屍姫 玄 海外レビュー

あらすじ

強い未練によって動く死体 – 屍(しかばね) – を狩る屍の少女たち、それが屍姫。彼女たちは「光言宗」の僧侶と契約を結び、屍を殺し続ける。彼女たちが屍を殺す理由、それは「光言宗」と結んだ3つの戒律(ルール)のため。その戒律とは、

108人の屍を殺せば天国へと行ける。
一度選んだら途中退場は出来ない。
たとえ殺されても文句は言わない。
人を殺す屍と、屍を殺す屍姫。両者の戦いは激しさを増していく。そして、屍姫とその契約僧たちの悲恋を描く。
2009年1月6日 – 2009年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

 

 

総合評価8

これは、MakinaとOuriが会う前に起こるエピソードです。そのミーナイ・ルーについてはひどく扱われているシカバン・ヒメ。(スポイラーズ)基本的に彼女は嫌な男の子と一緒に住んでいたが、彼女はとても怖がって彼女を刺して死んだ。彼女は罪悪感でいっぱいに自殺した。彼女が目を覚ましたとき、彼女は体が壊れたことを発見した。後の修道士は彼女を結びつけ、彼女と何をするべきか疑問視した。その後、京セイは職場にカードを残していたので、志望姫であることを尋ねられました。とにかく拒絶され、井崎修司は嘘をついて契約した僧侶であることを認めたが、彼は食べ物を捨てて侮辱したが、後で彼は兄に戻ることを試みた。お金のために彼はスカムだった。その後、彼らは債券を開発し、彼らはお店を経営するのを助けた子供たちとお互いに会ったと判明し、彼女の家族はいつも働いていたのでミナイはそれらを食べた。だから、修行修道士は実際にミナイを気にしましたが、彼はそれを見せてくれませんでした。だから完全に悪い人ではない。 (エピソード7と8を見ると、私が話している人が分かる)ミナイが私の好きなキャラクターなので、このレビューを書きました:)。ああ、ミナイと契約した修道士についての情報を与えたので、このエピソードも好きだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です