湯よいとこ一度はおいで。」

職員の運動不足解消のため、ジムを開設することになった万魔殿。しかし、お披露目会に向かったベルゼブブたちを待っていたのは、アスタロト考案のお風呂施設「万魔殿の湯」だった。作ってしまったものは仕方がないと、みんなでお風呂に入ることにしたのだが……。

「“もっと知りたい”のに…。」

ミュリンが実家で犬を飼っていることをベルフェゴールから聞き、ミュリンのプライベートを自分は何も知らないのだと気づいたベルゼブブ。詮索したくない、でも知りたい……。揺れ動く気持ちに戸惑うベルゼブブは、アスタロトに相談することにしたのだが……。(公式サイトより引用)

登場人物

ベルゼブブ 声 – 大西沙織  Beelzebub
ミュリン 声 – 安田陸矢
アザゼル 声 – 日野聡
ベルフェゴール 声 – 久野美咲
アスタロト 声 – 松岡禎丞
サルガタナス 声 – 加隈亜衣
エウリノーム 声 – 赤﨑千夏
ダンタリオン 声 – 悠木碧
モレク 声 – 興津和幸

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります

アスタロトが今週ショーを盗んだ、彼は陽気です。お風呂で女の子をスパイしようとしている彼の全セクションが素晴らしかったし、当然ながら彼は普通に行動してベルゼブブにパンティーについての質問を投げた。

アスタロトのおかげで、ベルゼブブはMullinが変態だと思っています。その逆もしかり笑。
バスルームのスキットは楽しく、アスタロトの想像力には限界がなく、女の子の入浴を見たいという欲望は私に笑いをたくさん与えましたが、幸いにもサルガタナスはすでにアスタロトの行動をよく知っています笑。
もちろん、サルガタナスもAstarothの悪戯のために準備ができています笑。

本当にそのサルガタナスのショットはKill la KillからSatsuki Kiryuinのように見えます:)

私はアザゼルがどうやってフリップにサインをとても速く書いているのか疑問に思いません。この番組は犯罪的にアンダーウォッチされています:(

エピソードの第2部は最高だった。ベルゼブブはMullinの事をよく知らないことを理解している。Gocchinがミュリンの犬について彼女に伝えた後、Mullinは彼の家族について少し言及した。彼は2人の若い双子の姉妹と、彼が両親を訪問したときに反応し、ベルゼブブがミュリンの家族の元を訪れるエピソードを見たいと思いました。

ベルゼブブはミュリンについてさらに知りたいと思っています。アスタロトは彼女を少しでも助けてあげたいと自然に尋ねることができます。最終的にベルゼブブはミュリンに質問しようとしますが、不覚にもパンツの色を聞いてしまいました。私はこのシーンで笑い死んだXD

このアニメショーには女性POV(視点、観点)がたくさんありますが、このエピソードは女の子のために50%ファンタジーです…。これは私が期待していたテストステロンの冒険ではないかもしれないと思っています。

エンディングの直前、アニメで長年見た最も完璧な瞬間。女の子を舐めている犬が少しエロティックだった。

私はいつも日本人が描くプリンがこのように見えるのは奇妙なことです。 プディングよりもフランをもっと思い出させる。

はいたい七葉 海外レビュー

あらすじ

喜屋武七葉(きゃん ななふぁ)は、元気な中学生の女の子。祖母が経営する沖縄そばの店「かめーそば」で、高校生で美人の姉・七緒(なお)、小学生で霊感が強い「サーダカ」の妹・心七(ここな)と暮らしていた。
ある日、七葉の目の前で、ガジュマルの木に住み着いている精霊・キジムナーを封印するおまじないの釘が抜けてしまう。現れたのは、可愛い女の子の姿をしたキジムナーのニーナ。ニーナと同じキジムナーのラーナや、シーサーの化身であるイーナ、水の精霊のカーナも次々と現れて、平和だった七葉たちの暮らしに、不思議な騒動が巻き起こり始める。
第1期:2012年10月6日 – 12月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“はいたい七葉 海外レビュー” の続きを読む

夏雪ランデブー 海外レビュー

あらすじ

花屋でアルバイトをしている青年・葉月は店長の六花に恋心を抱いていた。しかし彼女は後家であり、三年前に病死した夫・篤がいた。幽霊ながら葉月の恋路を邪魔し、妨害行為を繰り返す篤との三角関係が始まる。
2012年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“夏雪ランデブー 海外レビュー” の続きを読む

うーさーのその日暮らし 海外レビュー

概要

約10年に渡り配信されている黄色い謎の生物うーさーとりんたちとのほのぼのとした自由気ままな日常を描いた宇佐義大の日記風コラム。2011年より星海社のサイト『最前線』において、ふじのきともこのイラストを加えた1コマ漫画を連載。この漫画を元にフルカラー印刷で単行本化され、テレビアニメ化もされる。アニメと連動して各種グッズも発売され、モータースポーツ『グッドスマイルレーシング』と、ブラウザゲーム「ぷちっと★ろっくしゅーたー」でコラボレーションを果たしている。[要出典]。また『週刊アスキー』では1/7-14合併号から3/4号まで『うーさーとその日暮らし覚醒編』週アス出張版が短期連載された。
第1期:2012年10月2日 – 12月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“うーさーのその日暮らし 海外レビュー” の続きを読む

ちとせげっちゅ!! 海外レビュー

概要

11歳の元気爆発少女・桜庭ちとせは、学校の隣の村役場に勤めるお兄さんに激ラブ中。暇さえあれば、周囲の迷惑かえりみず、役場に突進してはお兄さんに飛びつく毎日。
そんなちとせと親友たち、担任教師、また役場のお兄さんの上司など、ちとせに負けず劣らずの個性的な面々が繰り広げるドタバタを描く。
2012年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちとせげっちゅ!! 海外レビュー” の続きを読む

黒子のバスケ 海外レビュー

あらすじ

帝光中学校バスケットボール部。部員数は100を超え全中3連覇を誇る超強豪校。その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ、無敗を誇った10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。
が、「キセキの世代」には奇妙な噂があった。誰も知らない、試合記録も無い、にもかかわらず、天才5人が一目置いていた選手がもう1人、「幻の6人目」がいたと…。
第1期:2012年4月7日 – 9月22日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“黒子のバスケ 海外レビュー” の続きを読む

黄昏乙女×アムネジア 海外レビュー

あらすじ

創立60年の伝統を誇る私立誠教学園は、市街地を見下ろすように小高い丘の上に建てられている。長い歴史の間に増改築を繰り返した校舎は迷路の如き様相を呈しており、そんな中で「旧校舎の幽霊」の話をはじめさまざまな怪談や都市伝説が生徒の間で語り継がれてきた。
1年生の新谷貞一はある日、旧校舎に迷い込んだ際に不思議な女子生徒に出会う。彼女は自分こそが「旧校舎の幽霊」こと庚夕子であると名乗り、自分の死の真相を解明するために貞一に協力して欲しいと申し出る。夕子に引っ張られるように行動を共にするようになった貞一は、「旧校舎の大鏡」の向こうに隠されていた地下室で白骨化した夕子の死体を発見する。しかし、夕子は自分の死体を前にしても死因を思い出せず、真相解明は振り出しへ戻ることになる。貞一は夕子の死因解明を兼ねて学園内で起きるさまざまな怪奇現象を解き明かすため、怪異調査部を設立した。
2012年4月8日 – 2012年6月24日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“黄昏乙女×アムネジア 海外レビュー” の続きを読む

電脳コイル 第4話 海外の反応

第4話あらすじ

「大黒市黒客倶楽部」

転校生はなんとイサコ!
ダイチ率いる“大黒黒客(ダイコクヘイクー)”の誘いを冷たくあしらった彼女にヤサコは声をかけるが・・・。

登場人物

ヤサコ(小此木優子):折笠富美子
京子:矢島晶子
フミエ:小島幸子
メガばあ:鈴木れい子
アキラ:小林由美子
ガチャギリ:山口眞弓
イサコ(天沢勇子):桑島法子
ハラケン:朴 璐美
ダイチ:斉藤梨絵
オバちゃん:野田順子
デンパ:梅田貴公美
ナメッチ:沼田祐介

✳以下myanimelistからの反応になります

ZOMG!(Oh My Godよりもさらにびっくりしたときに使います)これは間違いなく素晴らしいエピソードです。三方対戦を見ることはエキサイティングでした。さらに、モジョとオヤジのアクションが増えました!

大地は少し野蛮です、私は彼の周りに彼と一緒に鈍い瞬間は決してないので、私たちは彼のおかしなことをもっと見れることを願っています。

isako最高!これまでの最高のエピソード!すべてのアクションは素晴らしかったです:)

とても凄かった聖なる牛。今すぐ次のエピソードを取得する必要があります!

ああ、現実の世界が私ができるそのようなものだったら…..それはポケモンが現実であった場合よりも優れているかもしれません:D

私はこのショーの早い段階で見るのを迷っていましたが、このエピソードでは私を魅了しました。すべての技術的な戦いを見て楽しんでいた。アマサワには素晴らしいスキルがあるが、フミエは自分自身ではない。

私は本当にYasakoに何が起こったのかを今見たいと思っています。それは麻雀が靴ロッカーで過去について彼女に話をするような神経を打つように見えました。

なんてこった!イサコは素晴らしかったです。私はこのアニメシリーズを選んで本当にうれしいです。

イサコは最高の女の子です:)

戦いはとても叙事詩的です。私もYasakoについてもっと知りたいと思っています:)

私はこのアニメの設定が、地獄のように混乱していると感じる唯一の人ですか?私は何が起こっているの要点を得るが、それは適切にそれらのアクションのルーチンを評価するには十分ではありません。

ゆうこの気持ち。主人公ではなく、反社会的/挑戦しようとする/思いもよらない熟練したアーキタイプ(原型)です。

うん、彼らはそれを完全には説明しません。サイバー戦争..ああ、それは強烈だった:o

うーん、私たちの世界がそんなに似ていたらいいなあ。* __ * これは驚くべき信じられないほどのショーです!

うわー、それは激しく素晴らしい!本当にすごいコンセプトはここにある!

他の人が言ったように、サイバー戦を愛していた。そのイサコの勇気。

ところで、このエピソードでは他のすべてのキャラクターが嫌いです。=。=

うわー、このシリーズはあまりにも面白かったし印象的でした。それは優子がスクリーンに書かれたプログラムに反応するように、最後のほんの少しの曖昧なヒントを残しました。私はそれはエピソード3で起こったことと関係があると思っていますが、まだ確かではありません。混乱の種ですが、私はこれまでのところ本当に好きです。イサコは優子と関係しているかもしれないが、彼女の過去について知っているように思われるので、本当のアイデンティティについての秘密を隠していたかもしれない。私は謎を少しずつ明らかにするためにある程度の時間を与えています。

それは、子供たちがプログラムで遊ぶことを許可したときに起こったことです。xD

銀河へキックオフ!! 海外レビュー

あらすじ

サッカーの好きな少年・太田翔は、所属する桃山プレデターが人数不足のため解散してしまいメンバー集めを始めた所、転校生の高遠エリカと女子プロサッカー選手の志水ミサキと出会う。新たなチームメイトと共に、サッカーの銀河一を目指す。
放送期間
2012年4月3日 – 2013年2月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“銀河へキックオフ!! 海外レビュー” の続きを読む

ZETMAN 海外レビュー

あらすじ

手の甲に円状のコブを持ち、強靭な肉体を持つ不思議な少年ジンはホームレスではあるものの大好きな「じィちゃん」と二人で平穏に暮らしをしていた。しかし突然、ジンとじィちゃんの前に異形の殺人鬼が現れ、ジンの生活は激変することとなる。
2012年4月2日 – 6月25日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ZETMAN 海外レビュー” の続きを読む

妖狐×僕SS 海外レビュー

あらすじ

旧家・白鬼院家の令嬢として生まれた少女・白鬼院凜々蝶は大人に守ってもらわないと生きて行けない無力な自分や、常に家名が重視される環境に息苦しさを感じ、家を出て一人暮らしをすることにした。
家族は凜々蝶が家を出ることには反対しなかったが、条件として街の郊外にある「妖館」(あやかしかん)の異名を持つマンションであるメゾン・ド・章樫(あやかし)への居住を命じる。
メゾン・ド・章樫(妖館)は表向きは『厳重な審査をクリアした者しか入居を許されない高級マンション』だが、実は妖怪の先祖返りが住まうマンションだった。
2012年1月12日 – 3月29日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“妖狐×僕SS 海外レビュー” の続きを読む