百錬の覇王と聖約の戦乙女 第9話 「美しき月」 海外の反応

 第9話あらすじ

大晦日。美月は友人の瑠璃から従姉妹の沙耶を紹介される。考古学に詳しい彼女に勇斗から教えてもらったユグドラシルのことを説明すると、沙耶は北欧神話との関連性を口にする。次第にそれは、勇斗の身に降り注ぐ災いを予言したものになっていく。美月はすべてを勇斗に伝えようと電話をかけるが、抱えていた想いが溢れだしてきて。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下reddit、myanimelistからの反応になります



正直言ってショーのキャラクターは、彼らのカジュアルな服をより頻繁に着る。彼らはちょっと見やすいように見えます。エピソードは新年の周りに起こると思われる。

エピソードはあまりアクションがなく、まだスヌーズフェスティバルでした。美月はまだ勇人に明らかな気持ちを持っている。

う~ん!!! これが本当にノルセ神話に従うならば、勇人は慎重でなければなりません。そして今、美月(彼の幼なじみの友人)も過去にあります。ああ、彼のハーレムの人生は以前よりももっと複雑になるでしょう。ハハハ

私は彼女がそこにいるとは思わないが、これはシギンの力やルーンと関係があると思う。

それは美月彼女ですか?それからまったく異なる性格を持つ。

私はそれがスチュアの女性だと思う

ミツキを中心にしたエピソード。彼女がどれほど迷惑であるかを理解するのを許してくれて良かったです。私が勇人だったら、私は戻って気にしないだろう。

彼のハーレムへの新しい女の子は、彼がミズキと分裂しようとしていることを意味しています
また、今度は何が起こっているのか、
悪い芸術のスタイルと、破産してください

ハーレムに追加するもう1人:裕人の幼なじみ、Mitsuki …うまくいけば、彼のハーレムへの最後のリンク…

あなたはそれをかなり分析する必要はありません。芸術はひどいです。あなたがボートを浮かべているような気がするのなら、これは確かにあなたのためのショーです。

そのラングラーは典型的なリベラルなSJWのようなものです。
嫉妬深く、最悪の解決方法を選んだり、壮大に失敗したり、他人を責める。
まあ..

美月はMCの世界で輸送されたか、ブロンズの物は彼女の涙を使って遺伝的なコピーを作った。

それは気が散っていて退屈だった。ミツキちゃんがここで少し迷惑をかけるようになったので、それはフロップだった。

ノルセ神話は素晴らしいですが、あなたはそれを読むのに多くの時間を費やさなければなりません。
まあ、本当に!?ミズキは本当に私たちのMCのisekai世界に運ばれましたか?彼女の涙がその人工物に上がったから!
4/5。

フェリシアはこれを少し気に入らないだろう!私は本当に美月であり、安い詐欺師ではないことを願っています。私は第2シーズンがあるとは思わない。双子は、ルーンとフェリシアが続く女子の中で最も面白いです。

誰でもこのエピソードは、特に悪い芸術に気づく。キャラクターの割合と顔がどこにでもあります。

ここのパスと同じですが、私はアートワークには問題ありませんでした。私が芸術を嫌っていたのはモチカ・マジカだった唯一のシリーズです。非常に現実的なアニメーションは不気味に見えますが、重要なことだけが強調されるときは気に入っています。

いいえ、私はそれに気付かなかった。私は割合と顔を分析する時間を費やすことはありません。女の子の顔と体はとても暑くて美しく見えます。

あなたはそれをかなり分析する必要はありません。アートスタイルはひどいです。あなたがボートを浮かべているような気がするのなら、これは確かにあなたのためのショーです。
あなたが知っているものを除いてアートを置くことは、ノルセ神話に関するすべてのことが正しいと思うか、本の中のノルセ神話に関するいくつかの誤りがあったと思いますか?

まあ、このエピソードは良い意味で..元の世界につながっていた…。このショーを少し楽しんでください…実現することを望んでいます

勇人は柔らかく安全ではないひねりです。ひどい主人公。彼女は電話や、いとこの状況を拾わなかったので、美月で怒っている。