美肌一族 海外レビュー

あらすじ

美肌史上に偉大な足跡を遺し続け、「美肌界」で頂点に君臨しつづける一族があった。その名は「美肌家」。
1998年、美肌家次女・紗羅が伝統と権威あるグローバルコンテスト「美肌世界大会(WBC ワールド・ビハダ・チャレンジ)」グランプリを難なく獲得し栄光の頂点を極めた夜、美肌家に代々伝わる一子相伝の家宝「美肌七宝典」が奪われた!それも美肌家の長女・咲の手によって…。
これを境に美肌家は見る影も無く没落。一方、咲は美肌界の名門である祐天寺家の長男・龍哉の妻となりWBCグランプリを3連覇。美と富を両手に握った咲だが、なおも有形無形の嫌がらせを美肌家に続けていく。
果たして紗羅は咲から「美肌七宝典」を取り戻し、家の栄光と自身の美肌を取り戻せるのであろうか?
2008年10月6日から同年12月22日まで放送

✳以下myanimelistからのレビューになります


総合評価:6

ストーリー:5/10
ストーリーはむしろもう少しで、「コンテストの戦い」は何度も繰り返されていました。例えば、「アンジェリック・レイヤー」などの他のアニメでは率直にいいです。物語はまたかなり予測可能です、あなたは容易にサスペンスであなたを保ちますが、それは5/10を得るので、それが今のところそれを持っていた終わりを容易に予知することができます。

アート:8/10
私はアート・スヌープだと認めなければなりません。もしそれがうまく描かれなければ、私は通常どんな心をも支払わないでしょう。天気ではアートが大きな役割を果たしていますが、アニメを見るかどうかは分かりませんが、スタイルはかなり盛り上がっています 微妙で美しいものでした。女性の胸は過度に強調されておらず、彼らの体はまだ優雅である。彼らの表情は、彼らの背後にある感情を見るだけで十分でしたが、それに圧倒されませんでした。私が “空白の”目のことは、最初はむしろ怖かったが、あなたはそれに慣れ親しんでいると言いますが、それは “嫉妬”や “怒り”のような極端な感情を描くことを意味していました。それはどちらかの方法でマークを打つ。私があまり熱心でなかった唯一のものは、唇でした。彼らはむしろ過度に芸術的な質感から離れましたが、気づくほどではありませんでした。

サウンド:4/10
アニメのもう一つの部分は、しばしば私の注意を引き付け、時には芸術音楽と同じくらい重要なこともあります。あなたが気分に入り、キャラクターが感じていることを感じさせるのに役立つ音楽。音楽はどんな偉大なアニメにとっても不可欠です(誰もMononoke姫と言うことができますか?久石譲は華麗でした!)、いずれにせよこれは残念なことに欠けていました。結末も迷惑で、本当に “気まぐれ”になって非常に厄介なものでした。バックグラウンドミュージックはほとんどありませんでしたが、バックグラウンドミュージックがある場所でリサイクルされたような感じでした(アニメでは以前聞いたことがあります)BGMの独創性はなく、結末は激しかったです。

キャラクター:5/10
彼らはちょうどあまりにも定型的だった、もちろんあなたが豊かでない限り、あなたが本当につなぐことはできません。そうでなければ、彼らはちょうどまあまあです。

楽しさ:6/10
私はそれが簡単に行くアニメだったと言わなければならない(極端に短く各エプスは8分の長さであった)それは見るのは簡単だったが、サスペンスであなたを保つアニメほど楽しいものではなかった。彼女がステレオタイプに包まれたけれど、主人公のためにルーツをとっている時には、何か他に何かがあると気分が良くなりました。

全体:6/10
私は全体的に少し寛大でしたが、私はそれが私がお勧めするアニメではないことを認めなければなりません。しかし、芸術は美しかったし、欠点にもかかわらず、それは私が見たワースではありませんでしたが、それは確かに最高ではない、それはlimboのどこか2の間にあった。それはあなたがそれであなたの魂の一部を取ることなくいくつかの時間を殺すように感じる場合、それは間違いなく選択のアニメです。全体的に、私はそれをもう一度見ないだろうが、誰かが私とそれを見たいなら、おそらくいいえとは言わないだろう。

あなたはこのレビューを楽しんでいたと思います。本当に助けてくれることを祈っています。読んでいただきありがとうございます!

総合評価:7

lady_freyja (すべてのレビュー)
2 人が、この口コミが役に立ったと評価してい
ビハダ一族は、主に1960年代の1970年代少年アニマンガのパロディーと思われる。ほとんどのMALメンバーにとっては非常に不明瞭な時期なので、たくさんのジョークや参照は見逃す可能性があります。

個人的には、私が目にすることができた最も頻繁な参考文献は、アタックN°1とガラスのカメンからでした。日の丸のようなコーチがサラにサマソルトをする方法を尋ねると、アタックN°1を見た人だけが、それについては面白いし、その状況では皮肉なことですが、攻撃を知らない人にとっては、もう一つのランダムなばかげたことになります。
また、エンディングには、 1969年の典型的なアートスタイル、高橋麻琴や宮古麻子などのアーティストが描いてい ます。

そのような時代を愛していて、参考文献を手に入れようとしている私のような人にとって、そのショーはパロディーとしてかなり良いです。
その時代を知らない人にとっては、上からばかげたランダムなものを次々と継承する準備をしてください。そのすべては非常に独特で派手な芸術的スタイルを持っています。別の人のレビューを引用するのは「それほど悪くなかった」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です