バクマン。 海外レビュー

あらすじ

2008年、舞台は埼玉県谷草市。中学3年生の真城最高(サイコー)は高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。

ある日サイコーは些細な出来事を切っ掛けに、秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。初めはその誘いを断っていたが、声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」と約束した事から漫画家への道を志す事になる。

サイコーは祖父から叔父が使用していた仕事場を譲り受け、シュージンと共にそこに籠って処女作の執筆に専念する。そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代である事を知りライバル視する。やがて二人三脚で苦労しながらも完成した初作品をジャンプ編集部に持ち込んだ二人は敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。
第1期:2010年10月2日 – 2011年4月2日
第2期:2011年10月1日 – 2012年3月24日
第3期:2012年10月6日 – 2013年3月30日(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“バクマン。 海外レビュー” の続きを読む

斎木楠雄のΨ難2期 第23話 海外の反応

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります(前話のredditコメント数は、いいねの数はでした。)

saiki-212x300

ああ、私はこのアニメを終わって欲しくありません:(

2016年の最初のエピソード以来一緒にいた:(

私はシーズン1の時の毎日5分のエピソードを好んだ。私はしばらく前に見るのを辞めた。私は毎日5分の様式をとても愛していました。

各エピソードはまだ5分セクションに分割されています。文字通り1日にセグメントを見るのを止める唯一の人はあなただけです。

そのような愚かな理由のために、この傑作アニメを見ていないなんて、あなたはこれからどのように生きていくのか分かりません。

このような激しい始まりから、アケチの疑惑の解決はむしろ控えめなものだった。それでも幻想的なエピソードから幸せな終わりを得てうれしいです。私はショーが終わって欲しくない!

それは驚くばかりの斎木のエピソードのひとつでした。2つのエピソードからの「私は失敗した」という言葉は楽しいものでしたが、バタフライエフェクトにどの程度重点を置いているのかが大好きでした。そして斎木がもっと社会的であるという奇妙な世界線は確かに興味深いものでした:)

最高の世界ライン:)それは本当に輝くおしっこです。私はサイキがいじめのような深刻なテーマに行くことを期待していませんでしたが、見て良かったです。

サイキがみんなと変な関係になった部分は、私を狂ったように笑わせてくれました!:D

テルハシが「斎木のガールフレンドのように行動していた」部分に行ったとき笑って、2人の “恋人関係”を楽しませてくれました<3 ネンドウは私の人生を傷つけるかもしれません……….:( アイウラがそこにはいなかったので、もちろんそれはうんざりしました。 私はこれ程終わらないことを望んだアニメは初めてです。斎木は合法的に私が今まで見た中で最高のコメディです。 本当にゆっくりとしたショーを見るのが苦手で、より速いショーを好む人として、急速に変化するSaikiのコメディは私にとって完璧でした。
多分あなたはマンガを読むべきです。見ていないエピソードがかなりあるので。

アニメオリジナルシーズン3をお願いします!!

快傑ゾロ 海外レビュー

 あらすじ

アメリカのカリフォルニアがスペインの領土だった頃の18世紀末。カリフォルニアに属するサンタスコのベガ家の御曹司・ディエゴは、スペイン留学中に届いた父親の手紙から、故郷・サンタスコの人々がレイモン司令官率いるスペイン軍の悪政に苦しめられていると知り帰国を決意する。将来を渇望されたディエゴが戻って来る知らせを受けて喜ぶサンタスコの人々だが、帰国したディエゴはぐうたらで意気地なしの怠け者になっていた。

時を同じくして、軍の魔の手から人々を救う正体不明の黒い仮面を纏った正義の剣士・ゾロが現れ、救世主と称賛される。実はゾロの正体はディエゴその人であり、周囲を欺くためにどうしようもないボンクラのふりをしていたのだった。ゾロの正体がディエゴだと見抜いた弟分の少年・ベルナルドもゾロの相棒リトル・ゾロとして仲間に加わり、ゾロと軍の戦いは続くのだった。
1996年4月5日 – 1997年3月28日迄放送(ウィキペディアより引用)

maxresdefault

✳以下myanimelistからのレビューになります

“快傑ゾロ 海外レビュー” の続きを読む

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第9話 「聖騎士譚」 海外の反応

 第9話あらすじ

ファルトラとグリーンウッド王国の一件の報告のため王都に帰還したアリシアは聖騎士サドラーと対面する。サドラーは魔王を崇拝する者に容赦をしない人間であり、ファルトラへ調査へ向かうと言う。

一方ディアヴロ達は召喚魔法の練習の最中に水浴びをしていると、エデルガルトが現れた。戦う意志のない彼女。そして意外な相談が持ちかけられた…。(公式サイトより引用)

登場人物

ディアヴロ 声 – 水中雅章
シェラ・L・グリーンウッド 声 – 芹澤優
レム・ガレウ 声 – 和氣あず未

 辺境都市ファルトラ

セレスティーヌ・ボードレール 声 – 千本木彩花
シルヴィ 声 – 大久保瑠美
ガラク 声 – 内匠靖明
メイ 声 – 森嶋優花

 魔族  

クレブスクルム 声 – 種﨑敦美
エデルガルト 声 – 加藤英美里

王都セヴンウォール

アリシア・クリステラ 声 – 原由実

isekaimaou_20180615_mainttl

✳以下redditからの反応になります

前:Shera> Rem> Alicia> Sylvie> Edelgard> cookie loli> Shera / Rem

現在::Shera> Rem> Sylvie> Edelgard> cookie loli> Shera / Rem

それはクッキーではないビスケットロリです。私は水着なしの世界を受け入れるとは思っていませんでした:)

Sheraは何百万ヤード離れた森林の中腹にコインが着地したかを知るだけで、ワンショットで打つことができます。なんてこった!

シェラのアーチェリースキルは、後で本当に便利になる。

何かはいつもAliciaと少しばかげているような気がしていて、いい人のようですが、彼女の事をほとんどを知らず、彼女の本当の忠誠心は知られていません。私は疑惑を確認しています。そして彼女は一度もハーレムの一員ではなかった!

Diabloは彼女の本当の意図を決して知らない方法についていくつかのヒントがありました。それらの抱擁は私の疑いをほとんど確認した。

私はかなり簡単に点を結びました。亡霊には魂があったと伝えられていました。それはalichaであったことははっきりしています。

もし彼女が彼の趣向を知って、そのパラディンに会うために護衛したのだろうか?あと3つのエピソードしかないのは残念です。

彼女はディアブロが彼を殺すことを望んでいたかもしれないが、彼は以前のエピソードから人殺しアレルギーであることを知っていたはずである。

ディアブロは必要に応じて人を殺しますが、好きではありません。彼はアインズではない。

明らかに彼とディアブロは完全に異なっています。アインズはアンデッド効果を持っていますので、彼が自分自身と思うときに見ている人間性は退色を遅らせています。ディアブロはまだ人間性を持っています。

うまくいけば我々はシーズン2を得る。我々は別のオーバーロードの奇跡が必要である。:)

ディアブロの角はかつらであり、悪魔でさえない:)

今週はアンゴルモアの白石から十分な裏切りを持っていましたが、私の心は別のものを取ることができないと思います😩

水色時代 海外レビュー

 あらすじ

優子の真っ白な「子供時代」と青春の「青」の中間の「水色の時」の物語。

水色時代 小学校編
河合優子は12歳になったばかりの小学6年生の女の子。小学校では一番大人だけど、中学生とかと比べると、まだまだ子供。最近、優子のクラスでは、女子の間でブラジャーや生理が「まだ」か「もう」かの噂がうるさくて…。
優子が小学6年生の冬を迎えた時に起きた3つの出来事がオムニバス形式で描かれる。
1996年4月4日 – 1997年2月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SL500_SX355_

✳以下myanimelistからのレビューになります

“水色時代 海外レビュー” の続きを読む

ヒロイック・エイジ 第1話 海外の反応

 あらすじ

遠い未来、宇宙には自らを「黄金の種族」と呼ぶ者達がいた。

星々を創り、未来を知る彼らはまだ未熟な他の種族に呼びかける。「いでよ―――」と。後に宇宙には、それに応えた「銀の種族」「青銅の種族」「英雄の種族」が現れ、惑星をも容易に滅ぼす力を持つ英雄の種族はやがて争いを起こし、結果多くの種族が滅びに瀕することとなる。黄金の種族が戦いを諌めた時には英雄の種族は5人にまで減っていた。黄金の種族は彼らに「自らより弱い種族に宿り、彼らのために生きるという」罰を与える。英雄の種族を宿した者は”ノドス”と呼ばれる、宇宙の命運を握る存在となった。

しばらく後、惑星オロンと呼ばれる星に一隻の宇宙船が墜落する。黄金の種族によって船は救われるが、その時には船員は赤ん坊一人だけが残されていただけであった。黄金の種族は英雄の種族の中でも強大な力を持つ”ベルクロス”をその赤ん坊の内に宿し、彼に赤ん坊を守るように命じる。また、赤ん坊の属する種族を最後の進出者「鉄の種族」と名づけ、彼らに「人類へ―――ここに、お前たちの運命を握る子供がいる」とメッセージを送った。後に黄金の種族はこの宇宙を去り、別の宇宙へとまた旅立っていった。(ウィキペディアより引用)
2007年4月1日 – 9月30日迄放送(ウィキペディアより引用)

11544_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヒロイック・エイジ 第1話 海外の反応” の続きを読む

アマガミSS 海外レビュー

 あらすじ

高校2年生の主人公・橘純一(デフォルト名。以下、「純一」と表記する)は、憧れの先輩・森島はるかを遠目に眺めつつ、彼女のいない寂しい学園生活を送っている。純一は過去のとある経験から、恋愛とクリスマスに苦手意識を持っていた。

吐く息も白くなり始めた初冬のある日、はるかの卒業が迫りつつあることに気付き、2つの苦手意識を克服しようと心に決めた純一は、さまざまな女の子と出会い、行動を選んで付き合いを深めた末、クリスマスを迎えることとなる。

なお、以下の各ルートのあらすじは、原則として「デアイ→アコガレ→スキBEST」ルートのものである。
2010年7月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543481361644

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アマガミSS 海外レビュー” の続きを読む

鋼殻のレギオス 海外レビュー

 あらすじ

物語は槍殻都市グレンダン最強の武芸者「天剣授受者」の1人であったレイフォンが故郷の都市を追放されるところから始まる。武芸を捨て、新たな道を探すために学園都市ツェルニの一般教養科に入学したレイフォンは、入学式で起きた騒動に係わったことで生徒会長カリアンに呼び出され、レイフォンの素性を知っていたカリアンにより武芸科への転科を余儀無くされる。レイフォンは当初、一般教養科に戻りたいがために手を抜くが、所属することになった自衛小隊「第17小隊」の隊長ニーナの強い意志に惹かれ、故郷の幼馴染リーリンの手紙に励まされ、新しい道を探す場所を守るために戦うことを決意する。また、レイフォンの入隊は第17小隊の面々にも少なからぬ影響を与え、第17小隊は徐々に団結し対抗試合で好成績を残していく。
2009年1月 – 2009年6月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543306938777

✳以下myanimelistからのレビューになります

“鋼殻のレギオス 海外レビュー” の続きを読む

エグザムライ戦国 海外レビュー

 あらすじ

物語は戦国時代。東方の島国で武将たちが百年もの間、天下獲りの戦(いくさ)に明け暮れていた頃──。海外交易で栄えた都「ヤサカ」では、商人たちが自由に行き交い、新たな情報や流行が発信され、活気づいていた。

だが、その都にはもうひとつの顔があった。そこは血気盛んなサムライたちがひしめき合う群雄割拠の無法地帯。名うての武将たちも うかつに手を出せない治外法権エリアとなっていた。

そんな中───今、ヤサカの町にひとりの流浪のサムライが流れ着いた。彼の名はヒロ。海の向こうから迫り来る不穏な勢力に立ち向かうべく、二刀流のアツシ、一匹狼のマキダイ、若き弓の使い手タカヒロ、忍のマツそしてウサ、山賊のアキラ‥一筋縄ではいかない7人のサムライ達の人生が今、ぶつかり合いながらも交差していく。
(ウィキペディアより引用)

image_search_1543306448381

✳以下myanimelistからのレビューになります

“エグザムライ戦国 海外レビュー” の続きを読む

オーバーロード3期 第8話 「一握りの希望」 海外の反応

 第8話あらすじ

フォーサイトらワーカーチームは、墳墓の主・アインズ・ウール・ゴウンと対面する。リーダーのヘッケランは、無礼を詫びて許しを請うがそれも叶わない。しかしヘッケランは、自分たちはある人物から、ナザリック地下大墳墓に立ち入る許可を得たと言い出す……!?(公式サイトより引用)

オープニング曲ですhttps://youtu.be/6XND39Hw7N8(公式)

8f1bed272039ab20993e0670d9ef8f72

✳以下redditからの反応になります

ファック!このエピソードはめちゃくちゃ重かったし、アインズに共感出来なくなったから切るわ。

神様、私はこの残酷な世界に住んでいるこれらの人々のために悪いと感じるが、​アインズ氏が来て、すべてを犯す。間違えないでください、私は彼についてすべてを愛しています、それは…あなたは誰も殺す必要はありません…。なぜ彼らは私たちを無用な人物に感じさせるのですか?なぜ彼らは一番いい人を殺すのですか?彼らがストーリーの為なら、彼らを私たちに紹介するのはどういう意味ですか?流血が終わった時、アインズはいつも満足するだろうか?私はOverlordを愛していないのだろうか?!?!?

ライトノベル読者は、アニメのみの人達が怒ることを知っていたと思うが、実際にそれが起こるのを見たくありませんでした:(

それらのかわいそうなロリ達‥‥。
 

みんな私は狂ったように聞こえるかもしれないが、私の言うことを聞いてください。結局のところアインズはそれほど良い男じゃないと思う。

彼は慈悲深く、単に神の計画を理解できません。

なぜアインズは耳を塞ぐように頼んだのですか?

あなたは骨パパを怒らせました!彼らはそのように嘘をつかなければならなかった。

彼は間違った。アインズの昔のギルドメンバーを期待したが、その希望は嘘だったので、アインズをメガ怒らせた。

そのEntomaの新しい声はエルフの女の子からですか?そして、どうしたのでしょうか?血を吸うことによって死んでしまったのですか?

EntomaはArcheの声を受け取りましたか?私はそれが何らかの理由でEvilEyeの声に聞こえたことを実際に怖がっていた、私はEvileyeが最終的に大丈夫だと願っています…。

アルシェの声‥‥。

ArcheはNazarickの利益のために死ぬ必要がありました。

ええ…彼は初めから悪い男ですが、アニメは極力彼が善人に見えるようにしました。遅いシーズン2まではやや慈悲深くなりました。

オーバーロードは最高のアニメです。なぜなら、それは稀少な反ヒーローのアニメだからです。そして彼は野蛮人のように皆を殺します。

うーん、記憶がぼやけているけど、ガショクって誰?彼はある種の昆虫ですか?彼らが人間の巣を言ったとき、彼らは何を参照しましたか?

それは実際には述べられていませんが、それが寄生虫のモンスターであることが示唆されています。彼の家族は人間の中で成長する。

なぜ誰かがアインズが奴隷襟を着ているのか説明できますか?

それは奴隷の襟ではありません= _ =

マーレはレベル90のドラゴンを所有しています。黄色のドラゴンはきれいに見えます。それだけです。

ガンソード 第1話 海外の反応

 あらすじ

それは、宇宙の底にある、おとぎの国・・・。荒野に夢、街に暴力があふれる、ボンクラ達の理想郷・・・。人呼んで、惑星・エンドレス・イリュージョン。流浪の男、その名はヴァン。さらわれた兄を追い求める少女・その名はウエンディ。荒野の果てに、一人は絶望を、一人は希望を見つめ、二人は今、運命の旅へと踏み出すのだった。
2005年7月4日 – 12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

t5xowH-VDs

  

 ✳以下myanimelistからの反応になります

“ガンソード 第1話 海外の反応” の続きを読む

シンデレラ物語 海外レビュー

 あらすじ

父と継母、そして義姉2人と幸せに暮らしていたシンデレラ。しかし、父が仕事で遠地に赴任した途端、継母と義姉は豹変。召使いの扱いを受ける毎日だが、シンデレラは健気に頑張っていた。そんな生活の中で身分を隠している王子シャルルやたくさんの人々と出会い、ザラール侯爵の陰謀に巻き込まれてゆく。
1996年4月4日 – 10月3日迄放送(ウィキペディアより引用)

a002040

✳以下myanimelistからのレビューになります

“シンデレラ物語 海外レビュー” の続きを読む

神世紀伝マーズ 海外レビュー

 あらすじ

海底火山の噴火によってできた新島「秋の島新島」を取材していた毎朝新聞記者・岩倉は、島の上に立つ全裸の少年を発見する。言葉も話せず、身元も不明なため、医者に引き取られることになった少年だったが、瞬く間に言葉や、様々な事柄を習得していくなど非人間的な能力をのぞかせ始める。実は、彼ははるか太古(古代エジプト文明の時代)に地球に訪れた異星人が地球人の潜在的な進歩の可能性とその残虐な本性の将来を恐れ、宇宙にとって地球人が危険な存在となった場合に地球ごと破壊し人類を抹殺するキーとしてセットされた少年「マーズ」だった。
2002年10月31日 – 2003年2月6日迄放送(ウィキペディアより引用)

_SY445_

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:5

新世紀の伝説の火星!火星、新世紀の伝説!新世紀の伝説の火星!畏敬の念を抱くタイトルにもかかわらず、私は何年もの間、この恐ろしいアニメーションから「悪い順応」に至るまで、この2002年のショーについて悪いことは何も聞いていませんでした。最近の動機づけを見つけた後、私は最後に座ってこれを見て、物事を賞賛するために、私はマンガを横に並べて読んでいました。

まず、いくつかの背景。横浜光輝が1976年にオリジナルの5巻のマンガをリリースしました。もう少しで彼のことをもっと知りました。これが実際には第3の火星であることを知り驚くかもしれません。 アニメショー!この話を最初に適応させようとしたのは1980年に6つの神の組み合わせの神様という形で戻ってきました。Godmarsはおそらくそれとは関係がないにもかかわらず、話の中で最も人気のあるバージョンです。共通の唯一の事は “火星は彼の元の目標を裏切る”という名前の宇宙人の子供、 “ガイアは地球を爆破する”と “6つの巨大なロボット神”です。スタイルからコンセプトに至るまで、それ以外のものはまったく違っていますが、ここでは詳細を掘り下げていません。2回目の試みは1992年の2部構成のOVAでした。残念ながら、それはストーリーの半分以下を急激なスピードで適応させ、クリフハンガーで終わる。まぁ。

Yokoyamaに戻る – 彼はIshinomori、Tezuka、Nagaiのような古き良き時代の先駆的なSF SFの漫画家の若干名として知られています。日本では、最初のモダンメカショーだった伝説のギガントール(鉄人#28)を作ったことで有名なのかもしれません。西側では90年代のGiant Robo OVAの後ろの男として彼を覚えているかもしれません。驚くべきことに、前述のTetsujinを含む横山のすべての作品の集大成と同じくらい、 、Babel II、Water Margin、明らかに火星。可能な限り明確になるように、あなたがGiant Roboを好きなら、そこに登場するキャラクターやメカの起源を示しているので、新世紀の神々の火星を見る理由はすでにあります。

また、明快にするために、横山のことを聞いたり、他の作品を見たことがないなら、火星を見る理由が少しある。それはまったく老化しておらず、基本的に少年ジャンプが手を出すことができる現代的なアクションシリーズによって外されています。言い換えれば、あなたが良いバトル・ドリブン・ショーを探しているならば、このショー(やはり70年代のコミック・ブックの真っ直ぐな適応である)が本当に簡単な時間を思い出させるために、プロットポイントは予測が容易であり、物語は複雑ではなかった。

私はショーについて話すときにこれを行うのは普通ではありませんが、シリーズをそのソース素材から遠ざけることは難しいです。彼らはとても複雑にリンクされているため、あなたの気持ちがあなたの気持ちに深刻な影響を与えます。それはジョージョーやタイタンズアタックのようなものではなく、物語のいずれかのバージョンを見たり読んだりすることはできません。それは本当に問題ではありません。それはPsychoの1998年のバージョンを見ているようなものです。なぜそれをソースの素材と比較しないのですか?それはそれ自身ではあまり良くないからです。

物語は次の通りです。水中火山噴火のために、日本の海岸から新しい島が浮上した。イワクラ記者は、ヘリコプターに乗って報道を取り上げ、そこに立っている青年を見つけた。救助された後、その若い男性の主治医(そして素敵な娘)は、すぐに彼が記憶喪失に苦しんでいることを発見し、彼が誰であるか、彼がどのようにそこに行ったのか分かりません。私たちの主人公、彼が火星、彼の起源を指していると言うために来る別の神秘的な男ラッシュを入力してください。火星は巨大なロボットを使って世界を爆破するという超電力のエイリアンです。普通の人のように、火星はラッシュに任務を再考する時間を与えるように頼む。残念なことに火星にとって、「6人の神」として知られているラッシュと彼のグループは、世界を破壊するために急いでいる。
こうして火星の旅は戦い、自己発見、道徳的ジレンマで満たされます!彼は世界を破壊するだろうか?それとも、Sinister Sixとその巨大ロボットとの対決を意味するとしても、彼はそれを守ることを選ぶだろうか?あなたはおそらくアニメの答えを推測することができますが、マンガの突然の終わりはあなたを驚かせるかもしれません。

アニメの物語は、5つのマンガのすべてのボリュームを非常に忠実にカバーしています…とにかく、ほとんどの部分。エピソード8の後半は、火星のアニメだけの起源を詳述する長いフラッシュバックに捧げられています。驚くことに、マンガの中の何かを本当に収縮させません。代わりに、私はそれをより多くの「読書の間」と見なします。その後、エピソード12は同じフラッシュバックを続けますが、最も分裂した違いは最終的なエピソードになります。スポイラーの領域を掘り下げるのではなく、前述の悪名高いエンディングがまだ残っていると言うだけで十分ですが、マンガ版に矛盾するエピローグを表示することで、アニメはそれをフォローします。それはより有望で楽観的な最終メッセージを提供します。あなたはまだマンガの結末のハードコアファンであることを主張する場合は、

このショーで私の主な不満は、実際には、それは漫画の章の手紙に従っているということです。3人の無意味な「ロボット対ホープレス・ヒューマンズ」の戦いの(幸運な)省略を除いて、マンガのほぼすべてのシーンがショット・フォー・ショットに再現されますが、これは本当に良いことではありません。私はまっすぐな適応が好きなほど、より現代的なペーシング、より劇的な要素、予想しにくいプロット点と対話に気づかなかったでしょう…一般的に21世紀にショーを始める。それは近代的なスーパーヒーロー映画に似ています。あなたは彼らが、愚かなスーパーマン・フェイナガンの黄金時代よりも少し良いものを期待しています。OVAは10年前に物語を(近代化した)大きな近代化を行ったので、このバージョンでは追従できなかったことは残念です。それは、より良いキャラクター開発の恩恵を受けていたでしょう。たぶん正しいか間違っているか、または2次元の段ボールではなく、何が最善の行動であるかについて、自分の考えや気持ちを示すことができます。たとえ敵でさえも、実際の威嚇的な敵対者の代わりに、無神経の神であることに終わり、適切な適応がそれらを作った可能性があります。

文字と言えば…実際には、それほど多くはありません。あなたは私たちのタイトルの英雄、火星を持っています。ショーの前半では、主にとても素朴で、クリシェで話すこと(「私はあなたを倒して地球を救う!」、「ああ、いま、私は何をやるの?後で彼の(再び、アニメだけの)過去を聞いた後で、ステレオタイプの背後にある実際のキャラクターのヒントを見ることができます。しかし、ほとんどの場合、彼はちょうどそこにあり、邪悪なロボットの神から逃げる以外には、プロットを動かすために何もしません。物事は彼の周りで起こっているが、彼のせいではない。事実、おそらく彼のエピソードの大半は数文でまとめることができます – 火星は破壊を企図しています。ロボットが登場し、どこかの人を攻撃する。火星は到着しますが、まったく無力です。ガイアが現れている間に彼はどこかに隠れて、ロボットが爆発するまで立ちます。すすぎ、繰り返します。

アニメだけのキャラクターがミューズの形で導入されています。ありがたいことに、彼女はビジョンにしか現れないので、彼女はストーリーの流れを妨げません。基本的には、各エピソードで火星で彼女の叫び声を見せている1分が “殺害を止めてください!” 「死んではいけない!後で私たちは彼女の裏話が何であるか見ることになりますが、その点に到達する頃には、彼女がどれほど刺激的で無意味なのかを考えることができます。彼女はおそらく、このショーが作った最悪の物語で、彼女が物語にどれほどの「追加」をしているのかを考えてみてください。

その後、医者と娘がいます。ショーを始めて、彼らは主な選手になると本当に思っていましたが、エピソード2の後、彼らは基本的に非エンティティに縮小されました。彼らはいつも現れ、心配して演説し、火星の話を聞く。それでおしまい。このショーはMarsXHarumiの開発の恩恵を受けていたでしょうが、他の多くのものと同様に、もう一つの逃したチャンスでした。

それから、私とは逆の期待を持っている記者岩倉がいます。ショーを始めたら、私は再び彼を見ることはできませんでしたが、彼はそれぞれのエピソードがあり、観客が望んでいないもので見ても気にしない。最初は私はあなたの平均ジョーの視点から世界の状況を見ることは涼しいと思ったが、その後彼は5つのエピソードのためのその部屋に立ち往生した。それは1つの部屋で、ショーのほぼ半分です。私たちは彼がひげを育てるのを見ます。私たちは彼が言語を学ぶのを見ます。我々は文字通り彼が彼の靴を食べるのを見る。私も冗談ではありません – 何も食べることができず、水を見つけてレザーシューズを調理するのに1〜2分かかりますし、ギャグも重要なプロットもしていません!それが十分に悪くないかのように、エピソード9は、岩倉が救助に失敗した5人以上の敵に直面している!誰か来て、彼は彼の希望を得る、彼らは攻撃され、彼は絶望に残っている。何度も何度も冗談を言っているように、特に誰もレイ・ビームが死に至るまで気にならない人がいるような気がする。繰り返しますが、漫画ではうまくいくかもしれないが、アニメーション化されたときには崩れ落ちるかもしれない、監督が理解していたはずの長いリストの中のもう1つ。誰と言えば… 漫画ではうまくいくかもしれないが、アニメーション化されたときにはフラットになり、監督は実現しなければならないものの長いリストの中のもう1つ。誰と言えば… 漫画ではうまくいくかもしれないが、アニメーション化されたときにはフラットになり、監督は実現しなければならないものの長いリストの中のもう1つ。誰と言えば…

ショーは藤本佳孝監修。この男の唯一の本当のヒットは、彼の最初のものでもあり、わずか21歳で何とかSPT Layznerのエピソードを演奏していた。それ以来、ストーリーボードやエピソード演出以外にも、魔法の女の子ショー、ロムコム、アニメポルノなどのシリーズの唯一の方向性がありました。注目に値する、または記憶に残るものはありません。どんな猫の女の子がヌックヌクのファンをここに?いいえ?そうは思わなかった。

だからこの相対的な人はどれくらい火星で何をするのですか?あなたはおそらくこの時点で推測することができますが、それは必ずしも彼のせいではありません!
あなたは、藤本は2つの小規模なスタジオが協力してこのショーを行ったことを知っています。プラムとスタジオ・ガットは、他のスタジオのアニメーションとプロダクション・アシスタンスでのみ知られています。あたかもそれが悪くないかのように、2002年のことを見て、彼らはこのショーをデジタルでやらなければならなかった!直後のポスト年代では、アニメーション技術がまだ完成していないという理由だけで、日本の「デジペイント」は本当に悪く見えます。したがって、本質的には、何かを動かす必要があるときはいつでも、キーフレームの最小の最小値に保たれます。背景はシンプルで、ほとんど同じ青空が何度も何度も繰り返し使用されています。人や物には濃淡がありますが、子供の紙のようには見えません。厳しい状況に対処する場合でも、配色は非常に明るく、活気があります。火星の肌がショーの途中で腐敗し始めると、水疱や剥がれた肌などを表示する代わりに、彼は本当に悪い日焼けサロン(それは本当に奇妙に見える)に行ったように、まったく同じだが茶色に見えます。ショーの「ダイナミックな戦い」の定義は、敵の突然の炎上に至るまで、主人公のガイアが浮遊して腕を広げていることを示しています。文字はフラットで静的に見えます。公平にするために、それを元の1974年の図面と比較すると、ショーはよりよく見えますが、それは本当に多くのことを言っているのではないのですか?彼は本当に悪い日焼けサロン(それは本当に奇妙に見える)に行ったように。ショーの「ダイナミックな戦い」の定義は、敵の突然の炎上に至るまで、主人公のガイアが浮遊して腕を広げていることを示しています。文字はフラットで静的に見えます。公平にするために、それを元の1974年の図面と比較すると、ショーはよりよく見えますが、それは本当に多くのことを言っているのではないのですか?彼は本当に悪い日焼けサロン(それは本当に奇妙に見える)に行ったように。ショーの「ダイナミックな戦い」の定義は、敵の突然の炎上に至るまで、主人公のガイアが浮遊して腕を広げていることを示しています。文字はフラットで静的に見えます。公平にするために、それを元の1974年の図面と比較すると、ショーはよりよく見えますが、それは本当に多くのことを言っているのではないのですか?

キャラクターデザインそのものは、火星が彼の特徴的な長い赤い髪を保つこの舞台で働くことを管理しています。晴海をいつものように見ていて、悪者は十分に悪人に見えます。しかし、機械的なデザインは深刻であり、最悪の犯罪者は – まあ、それを言うには他の方法 はない-

ガイアは馬鹿に見える

メインキャラクターのロボットよりもメチャショーに大きなセールスポイントはないあなたがそれを見ていると、ガイアをマンガのように見せてしまうのは間違いだった。すべてのロボットは子供のおもちゃのように見え、ほとんど怖がらない。彼らはすでに90年代の火星と巨大なRobo OVAsの現代的な赤信号を持っていたので、このアニメが作った他の悪い選択肢よりももっとイライラします。

音楽 – 何も書き込むことはありません。静かなシーンといくつかのバトルトラックのための標準的なもの、何も思い出に残るもの。私はサウンドトラックのアルバムがリリースされたとは思わない。しかし、ペニシリンによるイントロの歌、Hanazono Kinemaは別のものです。アメリカン・アイドルのオーディションと同じように、ビアン・ポーズのビッグバンドを中心にビジュアル系バンドのロック・ソング。あなたが最初にそれを聞いた後、あなたの頭の中で(何年も)私の場合、あなたの頭に詰まってしまいます。ALLEYの「永遠」:終わりの歌 – はしばらくしてあなたの上で成長する素敵なトラックですが、そうでなければ忘れられます。

日本国外での入手可能性; AFAIKショーは公式の英語版を手にしたことはないが、フランスとラテンアメリカでは「火星のターミネーター」としてリリースされたようだ。2014年時点の唯一の完全版は、HKのサブシステムです(情報がない場合は、通常、非常に品質の低い日本語から中国語への翻訳を意味します)。結束力と理解力が十分にあります(ゲッターロボやマジンガーのカヴススティックとは異なります)。しかし、あなたは「マーズ」や「グア」のような悪い文法や奇妙な命名の選択肢を得ています。それ以外は、「ブルーフィクサー」はエピソード10までファンサブをしていて、それを落としたようだが、「北斗のガン」はゆっくりとそれを毎月リリースしている。

要約すれば;
読んでマンガが好きだった?良い。
あなたは疎結合の再イメージングをしたいですか?Godmarsを見る(ショーが長すぎて、アニメーション化されていないことを念頭に置いて、編集ムービーはいくぶん良い選択です)
もっと現代的なストーリー・テクニックを使って “暗い”リテイルをしたいですか?90年代のOVAを見てください(不完全であり、未審査であることを念頭に置いて
ください)。これを見てください(それは恐ろしい方向性を持ち、非常に時間の産物であり、ヒット・ミス・ストーリーの追加があります)
。多分、火星がしたことをして、時間が覚醒するまであなたを部屋に閉じ込めるべきです。おそらく2020年代。

プラネット・ウィズ 第8話 「力、己にこそ宿る」 海外の反応

 第8話あらすじ

登場人物

黒井 宗矢(くろい そうや)声 – 阿部敦
高天原 のぞみ(たかまがはら のぞみ)声 – 原田彩楓
先生(せんせい)声 – 小山力也
黒井 銀子(くろい ぎんこ)声 – 井澤詩織
白石 こがね(しらいし こがね)声 – 後藤沙緒里
虎居 英雄(とらい ひでお)声 – 梅原裕一郎
因幡 美羽(いなば みう)声 – 大和田仁美
能代 晴海(くましろ はるみ)声 – 渕上舞
根津屋 正義(ねずや ジャッジメント)声 – 菅原慎介
鷹取 紅華(たかとり べにか)声 – 石上静香
羊谷 葉介(ひつじたに ようすけ)声 – 興津和幸
竜造寺 隆(りゅうぞうじ たかし)声 – 乃村健次
竜造寺 岳蔵(りゅうぞうじ たけぞう)声 – 清川元夢
閣下(かっか)声 – 若本規夫

maxresdefault

✳以下reddit.animesukiからの反応になります

ああ、かわいそうな宗矢:(

もう一つの大きなエピソード!宗矢が崩壊したのは間違いなくこのエピソードのハイライトでした。Pacifist派閥とSealing派閥の両方が、彼がEarthlingではなく、彼が持っている復讐はDragonだけであることを忘れているようです。失ったすべてのものをリストアップしているSouyaがどれほど多くのことを理解し、彼の痛みを理解することができないかを示す良い方法でした。

リアリティ>偽のおっぱい

のぞさんは甘い

すごいエピソード、このシリーズは、彼がすべてそれを放棄するように、そのシーンでは主人公からのより多くの感情が良くなっています。私の好きな部分は、女の子が彼を保護して彼を守る所でした。

宗矢が白石に、「自分は子供だ」と応答することが大好きでした:)

彼は最終的に物事について考えるのを止めた今、すべてを処理するためにある程度時間が必要であることを知っています。地球を守る。

私は本当に虎居が助けに戻ってきたことが大好きですが、私はのぞさんがSenseiに入って戦うのを見たいと思っています:)

ToraiはSouyaのすばらしい兄貴分になるだろう。私は本当に宗矢が彼の家族を失ったとしても、彼はまだ地球上で新しい関係を実現することを願っています。

Benikaのファンサービスはランダムでしたが、私はそれで満足です:)

Benikaが立ち上がったとき、犬が目を覆った様子が大好きでしたXD

若本規夫が 「ワン」しか言っていない、皆さんが思っていた事を紅華が言ってくれましたXD

Souyaの叫び声は本当に悲しいものでしたが、私にとってはエピソードのハイライトはToraiとのインタラクションでした。他のすべてのアニメでは、最悪の場合、トライは宗矢に戦いを奨励しようとするだろう(私はそれが来ると思った )私は次のエピソードを待つことができません:D

トライガン 第1話 海外の反応

 あらすじ

砂だらけの荒涼たる大地。ここはホーム(地球)より遥かに巨大な大きさを持つ5つの月と砂漠の星。二重恒星と高重力の劣悪な世界。人々はこの荒れた大地にしがみつき、血と汗で大地を湿らせながら細々と生きている。そのささやかな暮らしも、荒くれどもが銃をぶっ放して台無しにすることもある……ここはそんな世界。

その過酷な世界に1人、赤いコートにトンガった金髪の、トラブルメーカーがいた。名をヴァッシュ・ザ・スタンピードという。彼は荒涼としたこの世界を放浪しながら、何かを探している。分かっているのは彼が凄腕のガンマンで、とてつもなくタフで、そして、筋金入りの平和主義者だということ。気のいい青年だがあまりの傍迷惑ぶりに、付いた渾名が「人間台風(ヒューマノイド・タイフーン)」。とうとう局地災害指定を受ける羽目になった彼には、保険会社からお目付け役が派遣される始末。

しかし、彼にはいくつもの秘密と、胸に秘めた決意があった。
1998年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

10312_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

“トライガン 第1話 海外の反応” の続きを読む

黒神 The Animation 海外レビュー

 あらすじ

母親を事故で亡くした主人公の伊吹慶太(いぶき・けいた)は、ある夜、上位元神霊(じょういもとつみたま)であるクロと出会う。しかし、クロを抹殺しようとする謎の男に襲われ、左腕を吹き飛ばされてしまう。クロは慶太を死なせないために、自分の左腕と交換し、契約を結ぶ。そして、慶太とクロを取り巻く状況は急変していく。
2009年1月8日 – 2009年6月18日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543306017596

✳以下myanimelistからのレビューになります

“黒神 The Animation 海外レビュー” の続きを読む

京都寺町三条のホームズ 海外レビュー

 あらすじ

京都へ移り住んで半年になる女子高生の真城葵は、とある事情により亡き祖父の骨董品を鑑定してもらうべく、寺町三条商店街にポツリと佇む骨董品店『蔵』を訪れる。しかしそこで出逢った鑑定士の家頭清貴は美形で上品で柔らかな物腰でありながら、実は「ホームズ」の異名で呼ばれるほど怖ろしく鋭い人物で、葵が骨董品を家族に内緒でこっそり持ち出してきたことをその場で見抜いてしまう。どうしてもお金が必要だった葵に、清貴は『蔵』でアルバイトをしてはどうかと持ち掛け、その日から葵は彼と共に骨董品と京都にまつわる様々な出来事に遭遇していくことに。(ウィキペディアより引用)

登場人物

真城 葵 (ましろ あおい)声 – 富田美憂
家頭 清貴 (やがしら きよたか)声 – 石川界人

サブキャラクター

梶原 秋人 (かじわら あきひと)声 – 木村良平
円生 (えんしょう)声 – 遊佐浩二
家頭 誠司 (やがしら せいじ)声 – 小山力也
家頭 武史 (やがしら たけし)声 – 上田燿司
滝山 利休 (たきやま りきゅう)声 – 小林沙苗
宮下 香織 (みやした かおり)声 – 木下鈴奈

1532984065416

✳以下myanimelistからのレビューになります

“京都寺町三条のホームズ 海外レビュー” の続きを読む

七人のナナ 海外レビュー

 あらすじ

少しそそっかしくて優柔不断、成績も平凡な、どこにでもいそうな中学生・鈴木ナナ。彼女は同じクラスの秀才・神近優一に憧れているが、なかなか気持ちを言い出せない。そんなある日、ひょんなことからナナは性格の異なる7人に分かれてしまう。折しも入試まであと1年、ナナは6人の「ナナ」と共に受験を戦う決意をする―「神近くんと同じ高校へ行き、恋心を打ち明ける」ために。

「受験生活」という暗いイメージになりがちなテーマを明るく描いたラブコメディ作品。7人に分かれなかったらきっと告白をする決心がつかず高校も妥当な線で諦めていたであろうナナが、自分の分身である「ナナ」たちと共に苦難に立ち向かう中で様々な経験を積んでいく、成長の物語でもある。
2002年1月10日 – 6月27日迄放送(ウィキペディアより引用)

11428_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価:7

まあ、この最初のエピソードは、イントロのフルバージョンが私のハードドライブにどのように行くのか分かりませんでしたが、時間の心地よい無駄でした。それは非常に進化を感じ、ちょうど私のタイプのアニメではありませんし、1つのepsodeのためにも非常に記憶に残るものではありません。

総合評価:8

セナのナナ・セブンは、2002年にスタジオACGTによって制作された冒険/コメディー・タイトルで、祖父のセラーにある明るいプリズムによって7つの異なるバージョンに分かれているナナという少女の物語を語っています。彼女の好きな男の子に愛を告白する彼女の新たな苦境と彼女の目標は、全体のプロットラインが続きます。それはかなりです。

私は初めにシリーズに乗り込んでいたが、主人公を7人の構成員に分けることでギグであったが、いくつかのエピソードがあるまで、分割のアイデアは完全にはっきりしなかった。 彼女のコピーを彼女の家の周りにスラッシュと彼女のクレイジーを駆動するの狂気を扱うしようとする元ナナとして楽しい…それは彼女が自分の気持ちで持っている内部の戦いを、 、学校、そして彼女の愛の生活。

彼女が分割されたときに形作るプリズムのそれぞれは、ときにはプロットの進行の一部として争いに入る7人のナナのスーパー・パワーを与えていることにも注意してください…特にナナ・レンジャーズ(Nana Rangers)私の意見では、シリーズの奇妙な側面の)。ナナ・レンジャーは、ナナが7人に分かれていることについて秘密を守るのを助けるために劇を始める。そして、クライマックスが近づくにつれて、シリーズの後半にある出来事に手を差し伸べる。

全体的に、このシリーズはかなり時代遅れになるかもしれませんが、主人公を救い出すのにうってつけの仕事です。それはあなたを見守ってくれるだけでなく、彼女との関係を発展させるために少なくとも彼女の気持ちを変えさせるのに十分です。彼女が好きな少年。

何かが私を少なくとも夢中にさせるならば、7人の人格は、元のナナに他の感情が個性化されているという事実以外に影響を与えていないようです。最後に何が起こるかについては言及していませんが、私はシリーズを見ていない人たちのために甘やかすことは避けています。

すべての点で、それは確かに私が楽しませるだけの十分なブロックで最高のシリーズではありません。

ちびまる子ちゃん 海外レビュー

概要

本作品は、1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いたコメディ漫画。アニメでもテレビスペシャルなどによっては時代設定が放送当時に合わされている場合があるが、基本的には先述の時代設定が一貫されている。
第1期:1990年1月7日 – 1992年9月27日
第2期:1995年1月8日 – 継続中(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ちびまる子ちゃん 海外レビュー” の続きを読む

ヤマノススメ 第3期 海外レビュー

 概要

2018年7月より第3期『ヤマノススメ サードシーズン』が放送中。ロケハンも大変であり、第2期の終盤がきれいな終わり方をしていたことから続編の計画はなかなか立たなかったが、第3期を待望するファンの声により話が進んだとプロデューサーの後藤裕は話している。また、第2期から製作委員会に参加しているYTEの親会社でもある読売テレビでの放送が今期では実現することとなり、同局の公式サイト内に紹介ページが開設されている。

2017年6月より、メキシコにて吹き替え版が放送されている。(ウィキペディアより引用)

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

“ヤマノススメ 第3期 海外レビュー” の続きを読む

じょしおちっ!〜2階から女の子が…降ってきた!?〜  海外レビュー

 あらすじ

相川壮介がボロアパートの自室でオナニーをしていると、突然2階の天井が抜け、丹生砂生が壮介の上に落ちてきてしまう。(ウィキペディアより引用)

b4c526

✳以下myanimelistからのレビューになります

“じょしおちっ!〜2階から女の子が…降ってきた!?〜  海外レビュー” の続きを読む

VIPER’S CREED 海外レビュー

 あらすじ

21世紀も半ばを過ぎても人類の活動による自然環境の汚染は悪化の一途を辿っていた。食糧難、病原菌の蔓延、異常気象などによって発生した世界経済の破綻は紛争やテロの蔓延という悪循環となり、大戦勃発という悲惨な結果を招くこととなった。

やがて大戦は終結し、新たなる流通拠点として繁栄している「フォート・ダイバ・シティ」を警備する民間軍事会社PMCに所属し命がけのミッションに挑む傭兵ブレードマンとブレードマン達が操るバイク型可変機動兵器「マニューバ・ブレード」、それをサポートするオペレーター達の活躍の物語。
2009年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543305517882

✳以下myanimelistからのレビューになります

“VIPER’S CREED 海外レビュー” の続きを読む

アキカン! 海外レビュー

 あらすじ

主人公・大地カケルが自販機で買ったメロンソーダに口をつけると、缶ジュースが美少女に変身した。少女化(ガーリッシュ)するスチール缶の精霊・メロンと過ごすうちに、カケルはスチール缶とアルミ缶の戦い「アキカン・エレクト」に巻き込まれていく。
2009年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543305012509

✳以下myanimelistからのレビューになります

“アキカン! 海外レビュー” の続きを読む

百錬の覇王と聖約の戦乙女 第8話 「こたつと空回りのふいご」 海外の反応

 第18話あらすじ

いまいち学校の子供たちと馴染めていないエフィーリア。それは元奴隷でありながら勇斗に特別扱いをされていることへの妬みが原因だった。

幼い女子の人間関係に踏み込みづらい勇斗に代わり、アルとクリスが策を練る。一方、イングリットは勇斗のあまりの鈍感さに機嫌を悪くし、自分も女であることをアピールしようとするのだった。(公式サイトより引用)

登場人物

周防 勇斗(すおう ゆうと)声 – 酒井広大
フェリシア声 – 末柄里恵
ジークルーネ声 – 伊達朱里紗
イングリット声 – 河瀬茉希
リネーア声 – 高尾奏音
志百家美月声 – 内田彩
アルベルティーナ声 – 悠木碧
クリスティーナ 声 – 竹達彩奈

fb_image

✳以下redditからの反応になります

私は今週このショーについて知り、ちょうど今追いついた。それは私がアニメを憎む要素の全てを持っている(対戦相手は馬鹿で、主人公は彼のハーレム要員に気付かず、ひどい歴史と経済、犯された関係など)が、私は本当に楽しんでいる。ショーは総ゴミですが、人生でごみが必要な時もあります。

彼は自宅で妹に再会することを待っています。彼は忘れていない、彼は積極的に無知である。

このショーはうまくいきませんが、私は見守ることができません。私はいくつかの女の子が好きで、興味深い部分があります。完全な列車の難破船ではありません。

主人公だけがより良いモチベーションを持っていたら。彼が電話で話すその少女は、とても穏やかで一般的です。私は正直言って彼女の名前を覚えていない。

主人公の彼は地球の過去にいるのですか、あるいは彼は別のタイムラインにいると思いますか?彼のガールフレンドはイエスは産まれていないと言いました。しかし魔法のスキルを使う人がいます。どうなっているの?

私はそれが第1話か第2話かを覚えていませんが、Yuutoは、パラレルな世界だと言われて、星がまったく同じで、地球の過去のどこかにある可能性が高いと考えています。

それは、魔法だけでなく、紀元前11世紀前半の材料文化と7世紀のAD言語の異なる地理と奇妙な組み合わせもあります)、あるいはプロットの穴です。

ライトノベルは彼の考えをより良く説明した。そしてアニメが限られた話数のために詳細に行くことができなかったことを覚えている

女性のメインキャストの名前のいくつかがどのように適合していないのか気付かなかった。つまり、設定は古代北ヨーロッパ(アニメは主にそれを表現することができません)とされており、女性名の半分だけがそれを反映しています:Linnea、Siegrune、Ingrid

一方、クリスティーナは、これまで数世紀に渡って生まれてはならないキリストを参照しています。フェリアはラテンです。アルベルティーナは、アダルベルトのより現代的なバージョンであるアルバートからの起源のドイツ語ですが、名前の一般的な女性版(アルバータ)ではありません。Effyも変わっていて、スカンジナビア語よりも現代英語に似ています。エヴァと関連しているかもしれないが、これはヘブライ語であろう。

設定は古代北ヨーロッパですと誰が言ったのですか?

ヨーロッパの青銅器時代の文明から多くのインスピレーションを得て、ノルディックな音色の名前がまともな低い魔法のファンタジー設定があります。私はノルディック文化にノルディック命名規則を当てました。

クリスティーナはまだイエスを参照している名前ですが、フェリシアはまだ他の名前の大多数との不一致の名前です。

日本の「間接キス」という概念を古代の世界にバックポートする。

「君主が学校の初日に娘と一緒に来て他の女の子に注意を払わなければ君主の娘は追放されるだろう」

それは理にかなっているように聞こえるでしょうか?

みどりのマキバオー 海外レビュー

 

 あらすじ

主人公であるミドリマキバオー(うんこたれ蔵)が、北海道勇払郡鵡川町の「みどり牧場」にて生まれるところから物語は始まる。母のミドリコが借金のカタに堀江牧場(通称・ひげ牧場)に売られたため、たれ蔵は母親に会いたい一心で、みどり牧場から脱出する。道中、とある森の中で後の親分肌となるネズミのチュウ兵衛と出会い、さまざまな困難を経て、母親と再会を果たす。その後、カスケードらライバルとの出会い、競走などによって、たれ蔵は競走馬「ミドリマキバオー」として成長していく。
1996年3月2日 – 1997年7月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

861e4e3c77ffa68879d7dde9a7e933ed

✳以下myanimelistからのレビューになります

“みどりのマキバオー 海外レビュー” の続きを読む

ISUCA 海外レビュー

 あらすじ

一人暮らしをしながら高校に通う浅野真一郎。彼は担任の勧めで、級友の島津朔夜宅の家政夫としてバイトする事に。そんな中、彼女が妖魔封じを生業としていることを知ってしまいその手伝いをするハメに…。
2015年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=0FaHqU1bwYo(公式)

isuca-thumb-352x198-20637

✳以下myanimelistからのレビューになります

マスターピース」は、私がイスカと比較して何かを記述するものです。私はこのショーが乾燥したペイントや他のナンセンスを見ている方が良いことを見て無駄になったような気分でした。これはあなたが離れておく必要があるものです。執筆は、それがいかにかっこいいか、アニメーションが恐ろしいか、キャラクターが単なる不名誉であり、哀れなものであるために、あなたをひどくするでしょう。

ストーリー(2/10):プロットは無意味であり、完全に冗長です。それは幾分まともなプロットであるという根拠を持っていましたが、彼らの創造性はすべて、代わりに主人公をばかばかしく変態した状況に置くために使用されました。 物語自体は、それがごちゃ混ぜに混乱はなかったのではなく、プロットはそう悪いあなただけのすべての興味を失っているように見えることを実行して、従うことは簡単でした。

Art / Sound(3/10):アニメーションは浅野でした。ちょうど浅野が剣を引き出す方法を開いただけで、アニメーションがギザギザになることをすぐに知ることができます。もし私がこのショーに何かの小道具を与えるなら、アニメーションになるでしょう。それは、スタンダードがどれほど高くなるのか、それほど残念なことではありません。音は同じように悪かった。OSTは私にとっては死んでいたが、私はこのショーを見ている間にそれをクリックしなかった。それは、私の脳がなぜこれほど恐ろしいものに私の時間を無駄にしていたのかを理解することがとても難しくなっているということだけかもしれません。

キャラクター(3/10):あなたに各キャラクターの深い分析を与えるのではなく、今まで見たことのある一般的なハレームをすべて取り、その特定のキャラクターの様子を覚えておいてください。彼らが提供するキャラクターよりも無限に優れている可能性があります。浸出液のように私にはまったが、それはタマコだった。私はエッセー全体を書くことができましたが、あなたはまだこの性格に関する私の不満を完全に把握することができませんでした。私は次の男ほど猫の女の子が大好きですが、これはあなたを終わらせないようにする人です。

楽しさ(0/10) – 通常、仕事や何か生産的なことの過酷な現実を逃れるために、私はアニメを見る。このショーは、私が草がどのように成長するかについての10ページの論文を書くことを望んでいました。私がこのショーを落とさなかった唯一の理由は、私がコンプリート主義者であり、私がそれを終わらせることができなかったことが気になるからです。結局のところ、私を守ってくれたのは、意志力だった。あなたがこのショーに苦しんで見たいと思っているなら、あなたの期待と脳の能力を、何かが面白いと思われるところまで下げることをお勧めします。それがこの災害を終わらせる唯一の方法です。

全体的に(2/10):私が前に述べたように、あなたは塗料が乾燥しているのを見るためにもっと興味をそそるでしょう。外に出るか、お風呂に入って、このショーから離れてください。あなたがEcchiのジャンルに入っているのは良いかもしれませんが、どうして気になりますか?私はヘンタイがそこに良いプロット、キャラクター、アニメーションなどがあることを賭けることを喜んでいる

マンガやライト小説のアニメ化は、アニメの季節に見るものの大部分を占めています。これらの適応により、いくつかの結果が現れることがあります。1.シリーズは、原材料の完璧な適応を得て、良いフィードバックを得るでしょう。2.シリーズは、まだ良くなっている程度にソース素材に似ています。3.原材料をねじで締め、何でもして、あなたが蒔いたものを収穫します。イスカは選択肢#3に従います。

ストーリー(5.00 / 10):イスカの物語は、アルバイトを探している男の子、新市郎という男の子に続く 彼自身を支えることによって家族をある程度まで負担させるためです。彼の教師の一人に仕事を依頼すると、何よりも豚のような世帯のために家事仕事が割り当てられます。家の所有者であるサクヤに会って、妖怪の世界、魔法、精神の世界に彼を送り込んで、決して払わない職場でここにいるのです。

一見すると、Isucaには有望なものがいくつかあります。私たちの主人公が知られていない状況に投げ込まれているというストーリーテリングスタイルの魚を使って、まともなものが期待できますか?まあ、実際にはありません。それを鈍くするために、Isucaはすべてのアニメのアダプテーションが作成時に行うことを意味するものを実行することに失敗します。実際のイスカの漫画を読んだことで、この10エピソードの凶悪犯罪は、それがシリーズのより重要な点を指摘することを除いて、何らかの種類のものに基づいていたシリーズに似てさえできません。

ショー全体は、基本的にそういう形でまとめられます。無作為な、悪いYoukaiは都市を脅かす、人々、時には多くの人々が恐ろしい方法で死ぬ、主な女性の主人公は、彼女が明らかに一人では何もできないときでさえ、拒否、悪のトロールの悪役は、主人公を笑い、何もせずに葉、シーン。シリーズの実際のストーリーを構築するのではなく、このエピソード的なストーリーテイストのスタイルに従っています。実際にはうまくいきません。私たちの主人公をすべてのエピソードで劇的に変化させています。そして、そういう意味では、

加えて、シリーズはゆるい端を縛ることができません。私が知っている限り、わずか10エピソードだけのアニメは失敗するか、時間の不足のためにうまくいっていません。イスカは、シリーズの問題のいずれかを解決することができないことによって、このひどい伝統に従います。シリーズは回答を必要とするプロットラインでゆっくりとフィードしていたので、シリーズで正確に何が起こっているのかを実際に説明することはできませんでした。シリーズの主なアンタゴニストが誰であるかを暗示していますが、実際に彼が誰であるかを知ることはできません。それについてのキャラクターの説明はありません。そして、それは本当にこのシリーズの悪いことを家に持ち込みます。

全体として、Isucaは、アニメの適応をいかに作成しないかという輝かしい例でした。元のシリーズのプロットラインに従わず、それが望むものを何とかすることを除いて、イスカは本当に満足のいくノートで終わらなかった。それは何の問題も解決しないし、何も解決しないし、シリーズはちょっと…何も起こることなく終わる。

概要:
+良い物語のアイデア(これが私が最初にこのシリーズに入った理由だった)
– 驚くべき実行
– あまりにも多くの緩みの終わり

原形のキャラクターに似ていないCharacters(3.49 / 10):物語そのものはこのシリーズのキャラクターは単に批判されるだけのBEGです。

まず、島津咲也。オハイオ州の少年…もう一人の、まっすぐな、平らな、少女。私はまったくその前にそれを見たことがありません…移動して、Sakuyaは、彼女の家が清掃されているものであり、クラスメートであるShinichiroの上司である、このシリーズのタイトルキャラクター(本当に赤旗でなければなりません)です。島谷家の一員であるSakuyaは、魔法の弓を利用してエクソシズムを実行する能力を持っています。ツンデレ劇団の主な女性は、私たちがもう一度、何度も何度も見たことのあるものですが、サクヤは、最悪の可能性でそれを打破しています。他のツンデレのキャラクターと比較して、サクヤはツンツーンの人格に傾き、単にソフト面を見せません。いつでも彼女は、彼女は何の言葉も警告もせずに何でもしており、無謀に一人で離婚するという代価を払っている。彼女はこのシリーズのファンには嫌われているキャラクターから脱却する彼女のこの壊れない意志を持っています。なぜなら彼女はどんな種類の常識もなく、誰もが彼女の下にいる誰かとして扱うからです。実際には、キャラクターでさえ彼女を嫌い、実際にはすべてのキャラクターが彼女の欠陥を時系列で再び指摘しています。あなたは、他のキャラクターが1人のキャラクターのひどい個性を指摘するたびに、彼/彼女はひどい人です。彼女はこのシリーズのファンには嫌われているキャラクターから脱却する彼女のこの壊れない意志を持っています。なぜなら彼女はどんな種類の常識もなく、誰もが彼女の下にいる誰かとして扱うからです。実際には、キャラクターでさえ彼女を嫌い、実際にはすべてのキャラクターが彼女の欠陥を時系列で再び指摘しています。あなたは、他のキャラクターが1人のキャラクターのひどい個性を指摘するたびに、彼/彼女はひどい人です。彼女はこのシリーズのファンには嫌われているキャラクターから脱却する彼女のこの壊れない意志を持っています。なぜなら彼女はどんな種類の常識もなく、誰もが彼女の下にいる誰かとして扱うからです。実際には、キャラクターでさえ彼女を嫌い、実際にはすべてのキャラクターが彼女の欠陥を時系列で再び指摘しています。あなたは、他のキャラクターが1人のキャラクターのひどい個性を指摘するたびに、彼/彼女はひどい人です。

そして、この物語の水の中の魚Shinichiro。エイサーシズムの世界に身を投じる人として、Shinichiroはシリーズのいくつかの女の子からdokisを稼ぎ、本当に自分自身に個性を持っていない間に素敵な男の一団になります。シリーズ全体を通して、Shinichiroは騎士道カードをプレイし、彼はシリーズ全体の守屋を守り、助けてくれることを要求しています。(正直なところ、私は彼がそれをどう扱うかを考えれば、それをすることはできません。それはその家庭内の奴隷協定のようなものです。)彼はSakuyaと同じ状況に身を投げて、 “英雄”実際に何もしていない間に彼は魔法を使うことができないからです。だから、役に立たないMC。

これらの2つを除いて、残りのキャストは、主人公よりも面白いだけでなく、ある意味ではさらに発展していることを示しています。最大の例は、彼女が全体的に、より良いキャラクターになるようにプッシュするわずかなキャラクターの開発でシリーズが進行するにつれ、スーセリです。主人公を助けた「乗組員」を超えて、サイド・キャラクターは実際にはあまり目的を果たさなかったが、彼らは全体的には依然としてメイン・キャストよりはるかに好都合だった。(カップルの偉大なキャラクター、特におばあちゃんは実際には使われていませんでしたが、これは本当にこのシリーズではうんざりです)。

しかし、シリーズの主なアンタゴニストであるサクヤという悪魔の産卵を除いて、私がシリーズで感じた本当のキラーです。一つのこととして、本当の主なアンタゴニストは決して現れません。これは本当にシリーズに大きなヒットをもたらします。なぜなら、観客として、アンタゴニストの目標や何が何をしているのかを本当に理解していないからです。地獄、私たちは彼の名前を知らない。しかし、私たちはイスカとしてのみ知られているキャラクターを「主なアンタゴニスト」としています。(そして、彼女の名前はこのショーのタイトルですが、彼女は本当に主人公ではありません。)イスカのいたずらを巡って、シリーズ全体が多かれ少なかれ、ランダムなYoukaiを送信して人々を攻撃し、彼女が嫌う人間に復讐を誓うあなたが決して忘れることはないという事実は、30秒ごとに驚くような驚きを吐き出すからです。長い話が短い、

概観:
+
穏やかな側面のキャラクター- 完全に尤度の低い主な女性
– ジェネリックMC
– アンタゴニストは、本当のキャラクターの動機なしに未発達です

アートとサウンド(5.55 / 10と4.98 / 10):イスカのアートは、エルフェン・リードとブリンヒルド・イン・ザ・ダークネスを制作した同じ会社のスタジオ・アームズによって制作されました。Iscuaのアートは本当に特別なものではありません。アニメーションの品質は最高のものです。そのために、それについて積極的に言うことはあまりありません。私が言うことは、芸術が大いに揺らぐことです。シリーズの背景に応じて、Iscuaの芸術は、それがほぼ完全に異なるスペクトルに広がっているのを揺らぐ。ショーが昼間に入ると、それはうまくいくが、時には少し小さい。しかし、シーンが夜になるたびに、アニメの品質は、10年前のアニメと同じ種類の品質を持つ点まで非常に速く落ちます。そのため、シリーズの芸術でさえ私に印象づけられなかったのですが、それはそうではありませんでした。

アートスタイルに加えて、イズーカは元のシリーズには存在しないいくつかの事柄を加えて、ショーを視覚的にちょっとばかげたものにしています。それらのものは、血液とゴア、および検閲のバーです。まず、血とゴア。陽気です。イスカが変わって無作法なユカイ人がユカイを殺すようになったので、人を殺し、エルフェン・リートの方法で人々を殺します。そこでは、死んだ死体の噴水のように大量の血が噴出します。個人的に、私はこれが、彼らが何らかのmehに縛られた場面を作ったので、これは不要だと分かった。それは本当にシリーズに何も追加しませんでした。なぜなら、殺された唯一の人々は、視聴者が本当に気にしていなかったエキストラでしたからです。さらに、IscuaはTerra Formersを連想させる検閲のブランドを主催し、光のランダムな点滅、実際にイスカが実際にこのような場面を持っているため、シリーズが追加された乳房や地獄の領域を覆うだけの大きな黒い点があります。検閲はばかばかしいですし、服を服から剥ぎ取らない方がいいでしょう。なぜなら、彼らがしようとしていたことははっきりと分かっているからです。(真剣に、大きな黒い点はちょっと気を散らすようになります。)

このシリーズのサウンドトラックは特に記憶に残るものではなかった。何も目立たなかったし、物事の壮大な計画の中ではむしろ私のものだった。(サクヤに口ひげをかけるアプローチは分かりませんが、そのポイントは何ですか?)

概要:
+/- Meh art
– アニメーションの質が大きく波打つ
– 不必要なゴア
– 検閲は実際にショーを離れました
-忘れられないサウンドトラック

個人的な楽しさ(3.50 / 10):初めてイズーカシリーズを読み上げたとき、私はこれに由来するものに興味を持った。漫画を読んだ後のシリーズの私の期待は、10エピソードのランタイムのために多少壊れていたが、私は本当にこのような何かを期待したことはなかった…

私はこのアニメが好きでしたか?

いいえ、平易でシンプルなこの言葉は、あらゆる意味で失敗しました。それはシリーズのようにイズーカが持っていたものを捕らえることはできませんでした。ストーリーラインの細部を見逃していました。

私はこのアニメが好きではなかった?

本当に、私はこのシリーズ全体が責任を負うと言っています。完全なシリーズを作るのに10のエピソードは決して良い時間を過すことがなかったので、常に間違いに縛られていました。私たちが得たことについては、何かが判明したことに満足していた点は1つもありませんでした(スーセリのエピソードを除いて)、このシリーズが取ったアプローチには満足していませんでした。ソース素材はアニメが逸脱する可能性のあるものですが、そのソース素材からシリーズがどれだけ離れているかについてある程度はあります。なぜなら、IsucaのマンガとIsucaのアニメは、まったく別の2つの生き物だからです。プラス、Shinichiroは、仕事をしている間も、報酬を受け取っていません。彼はこれを自分自身で指摘することさえできます!

私はこのアニメをお勧めしますか?

いいえ、イスカは時間の無駄なアニメとみなされるべきです。本当に恐ろしいこと以外は、このシリーズの独自性はありません。実際の物語に従わず、プロットの穴があり、本当に魅力的でないメインガールの上に、シリーズの美しさは最高で平均的なものであり、このショーが示すべき重要なことは何もありません。最終的には、Isucaはアニメの適応に失敗し、すべてがサブパネル未満であるために償還資質がゼロになるショーになることになります。

全体的な得点:4.04 / 10

多くの人々が、ある時点で成長し、 “価値を証明する”必要がある状況に遭遇します。募金を得るための仕事。致命的な事故から誰かを救うような、時にはそれは巨大です。しかし、重大さや状況にかかわらず、そのような瞬間を達成することによって、その男の子または女の子が全体的により良い人に成長するようになります。そして、彼らが目標を達成しなくても、得られた経験は、次回のチャンスを最後のものよりもプラスにするために必要なツールを提供します。イスカ はこの心のこもったメッセージで作業しようとしますが、それは価値がないことが判明します。

ストーリー

イスカは、若い高校生の少年、浅野真一郎に続いて、島崎さくやという女の子と道を渡ります。一連のイベントを通じて、Shinichirouはキスをして他の人に精神的エネルギーを与える能力があり、Isucaは悪魔と戦って両者を自己価値の探求に導くことが明らかになりました。

どこから始めるのですか?イスカは、これまでアニメの形で想像されていた最悪の物語の遠く離れたものを持っています。その理由の1つは、ショーがドラマやプロットのポイントを1つのエピソードから次のエピソードに運ぶことができないことです。ほとんどのアニメは、起こった出来事をカバーする一つの包括的なストーリー、それらの間の関連性を保持するいくつかのアーク、または一連の文字通りのエピソード的な物語のいずれかを有する。イスカの初期の落ち込みは、これらをすべて一緒に混ぜようとしている。全体的な話は絶対にゼロ感を作ります。サクヤにはお父さんの問題があり、彼女の大家族は彼女を探していて、彼女のいとこはリーダーの立場で争っている。価値のある場所に行くのはもちろんのこと、決して解決しないような小さなアイディアがたくさんあります。さらに悪いことに、ショーはそれ自身の確立されたプロットポイントを利用することを拒否することさえある。2つの最大の苦情は、エンディングとサクヤの「真の名前」です。前者はすべてのものを開いたままにしています。後者は使用されていません。「イスカ」は咲夜の「本名」で、それを知っている人が彼女をコントロールすることができます。しかし、それは一度使用され、最初の発見の後に一度参照されます。このようなデバイスによってアニメのタイトルが与えられた場合、そのアニメはいくらか重要性を持つと考えられるだろう。しかし、いいえ、イスカは驚くべきことに、それ自身の名前の由来を避けます。彼女がそれを知っている人によって制御されることを可能にする。しかし、それは一度使用され、最初の発見の後に一度参照されます。このようなデバイスによってアニメのタイトルが与えられた場合、そのアニメはいくらか重要性を持つと考えられるだろう。しかし、いいえ、イスカは驚くべきことに、それ自身の名前の由来を避けます。彼女がそれを知っている人によって制御されることを可能にする。しかし、それは一度使用され、最初の発見の後に一度参照されます。このようなデバイスによってアニメのタイトルが与えられた場合、そのアニメはいくらか重要性を持つと考えられるだろう。しかし、いいえ、イスカは驚くべきことに、それ自身の名前の由来を避けます。

問題はシリーズ全体ではなく、個々のエピソードを見ると続きます。本質的に3つの問題があります:「原因と結果」の不足、怪物の数式、ファンサービス。3人の最大の問題から始めて、イスカはエピソードの間に何が起こっても何もしません。本質的には、各エピソードは、1つのエピソードで起こるイベントが次のエピソードに移行しない(最後の2つのエピソードを除いて)、それ自体のアークとして機能する。言い換えれば、イスカは一度に異なる「物語」を伝えようとする。しかし、互いに影響を及ぼすことができないため、それは完全に矛盾しているようになります。しかし、これらの「物語」は、それ自体でさえも立たない。それぞれが「週のモンスター」スタイルになり、うまく実行されるとうまくいくでしょう。それ以外は、同じイベントが行われます:グループが現れます、イスカは悪魔を倒すことはできませんし、Shinichirouは彼女にキスして勝つために必要なエネルギーを与えます。それは繰り返して無意味です。傷害に侮辱を加えるだけで、ファンサービスは信頼されたときには非常に弱いです。この式のように、ファンサービスは自動的に悪くなるわけではありません。しかし、ここでは、すべてのターンで検閲されるだけでなく、服を分解すること、いくつかの下着のショット、いくつかの胸などは、独創性に欠け、いつも不自由であり、しばしば見ることができない。ファンサービスは、正常に完了していれば自動的に悪くはありません。しかし、ここでは、すべてのターンで検閲されるだけでなく、服を分解すること、いくつかの下着のショット、いくつかの胸などは、独創性に欠け、いつも不自由であり、しばしば見ることができない。ファンサービスは、正常に完了していれば自動的に悪くはありません。しかし、ここでは、すべてのターンで検閲されるだけでなく、服を分解すること、いくつかの下着のショット、いくつかの胸などは、独創性に欠け、いつも不自由であり、しばしば見ることができない。

イスカが唯一の “テーマ”として取り組んでいるのは、冒頭に紹介されたものです。離れたストーリーテリングと恐ろしいファンサービスの中で失われることに加えて、それは意味をなさない。Sakuyaは、彼女の “暴行”状態と彼女が現在トップスポットを保持しているために、彼女のいとこと家族の両方に彼女の力を証明したい。しかし、反復式に戻って、咲夜はいつもShinichirouの助けを必要とします – 彼の文字通りの「キス・オブ・ライフ」。つまり、Shinichirouは常に貯蓄をする人なので、誰も自分のことを証明する機会はありません。 。彼女がチャンスを取っても、彼女は再び彼女の戦術を試みることを禁じている。アニメは文字通り、断続的にお互いにキスしているカップルに有利に見えることから、それ自体のテーマを阻止する。

アニメーション

それはそれはかなり高く始まったことを意味するものであろうからIsucaは、その下方スパイラルを継続していません。代わりに、ショーはそれ自身の墓を掘り始めました。穴は次第に深くなっていきました。

イスカの芸術は見た目ほどではありません。訪問された場所は、しばしば細部を欠いており、生成される「悪」の雰囲気に合致するような荒々しい人格を取ります。著しく、Sakuyaの邸宅、学校、および関連性のないランダムな場所で行われます。大邸宅であるにもかかわらず、それは “唯一の” 2つの部屋を持っているようです:リビングルームと台所、何も表示されていないので。学校については、それは他のものと同じように見える一般的なものです。それを超えて、カメラの方向性は驚くべきものではなく、関係するすべての人が使用する動きが極端に制限されています – Sakuyaのいとこはアニメの大部分に1つの動きを使用しているようですスタイル。

あたかもそれが言われる必要があるかのように、文字のデザインはやや貧弱です。注目すべき唯一の人は咲夜です。彼女の長いブロンドの髪、赤、青、金の服、彼女の髪のリボン、そして特に彼女の目立つ緑の目は、彼女が平凡な海の中で際立つように助けます。残りのキャストはこの海の中にあります。慎一郎は痛みを伴いません。スーセリは奇妙な髪型をしていて、馬鹿な髪型は白い服を着たままです。

そしてショーがすべてを動かそうとすると、それは失敗する。行われるアクションの多くは、スクリーンを横切って移動する厚紙のカットアウトであるので、それほど多くのアクションではありません。ほとんどの場合、ここに飛んでいるいくつかの矢とフェレットがそこを旋回していますが、それはイスカが実際のアニメーションを見る程度です。他のほとんどのケースでは、文字は周囲に立っていて、あまり細かいデザインと一般的な背景でお互いに話しています。

キャラクター

イスカの墓場はそのキャストに続き、シリーズが終わったときには結果や目的がないので、進行中はもちろんのことだ。

サクヤのキャラクター化の程度はごくわずかです。アニメ内のトップスポットの1つを与えられたのは驚くべきことです。彼女の対話は、主に「新市郎!」と「黙れ!」の2つのフレーズで構成されています。しばしば、それらは一気に使用されます。しかし、それらがいつ何回使用されても、それだけです。彼女の父親と母親については、結婚がSakuyaを小さくしたときにSakuyaを追放したように見えるという情報があります。しかし、彼女の窮状は、前述のショーの何かを解決できないことによるドラマ感覚を含んでいません。スーセリの争い、家族の異議の残りの部分、そして父親が実際に何にも触れていないことのような葛藤は、彼女の性格の「発達」に重大な影響を及ぼさない。そしてサクヤの問題の多くは、自分の人格によって直接引き起こされます。彼女は信じられないほどスタンドオフ、失礼、他人に怒っている。これはおそらく、幼い頃の彼女の外出と、議論されているように、彼女の価値をすべての人の前で証明する必要があるためです。彼女は未熟で、慎重に僅かしか開きません。しかし、重要性を保証するだけでは不十分ではありませんが、彼女の性格を完全に無用にして、彼女を取り巻く問題には関連性がありません。

Shinichirouといえば、彼はおそらく、彼が最も普通の理由で、アニメ内の「最高の」キャラクターです。彼は他の人に霊的エネルギーを与える奇妙な能力を持っていますが、誰の矢、呪文、人形との関係においても、外からはどんな普通の男のようにも見えます。彼は圧倒されておらず、面白くないし、彼は「いい人」以外の理由でそこにはいない。彼はこの方法で始まり、この方法で終わり、見せ物、ショー、芝居。彼は現実に根ざしているので、尊敬している。しかし、彼自身の気まぐれや、アニメ全体の変化を経験することなく、彼は信じられないほどキャラクターとして停滞しています。彼は人のことがとても簡単なので、彼についてもほとんど何も言いません。

そしてあなたが誰を見るかにかかわらず、彼らはまったく役に立たないか、それほど重要でないので、それらのどれにも何も言わない。Tamakoの開発は、最初のエピソードではやや邪悪なものから執拗なものまで10分かけて行われます。Suseriの感情のない方法は、彼女が意味のある方法でいずれかの文字とやりとりするのを防ぎます。教授であるナデシコは、サクヤの擬似母親としての役割を果たし、アニメの終わり近くで援助を提供し、それでも彼女は何にも貢献しません。そして、「悪」イスカは、サクヤと彼女の家族に対する何かの説明できない憎しみを抱えています。それは彼女に現れて、魔法を発揮し、叫び声を上げる以外に、彼女の一次元の軽蔑のほかに彼女について。

サウンド

この時点で、墓が満ちていて、墓石が巻かれています。

オープニングテーマとエンディングテーマは想像以上に一般的で、ショーの全体的な目的には何も貢献しません。OPは「Never Say Never」と名付けられている.Sakuyaと他の人たちが直面する問題を決して諦めることはないが、シンプルなビートと大きなサウンドエフェクトで溺れてしまう。EDを聞くと、この “クールな”アレンジとなるはずです。しかし、イスカの “口ひげ”は、それがどれほど馬鹿なのか面白いとか、トラックの思い出深いトーンと歌の残りの部分では、それは冷たくはなく、実際には不景気です。

サウンドトラックの残りの部分は、単に背景のフィラーとしてそこにあります。裸のファンサービスの瞬間、「行為」に伴うバトル強化の作品、そして悪魔との対話の際に演奏される緊張した音楽の中には、「楽しい」トラックが存在します。しかし、OPとEDと同様の方法で、それは非常に一般的であるか、または完全に忘れることができます。

同様に、関与する声優は、平均以下のどこかにあり、特別な叫び声はありません。

楽しみ

このアニメは、それがしていることが何であれ、平らに落ちる能力において驚くべきものです。ショーは面白くしようとしますが、そうではありません。すでに言及したように、ファンサービスは、それを保存することができるキスの量と、嘆かわしいです。悪魔に対して起こる戦いは退屈であり、劇的な瞬間はスローグであり、キャラクターは価値がなく、実行は存在せず、音楽は耳障りではなく、物語はそれほど悪くないそれが最初のように多くのエピソードとして

誰もがIsuca自身の葬儀に出席しませんが、ここではその墓石の読み取り何:「ここでIsuca、史上最悪のアニメの一つに位置しています。」

概要

ストーリー:ひどい、インコヒーレントなプロット、未解決のアイデア、本質的な反復性、魅力的でないファンサービス、自己犠牲的な喪失

アニメーション:ひどい、芸術的でないスタイル、ばかげたキャラクターデザイン、平均以下の実際のアニメーション

キャラクター:少しも

ひどい、悪いOP、ED悪い、忘れられがちなサウンドトラック、平均VA作業以下:サウンド

楽しさ:、楽しい、劇的ではない価値の何もない、滑稽ではない、ひどいが発見され

最終的なスコアを:1/10

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 海外レビュー

 あらすじ

幕末、薩長同盟の締結場所・鈴屋に「人斬り厳達」と呼ばれる剣客ら数人が襲撃してきた。護衛に当たっていた緋村抜刀斎は「人斬り厳達」と斬り合い、葬ることに成功する。その後、同盟は成立、そして時世は新時代と突入するのだった。

時は過ぎて明治11年。新しく建設された洋館を見物するため、陸蒸気で横浜に向かった剣心たち一行。その帰路、酔った外国水兵が迷惑行為を働いている現場に遭遇する。直後、一人の女性が水兵に悪行三昧を止めるように説得するが彼らの矛先は彼女に向かってしまう。そこに時雨滝魅という男が現れ剣心と共に水兵に立ち向かう。時雨はその剣腕で水兵の持つ武器を一瞬で破壊するが遅れてやって来た警官隊から身を隠すため、剣心とある寺に向かう。そこで互いを認め合い後日、再会を期して別れるが剣心は時雨には近づくなという忠告を斎藤一から受ける。薫達と合流した剣心は英国公館前でさっきの女性は会津出身で高槻朱鷺という名であることを知る。剣心はその名を聞いて幕末に高槻厳達という剣客と戦ったことを思い出す。その時、英国公館で爆音が響き、戦闘が起こる。剣心たちも現場に向かうが、陸軍の到着で敵は退却した。
1996年1月10日 – 1998年9月8日迄放送(ウィキペディアより引用)

rurounikenshin

✳以下myanimelistからのレビューになります

“るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 海外レビュー” の続きを読む

探偵オペラ ミルキィホームズ 海外レビュー

 あらすじ

架空の怪盗や探偵が「トイズ」と呼ばれる特殊能力を使って活躍する近未来の世界「偵都ヨコハマ」を舞台に将来探偵になることを目指す4人の少女「ミルキィホームズ(シャロ・ネロ・エリー・コーデリア)」を中心にしたものとなっている。
2015年1月 – 2015年3月迄放送(ウィキペディアより引用)

milkyholmes_recommend

✳以下myanimelistからのレビューになります

近い将来、無法と無秩序によって汚された世界では、Milky Holmesとして知られるエリート探偵機関が存在します。4人の才能ある若い女の子が代表を務め、この機関は国民の安全を脅かすものと戦うために存在します。平和を守るための闘いを通じて、謎と裏切りの勇敢で鋭い物語です…

待ってください、それはミルキー・ホームズとは関係ありません。もう一度やり直しましょう。

Sheryl、Cordelia、Elly、Neroの場合は、最初のエピソードの5分以内に勇気と才能の断片を脇に投げ捨てる。彼らの超自然的能力を失った後、一度尊敬されている探偵たちは、「おもちゃ」を悲惨に失敗させた一群の散乱師に引き渡す 彼らがするために出発するすべてのもので。森の中で彼らを攻撃するベア?彼らはそれを友好しようとする。アンタゴニストのアイデンティティーは、彼らの前で明らかにされましたか?彼らはそれがコスプレだと仮定します。彼らの無数の失敗の間に、必然的に探偵アカデミーではなく精神病院で家にいるかどうか疑問に思うようになる。

彼らのカラフルなデザインのために4人の女の子を認識するのは簡単です。シェリルは、あなたの典型的な幸運な主人公として立っています。彼女の円形のピグテールと何となく彼女の頭を大きく変えた巨大な髪の弓が特徴です。その一方で、あなたはコルデリアを持っています。コルデリアは、ヒステリックな爆発に頻繁に陥るグループの、曖昧な「成熟した」メンバーです。また、ネロ、元気いっぱいのトムボーイ、エリー、あなたが彼女をミュートしているように彼女を混乱させるようなことがほとんどない臆病な女の子がいます。一般的ですが、少女たちは個性的ではなくグループとして目立つように作られています。これはシェリルのアニメではなく、ミルキー・ホームズのアニメです。

むしろ、サイドキャラクターはショーが輝く場所です。シリーズのアンタゴニストとしての役割を果たすのは、Arsèneと彼女の巨大な胸を中心とした4人の犯罪組織であるGentlemen Thievesです。Milky Holmesの長期的なライバルとして、彼らはTeam Rocketと同等のショーとして多かれ少なかれ機能します。ほぼすべてのエピソードで、2人は何らかの種類の不機嫌な葛藤に巻き込まれています。最高の部分は、彼のシャツを切り離し、彼の美しさについて天国を叫び、目の前に誰にでも彼のまっすぐな乳首を露呈させて走り回る、単眼鏡とトップハットを着ている人物 “Twenty”です。はい、真剣に。

Genius 4という名前の第3のグループもあります。これは、Milky Holmesのナンセンスとそのライバルの間に引っ張られ続けている警察ユニットです。注目の唯一の特徴は、指導者ココロ、1300以上のIQを持つ自称の子供の天才です。ココロは、彼女の疑わしい知性について心配していないとき、通常は面白い、時には結果を押しつぶすために、Milky Holmesのメンバーを操作することによって、サディスティックな衝動を果たしているように見えます。彼女が女性キャラクターの中で最も面白いということを考えれば、かなりのスクリーン時間で彼女を見るエピソードはほとんどないのは残念です。

シリーズのよりユニークな側面の1つは、それが探偵のジャンルへの敬意であるということです。ほぼすべてのキャラクター(Sherlock Holmes、Nero Wolfe)の名前の中には、有名な架空の探偵への曖昧な言及が存在しますが、一般的なジャンルの慣習は頻繁にキャラクターのイディオシを介してパロディーされます。ジャンルのファンは間違いなくすべての参考文献にある程度の娯楽を見つけるだろう。

ミルキー・ホームズからの謎は予想されませんが。キャラクターが脳にどれくらいのダメージを与えたかといった深い哲学的な質問以外は、ここには何も見つかりません。たとえどんな種類の推論や探偵活動でもなく、超自然的な力や暴力によって紛争が解決されます。

しかしそれがミルキー・ホームズのポイントです。それは意図的に愚かです。それは、キャラクターやストーリーの開発に無駄な時間を無駄にすることのないコメディアニメでもありません。あまりにもかわいい女の子のキャストと一緒になって、ダムとダンバーの悪用を中心に、簡単でユーモアがあります。ミルキー・ホームズは優れた仕事をしていますが、このようなコメディーを見つけた人は、他の方向に眼球を設定するように勧められます。あなたはずっと多くを失うことはありません。

時折、ショーはその物語、大いに恐ろしい結果に集中しようとします。急激な劇的な音調は、シリーズの本来の魅力を取り去って、不快で不自然な変化を引き起こします。最初のエピソードの後のすべてが不合理なユーモアで満たされている場合、最後に物語が戻ってくるときに、視聴者はどのように気にするのですか?おそらく、それは全くプロットなしのほうが良いかもしれません。それでも、最後のエピソードでのクライマックスの戦いは、シーズンにとって驚くほど楽しい結論でした。彼女の知恵とパワー(初めて)を使ってきれいにアニメーション化された戦闘シーンがあり、最後の分には私たちは非常にミルキー・ホームズ風のストーリーを扱っています。言い換えれば、それは非常に愚かです。そしてひどく愚かな。

芸術の忠実度は、多くのことを望みますが、ビジュアルスタイルに関して不平を言うことはあまりありません。キャラクターデザインはカラフルで魅力的ですが、背景にはユニークなクレヨン画を使用しています。しかし、しばしば重要なシーンの間にモデル外の顔や奇妙な割合が見られます。それはかなり厄介で、より大きな予算によって容易に緩和することができます。

音楽はミルキーホームズの強みではありませんが、優れた演奏は忘れられないスコアを補うものです。それは、アニメの魅力を捉え、各エピソードが始まる前に素敵な小さなお薬として役立ちます。これに加えて、コミックのラインを実際に働かせることで賞賛に値する仕事をするセイウーの頑丈なキャストです。無能な俳優が演じた喜劇よりも悪いことはありません。そして、ありがたいことに、Milky Holmesはそれとは全く対照的です。

これはしばらくの間毎回しか来るアニメのようなものです。マンザイユーモアや決まり文句が優勢なメディアにとっては、ミルキーホームズのようなタイトルはほとんど外に見えます。ここにはある程度の魅力があり、あなたがアニメの目障りな欠陥を許すことができるなら、あなたは楽しむことができるでしょう。もちろん、あなたは乳首が突き出て愚かなことで怒られることはありません。

失敗はこれまで一度も可愛いことはありません。

私はいくつかの人々が最初にそれに入ったときにシリーズから何を期待するのかを知らなかったと思う。善良さは私が何か他のことを期待していたことを知っている 私の見直しは、アニマルを拾う前に、人々のためにいくつかのことをうまくクリアーすることになるでしょう。私は保証されているので、それに満足する人もいません。

ストーリー:(3 + 9)/ 2 = 6

私はストーリーに奇妙な2つの部分の評価を与えるための合理的な理由があります。私の場合は、要約から読むと、私はかわいらしく、無邪気で、まったく新しいものを古い似ているものを期待していたという事実に対処しなければならない アニメ、CLAMP Gaukuen Tanteidan。ミステリー・バフとして、私はエピソードごとに謎のシリーズを期待していました。

私はそれを得ていませんでした。まあ、私はキュートなものを手に入れましたが、このアニメは興味深い要約を書いているファンガールのようなものです。 *咳*あなたの頭を机の上に打つ原因となる、彼らの文章でちょっと変な。実際によく書かれているこれらのタイプはまれです。

真面目さは···全くありません。それは完全にコメディです。あなたはこのシリーズで大きな謎を抱くことはありません。冒険の線に沿っています。実際に、私は本当にこれらの女の子がどのように探偵になったのか疑問を呈しています。探偵が常にその事件をどのように解決するかということは、ミステリー属のパロディーと面白いことをしようとしているかのようです。そのレガードではかなり面白いです。

アート:8

芸術作品は素晴らしく鮮明で、明るい色は明るく、シンプルで幸せな幸運な子ども向けアニメだと思っています。特に、あなたがより多くを示すクリップを見たことがない場合は…よく、いくつかの人々の心の中でそれを押す瞬間。一般的に、私はパンティショット(これは私がそれらと呼んでいるが、実際にはパンティーのショットがない)は、それが良いストーリーラインにするためにほとんどのストーリーラインでは必要ではないと言う。それは。で人々を引き付けるためにだけあります

まあ、それは後に伐採されている方法で、私はそれがで一定の群衆を描くために、実際の使用のパンティーショットではなかったと思うが、ユーモアとショットが実際のストーリーに追加します。キャラクターがどのようにシリーズに登場しているのかとは関係がありますが、後で説明します。

サウンド:10

音は私の土台ではありませんが、私はそれが素晴らしかったと感じ、私は開閉が好きでした。実際、私はいくつかの効果音を笑っていました。

キャラクター:(6 + 10)/ 2 = 8

私は別の分割レーティングを持っています。どうして?まあ、明らかに私はスマートな探偵を期待していたが、私はいくつかの本当にダムの文字で終わった。すべてのdetetivesは…まあ、一人のキャラクターが言うように…彼らは遅れている。彼らの言葉ではなく、私の言葉。そして、悪い人…私は悪い人ではないので、私は額を叩かなければならない。彼らは…よく、ほとんどの場合、探偵より明るいですが、彼らはまた、より良いですし、女の子がどのように始まります。私は女の子が馬鹿にされたので、それを言う。パロディーであっても、キャラクターには問題があります。

楽しさ:(4 + 10)/ 2 = 7

私は他の何かを本当に望んでいたので、そのレガードでは私はむしろ不本意でした。しかし、私が得たものは…本当に予想外でした。私はストーリーを持っていました…パロディが大好き、私は風刺が大好きです、そして、私は助けができませんが、これを探偵ジェネラルの主なコメディーなパロディーとして見ています。そして、それはに入れて「パンティーショット」他のアニメの楽しさをつつく。

全体:(6 + 8 + 10 + 8 + 7)/5=7.8

あなたがわからない場合は、問題の真実は、あなたが行っているされているものそれは…、または大きな障害になる可能性があります。しかし、それは悪いアニメではありません…単純に…異なることはそれのための最高の単語です。

まず最初に、このシリーズを選ぶ前に、すべての期待を窓から投げてください!文字通り!
これは、人々がこのアニメに最も一般的な認識を持っています。
– “ああ、もう一つのロリコンのアニメだよ!”
まあ、それは私の最初の認識ですが、私はあなたを保証することができます、開口部だけロリコンっぽさに見えます。ショーの残りの部分は、実際に小児性愛を促進するものではありません。このシリーズの主人公が巨大なb ** b!

– “うわー、謎のアニメ!ついに、私は名探偵コナン以外の何かを見ます!”
もう一度、その知覚を放棄してください。タイトルは刑事ホームズと言うのですか?いいえ、名探偵コナンとは違って、それは明らかにそれ 探偵ショー。あなたが一番近いケースは、ほとんど解決できません。ここでの唯一の謎は、彼らが力を失った方法であり、彼らはそれを元に戻すでしょう。

– 「うわー、スーパーパワーを持つかわいい女の子についてのアニメ」
これは何だと思いますか?Powerpuffの女の子?もう一度、いいえ、私はここでどんなスポイラーをも与えることを望んでいませんが、私はあなたに言うことができます、ショーのほとんどの時間は特別な力についてではありません。アリスアカデミーはここでは期待しないでください。

それ以外の3つの誤った認識をすべて取り除き、それをコメディベースのアニメと考えると、あなたは大いに楽しまれるだろうと確信しています。

彼らの愚かさと無作為のランダム性は、あなたの顔の傷を完全に残すのに十分です(過度の顔の手のひらのために)。もちろん、ナルシシズムの先生を投げ、純粋なランダムコメディの完全なレシピがあります。
いくつかのパンティーショットを投げることは言うまでもありません。

芸術はかなりうまくいっています。それは、それが他の人のために来る悲惨さにもかかわらず、キャラクターが自分の人生に持っている陽気で肯定的な見通しを補うものです。
サウンドは例外的に行われました。私は特にあなたのおもちゃが起動したときに得られる効果音が大好きです。
それぞれのキャラクターには個性があり、同じ性格のキャラクターを2人以上見つけられません。しかし、特に悪人の側には、いくつかのクライスキャラクターのために準備されています。

さらに、このアニメはすべての年齢層で楽しいです。はい、それはあなたもロリコンです!あなたはおそらく、ナルシシズムのすべてのこれらの面白い瞬間を見て楽しむでしょう。

あなたの期待をすべて破棄すれば、全体的にはユニークで陽気なアニメです。何も来ないで、笑い(そしてあなたの顔に打ち傷)で爆発的に出てくる最初のいくつかのエピソードを見て生き残ったという条件の一つで。アニメの途中でアクションやコメディが拾い上げられた(申し訳ありませんが、ファンのためのビット

もそうです)そしてそこには、
ハレム・キヌーがサインをしています!

[編集]
私はビジュアル小説を演奏し、彼らがKoihimeとGalaxy Angelで行ったように主人公を削除したので、私はストーリーのスコアを少し下げました。
視覚小説は実際に物語を持っていて、アニメはそれをちょうどねじ込んだ

曇天に笑う 海外レビュー

 あらすじ

1878年(明治11年)。明治維新以降、日本国内は士族反乱などで多くの犯罪者を抱えるようになり、彼らの多くが送り込まれた監獄からの脱獄も後を絶たなかった。そこで政府は滋賀県の琵琶湖に浮かぶ巨木の中に絶対脱獄不可能な監獄「獄門処」を作り、重罪者を容赦なく送り込んだ。護送の最終段階となる「橋渡し」を担当するのは湖畔の大津(滋賀郡大津、現・大津市役所周辺)にある「曇神社」の曇三兄弟だった。

おりしもこの時、大津の空は300年に一度という長期の曇天が続いていた。この時現れ、人々に災いをもたらすという「大蛇(オロチ)の器」を求めて、長男・天火がかつて所属していた右大臣直属部隊「犲(やまいぬ)」が動き始めた。
2014年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

320

✳以下myanimelistからのレビューになります

ネタバレフリー!このレビューは、主観的なものと客観的なもの(または私の心と私の心の違い)の2つの部分に分かれています。

まず、OBJECTIVEから始めましょう。芸術は審美的に喜ばしく、キャラクターのデザインはあなたが誰とも混同しないほどユニークです。それは深刻で洒落た表現を非常にうまく引き出しますが、それは少女のための標準です。それは私にKill la Killのスーツを見るのと同じように私を “WTF”にしてくれる男の服を私に示しました。

アニメーションはせいぜい平凡です。戦いは終わりに向かっていいですが、最初はかなり怠惰に行われています( 効果音とフラッシュ)。散在した深刻で洒落た芸術がうまくいく前に私は言ったが、実際にはアニメーションを賢く変えない。不快感を感じている部分もあります。

3人の兄弟とシラス(そしてその関係)は、12話のシリーズであることを考えれば十分に発達しています。3人目の兄弟チュタタロが少し迷惑をかける人もいるかもしれないが、全体的にはそれほど大きなものにはならない。他の人はすべて、人格の点でかなりのメモです。それは実際にキャストのサイズとこれに詰め込まれなければならなかったバックストーリーの量からです。彼らは過去のことについて誰もが笑っているという事実にもかかわらず、多くの人物を見逃してしまったような気分になります。

物語になると、ドンテンは不器用な展覧会から最も苦しみます。最初のエピソードは、キャラクター、セッティング、そしてすべてのジャズをかなり標準的な方法で紹介し始めます。しかし、それは非常に多くのキャラクターを紹介し、主なプロットへの接続を確立する必要があるため、次のエピソードに続けてドラックします。ほとんどは、エピソードの長いフラッシュバックの形のレンガのように落とされます。生まれつきの愛好家のファンはおそらくそれを好きになるだろうが、それはツンデレのひよこと絶望的な男の間にあることを考慮して、ロマンスはまた平凡です。

しかし、シリーズの後半の実行は優れています。アクションは握っている、プロットのひねりはあなたを気絶させたままにし、報酬は感情的に満足している(またはあなたの好みに応じて窮屈である)。いくつかの点がありますが、終わりには解決されないキャラクターの動機があります。

それで、私はこのアニメを大喜びしています。私はすべてのキャラクターデザインが大好きです。女の子は可愛いし、男の子は暑いです。それだけで十分です。キャラクターのどれも不必要か不愉快なものではなく、ストーリーはそれらをすべてうまく利用しました。私はそれがとてもうまくいったので、私が来て見たものでさえ、すべてのプロットのねじれを愛しました。すべてのエピソードは別のものを見るために私のかゆみを残して、私は泣いたことを認めて恥ずかしいことはありません。私はまた、ロマンスがそのまま恋をしているのを愛し、私は2人の他のカップルを出荷します。私は完全にこれを見て、痛いほどの展覧会とすべて!

あなたが終わりに達するまでこれを判断しないでください。

私はいつものように毎シーズン好きなアニメのウェブサイトに行き、各アニメの第1話を見る。もし私がそれに多少取り組んでいれば、私はたいていそれに気をつけます。これが私の注意を引いた。

ストーリー アニメ、幸せな時があり、その後は厳しい時と再会、そしてもう一度幸せな時間がありますね、そういうことはありません。正直言って、それは本当に私を吹き飛ばすものではありませんでした。それはかなり典型的な設定だった。私が見たすべてのアニメーションで何十億もの時間を見てきた。そして、私を信じて、私はかなり多く見てきた。せいぜいそれは普通ではなかった。特にない。 アート
基本的にそれはあなたの典型的な良い対邪悪なアニメ、主に3人の兄弟に焦点を当てている良い男と、最初の2つの兄ははるかに面白い、3番目と若い…正直言って彼なしでできたことができます。おそらく多くのことをしたり、多くのことに影響を及ぼしたりしませんでした。本当に。あなたの典型的な良いvs悪のように

正直なところ、それはかなり平均的だった。彼らは仕事に慣れていないことは明らかです。2000年代初めの低予算基準が私には見えました。スティールがたくさんあり、戦闘でのアクションが少なく、シーンが繰り返されています。

音は キャラクター
何も本当に私の注意を引いたことはありません。音楽のどれも、私が曲を奏でたり聞いたりしていなかった。かなり繰り返します。弟、チュタロは地獄として迷惑だった。私は彼らがVAだったのであれば、彼らはVAを選んでもいい仕事をしたと思います。私が聞いた他のVAたちはうまくやった。

私はこのアニメにはアップサイドがあるかどうかはキャラクターだと思うが、チュタロは迷惑をかけていたが、TenkaとSoramaruはもっと楽しいだろう。正直言って私は彼らがもっとソラマルを育てたかったと思っていましたが、私は彼らがそれを買う余裕がないと思っていました。ソラマルが悲劇的な出来事の後に進もうとしているところで急いで急いで感じるようになったので、彼の苦しみや原因はあまり感じませんでした。正直言って、私はそれがキャラクターとはじまりが始まったと思ったが、最後のいくつかのエピソードでは、キャラクターの開発が窓から出て、ひどい典型的な話になった。私はその中で一種の失望していました。彼らには素晴らしいキャラクターがいました。

正直なところ、私はそれを楽しんでいたかったのですが、時にはあまりにも恵まれていないことが分かりました。それは時々エキサイティングでしたが、時にはそれは退屈でした。あなたの典型的なフィラーアニメのような感じでしたし、おそらくそうでした。私の意見では簡単に忘れられない、大丈夫なキャラクターのかなり平凡なアニメ。私はそれを低く6/10与える。

Donten ni Warau(笑いの下で雲)はまれな品種です。私はこれを、過去の出来事に導かれた物語に、将来のために重点を置いて伝える能力があると言っています。現時点では、兄弟の三人で起こって、彼らは犯罪率の高い結果として有罪判決を受けた犯罪者をferryingの義務があります。それは、過去から潜んでいる「オロチ」と呼ばれる悪意のある伝説を見つけ出すにつれて、彼らの懸念事項の中で最も小さいものです。私たちはそれを伝説と呼ぶべきでしょうか?300年に一度、オロチは破壊をもたらすために生まれ変わることが知られています。 ファンタジーの時代を刻むためのストーリーを手にしてください。

このシリーズは、Karakara-Kemuriによって書かれた同じ名前の漫画に基づいており、現在のタイムラインの前に別の2つのprequelsが数世紀にわたって行われています。にもかかわらず、ショーは最初にその前提を確立し、最初の紹介エピソードは、主人公がカモ族に集中することをよく知らしています。3人の兄弟は天神、ソラマル、チュタロです。彼らの人格は互いに対比していますが、どれくらい近いかを見るのは簡単です。後のイベントが彼らの役割に大きな影響を及ぼすので、彼らの関係がどのように作られているかに気づくことはかなり重要です。

バックグラウンドストーリーは、シリーズの過去およびタイムラインの現在の状況について多くを明らかにしています。それはあなたのテーマやキャラクターの要素を注入する物語の精神を感じるシリーズです。初めから、琵琶湖周辺の拠点である五国調調と呼ばれる刑務所に、有罪判決を受けた強姦犯の義務があることが容易に分かります。私たちは刑務所内で何が起きているか、兄弟たちがどのように義務を果たしているかを正確に示しています。ショーはシナリオの間を通過して、日常生活と義務を主要な紹介として示します。私が魅力的なシリーズの最初の紹介を見つけるのは、特に兄弟との関係に関して、その正直さです。いくつかの場面は時々少し愚かかもしれませんが、兄弟が本当にどれほど近くにいるかに焦点を当てることは決してありません。そういうわけで、それは、後の出来事に反映されるように、すべての人生を永遠に変える誠実な話です。そして、 “秩序”がその語彙の一部であるならば、それはより多くの刺激を与える経験になります。

ショーの最も重要な要素は簡単に文字です。成熟した天花、若々しいソラマル、幼いチュタロなど、深い時間を費やすために多大な時間を費やしています。彼らの3人はすべて、観客に彼らの性格についての洞察力を与える異なる人格を持っています。しかし、一言も言えば、ソラマルに彼の役割を最も重視したショーであることは簡単です。家族の二番目に長男であるソラマルは、毎日一緒に練習している家族の剣の一組を明らかに委託されています。その練習を通して、彼を潜在的に偉大な戦士に見えるようにすることができます。私たちは必死に彼の兄弟天国のスキルを追いかけようとしているのを見て、一連のシリーズ全体で示されている劣等感の複合体が少しあります。また、私たちはまた、兄弟天子を偶像のように崇拝する若いチュタロを持っています。まず第一に、天河は神秘的な人物であり、彼の義務は神聖であり、常に彼の弟のための保護者になる。しかし、ショーは彼自身が不思議な力によって危険にさらされる別のシナリオに移行します。あなたが気分がどれほど速く変化するかを見ると、ショー自体がどのように扱われているかは非常にうねりがあります。

他のキャラクターたちも、シラスや弟のような富マ家であろうと、物語の一環として目立つ役割を果たす。注意深く見ると、家族はこのショーで重要な役割を果たし、敬意と気高さの感覚を創造します。しかし、シリーズの中でシラスの役割を含むようなプロットの紆余曲折に気をつけてください。そして、ロマンチックな愛は明白ではないが、ショーは頭をそれからも遠ざけるためには恥ずかしがり屋ではない。個人的な物語の形式から、平井とボタンは、フラッシュバックと創造的にデュオに専念するエピソードを介して創造的に伝えられたつながりを持っています。このショーは、評判、家族の絆、愛のどちらかに基づいて構築されていることを理解するには、天才的ではありません。それはシリーズが本当に強力な感情で輝いている場所です。

超自然的な幻想として、自然の法則を破る要素で予期せぬことを期待してください。最も顕著な例は、世界を破壊する可能性のある強力な神、秩序です。その他には、才能に精通したボタンの重要な役割も含まれます。そのシリーズに存在する他の精神や存在は、坐禅などの一般的な民間の生き物です。多くの独創性を示していないが、このシリーズでは、ほとんどすべての可能性を展示している。アクションシーンは、ファンタジージャンルのしっかりした基盤とよく調和しています。私はまた、プロットの紆余曲折がその大きなストーリープロットの役割を果たしているときに、ファンタジー要素と混じったミステリーの一部がサスペンスになることを見出します。創造的なキャラクターと詳細な物語でそれ自身を飾るショーはまれな品種であり、このアニメはそれに見知らぬ人ではありません。

ほとんどの部分のアートワークは繊細であり、この幻想的な物語を生き生きとさせるのに十分なほど飾られています。私は、特に視覚的に焦点を合わせて集中している、より誠実なシナリオのいくつかについて賞賛します。これは、穏やかなフラッシュバックのシーンだけでなく、感情的な劇の瞬間に適用されます。別の顕著な要因は、女性にとっては心地よいかもしれないキャラクターのデザインです。男性キャラクターのほとんどは、いくつかの美人の特徴を持っています。ショーのより暗い側面に合うように、オーディは真に怪物に見えるように設計されています。最後に、景観や目立つ琵琶湖など自然の特徴が豊富な設定です。

たいていの場合、サウンドトラックは強力なものだとは言えません。ほとんどの場合、ちょうどそこにいるようです。しかし、サウンドトラックの2つの顕著な特徴は、自分の感情を伝えるキャラクターの音声表現です。これは、兄弟が自分の生活の中で苦しい時を過ごすとき、後で明白に示されます。もう一つの特徴は、ディテールとコーディネートが素晴らしいOPとEDの曲です。OSTはほとんどのパーツでは同じですが、アートワークはこの部門よりも明るいです。私はいくつかのエピソードに特に重要なシーンのための映画的な感覚をほとんど与えるので、アクションのためのサウンドトラックのいくつかに賞賛を与える。

簡単に言えば、このショーは、過去からの出来事が現在のストーリーテリングに浸透している共鳴するサガです。カラフルなキャラクターのキャストで、それは彼らの役割のために記憶される存在です。すべての種類の気持ちは、話されていないだけでなく、観客があたかも彼ら自身のように感じさせるように示されている、ストーリー全体を通じて購入されています。いくつかの予測可能な結果にもかかわらず、話は魅力的な対話とバランスの取れたコメディーを前提に正直なままです。このショーは、投資すべきあらゆる時間を登録する弱者です。

神々の悪戯 海外レビュー

 あらすじ

神話の世界において、一つの問題が起きていた。それは「神々の中に、人間嫌いの問題児がいるらしい」ということ。これを重く見たゼウスら神々の代表は人間を真似て「箱庭」と呼ばれる学校を作り、希薄がちだった「神と人間のつながり」をもう一度認識してもらうことにした。学校には日本神話・ギリシア神話・北欧神話・エジプト神話に登場する神に交じって、ただ一人の人間の女の子が在籍していた。彼女の名は草薙結衣。ゼウスによって神々に「人間とは、そして愛とは」を教える目的で召還されたのであった。ゼウスは神々の力を封じた上で「就学期間の1年以内に、神々が人間について理解することができなければ、結衣も含めて全員が箱庭に閉じ込められることになる」と言う。 こうして神様達と草薙結衣の新たな学園生活が始まった。
2014年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

thumb_3175cdce-4767-4ca7-a6c9-aeaae58e735c

✳以下myanimelistからのレビューになります

このアニメは毎週熱望していた美しいアニメでした。芸術はすばらしい色と美しいデザインで素晴らしく、声優はとても良かったです。私はキャラクターの発展と各キャラクターの衣装が大好きでした。このアニメは非常にリバース・ハーレムです。あなたがそれらを気に入らなければ、このアニメを見るべきではないかもしれませんが、興味深いストーリーラインに驚かされるかもしれません。私はこのアニメがオットータイプのゲームに基づいていると信じています。私がゲームをプレイしていない間は、私はアニメが大好きです。このアニメには親切で思いやりのある主人公がいて、助けを求めて最善を尽くすように努力しています。主人公は、異文化に由来する神々に囲まれています。このアニメはとても楽しく、笑ってくれました。私は特に、各エピソードの終わりに小さなショーツを愛していました。

私は2つのことを知っているこのアニメに行きました、逆のハーレムと神々。私は、神と神話、おそらくギリシア神話を持つアニメが大好きです。上上のアソビは私を失望させませんでした。

ストーリー〜プロットはとてもシンプルでした。 8人の神と人間はゼウスによってアカデミーに閉じ込められ、人間の愛と感情を学ぶまで離れることはできません。それから、それぞれの神についてのエピソードと、いくつかのグループエピソードがありました。私は2つの終わりのエピソードが一種の強制的な、そして不要なものだと思う。

アート〜このショーは鮮やかな色と映像でいっぱいでした。すべてのキャラクターがスクリーンから飛び出して見えました。オープニングとエンドソングの芸術は本当にアニメの感動を捉えました。結末自体は素晴らしかったです。他の「生徒」が突っ込んだように、それぞれの神の歌を示す。

サウンド〜音楽はあまり記憶に残っていませんでした。オープニングは明るく、ショーはさらに明るくなった。オープニングもエンディングもとても興味深いものでした。声優は本当に楽しいものでした。それぞれの声は、キャラクターの姿勢に完全に一致した。

キャラクター〜キャラクターは少し問題がありました。 8人の神と1人の女の子がいれば、それは良い逆転したハーレムになるかもしれないと感じました。あまりにも多くないし小さすぎるようには見えなかったが、2人のキャラクターを投げ捨てる。 ThorとDionysusはちょうど切り取られているようだった。 Dee-Deeがワインを愛し、幸せな態度をとっていることから、彼が愛の関心事としてYuiを見るのは良いことだったと思います。彼が酔っていたときにエピソードを持つことは素晴らしいことでした。 Thorは「強く静かな」タイプでした。彼らはちょうど浪費されたほどの可能性を持っていました。

楽しさ〜私は本当にこのショーが大好きでした。それは私に多くの笑いをさせた、エピソード10は私の好みだった。私はちょうど終わりのエピソードと無駄な可能性を好まなかった。

ストーリー:9
プロットは非常によく考えられていた。一度は、物事を起こさせようとしていたような気がしませんでした。プロットは理にかなっていました。興味深く、複雑で、従うのは簡単でした。唯一のことは、主人公と出会った実際のロマンチックな関係がなかったという事実でした。それは私自身の好みですが、関係がないという事実は実際にプロットに完全に合っています。

アート:10
芸術は素晴らしかったです。景色は美しく描かれていて、キャラクターはそれぞれ独特の表情をしていて、見て魅力的でした(特に神々、私は自分自身でそう言えば、彼らは暖かいです)。

サウンド:9
彼らが鳴る方法に特に問題はありません。 Melissaを除いて、みんなの声が一致しました。私がそれに9を与えた理由は、ダビングされたことが欲しいからです。 (私を傷つけないでください)

キャラクター:8
キャラクターはよく考えられていた。それぞれには独自の人格だけでなく、自分自身の問題もあり、わかりやすくなりました。私はトートとゼウスをもっと理解したかったでしょう。また、アヌビスの多くは見て面白かったでしょう。

全体的に、私は本当にこのアニメを楽しんだ。私は誰にでもそれをお勧めします。ファンタジーが好きな人は、特にこれが好きです。

10/10私は誰にでもこのことをお勧めしますが、あなたが下敷きを見たことに慣れていなければ、あなたが従うのは難しいかもしれません。

機巧少女は傷つかない 海外レビュー

 あらすじ

魔術によって人形に生命を吹き込み操る、機巧魔術を扱う人形使いが存在する世界。機巧文明が隆盛を誇りながら世界大戦の影が見え隠れする20世紀初頭、人形使いの頂点――〈魔王〉を決める戦いである〈夜会〉が四年に一度の魔蝕の年に開かれていた。

大英帝国にある機巧都市リヴァプールの『ヴァルプルギス王立学院』で開催される夜会に参加するため、人形使いの少年・赤羽雷真は日本から留学してくる。しかし、稀代の人形師・花柳齋の真作である自動人形・夜々を引き連れ、ヴァルプルギス王立学院の門を叩いた雷真の本当の目的は、〈魔王〉の称号を手に入れることではなく、不世出の天才にして一族を皆殺しにした赤羽天全に復讐することだった。

ちらつく世界大戦の影、そして、神性機巧(マシンドール)を巡る陰謀に巻き込まれながら、雷真は復讐を果たすため夜々とともに〈夜会〉に身を投じていく。編入直後は、劣悪な成績から嘲笑された雷真だったが、他の学生とは一線を画す機巧戦闘の才能と、他人のために命を懸けられる真っ直ぐな心根で、徐々に理解者を増やしていく。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

a138061

✳以下myanimelistからのレビューになります

だから、今日はこの番組を終えたばかりです。ショーの各側面について皆さん(そして女の子たち)に評価を与えて、その後、私は全体的なレビューを下に出すつもりです。

ストーリー:8
ストーリーはかなり魅力的で、いつも次に何が起こるのだろうと思っていました。主人公の目標、レイシンは、パートナーヤヤと一緒に戦っていました。それぞれのエピソードには何らかの意味があり、将来のエピソードにつながるような予兆があるため、フィラーエピソードは実際にはありませんでした。また、たくさんのアクションがあり、戦闘シーンは非常にうまくいっていて、 ライシンの能力は非常によく描かれていました。

アート:9
ここではあまり言いませんが、私はショーの芸術を愛しました。それは非常に新しく洗練されたように見えましたが、色はとても良かったですが、唯一の問題は時には少し幻想的なドラゴン「Sigmund」の「3D」外観ですが、大きな問題ではありませんでした。非常に良い、期待よりも良い、非常に新しい見えた。

サウンド:8
このショーでは素晴らしいサウンドが得られました。それはそれがそれぞれの人形/キャラクターのためにそれ自身の効果を持っていて、ショーとキャラクターに本当にユニークな感じを与えました。時には、多くのことが起こっている最少の音があったところで戦う部分があるかもしれませんが、通常の場面での通常の音とともに、他の戦闘シーンでは多くの他の戦闘音で構成されました。

キャラクター:8
主にすべてのキャラクターが非常によく発達していて、それぞれのキャラクターは彼らが本当に誰だったかを示す独自の感覚を持っていました。Charl、Frey、Henri、Yaya、Raishinのような主人公のすべてにバックストーリーがたくさんあります。私の唯一の不満は、彼の背景がプロットにかなり影響を及ぼしているにもかかわらず、数回にわたって起こるこの1つの特定のシーン以外のことをもっと見ていなければならないということです。しかし、それはまだ彼の性格を非常によく発達させたので、大したことではありません。私は誰のためにもその経験を台無しにしたり台無しにしたりする危険がありませんので、各キャラクターについて詳しく説明しません。しかし、私はそれが戦いの間ではない時間の良い量の誰かのロマンス/ハーレムのような側面だと言うことができます。それは、

楽しさ:8
すべてのエピソードを見て楽しんだ。フィラーはありませんでしたので、少なくとも次のエピソードで何か起こったことが最終的に起こるという安心感で各エピソードを見ることができます。私は本当にすべてのキャラクター、特にヤヤを大好きでした。そして、彼らはショーをもっと楽しく、より多くのアクションを詰め込んでいます。

全体:8
全体的に見て、このショーは見て非常に楽しいショーでした。すべてのエピソードはプロットに何らかの意味を持っていましたが、いつも面白い瞬間がたくさんありましたが、アクションやより深刻な場面への移行方法はかなり分かっていました。それは私が見た他のショーとはかなり違っていたので、ショーは本当に私には目立っていました。私は各キャラクターがお互いにやりとりするのを見て大好きでした。いくつかの嫉妬深い、いくつかのツェンデール、すべてのプロットと開発。結局のところ、私は本当に素晴らしいショーのために一緒に来て、私は本当にシーズン2になることを願っています。ファンタスティックなショー、私はあなたがいる場合はそれを見てお勧めします:強力なメインキャラクター(OPではない)、ロマンス/ (物語の主な内容ではなく、かなり頻繁に出てくるものではありません)、ユニークなキャラクターの全部、コメディーなどがあります。

**私のレビューを読んでいただきありがとうございます、私は何かができたことがあれば教えてください、これは私の最初のレビューです!

私は慈悲深く寛容な男ですが、私は単に立つことができない3つのことがあります…

に反対する人々の周りに私を命じる人、そして…
詳細な説明が必要な複雑なプロット!

ストーリー:5
主人公、レイシンは、家族の復讐を求めて、一族を抹殺した人を殺害しようとしています。彼は仲間の困った学生を助けるために、ある種の学校や冒険の学校に入ると、彼に加わります。

このストーリーの問題は、特定のプロットの穴を説明するのに役立つかのいずれかの細かい細部を省いたことです(Yayaががあった理由 彼女の目に見えない部分を消す)やLokiやFrey arcのような複雑な弧 シェールのアークとロキとフライの両方は、完全に説明されておらず、ライシンがなぜ助けていたのか私には分かりませんでした。シリーズのペースも速く、2〜3分の時間枠は決して正しく表示されませんでした。知識の欠如と相まって、このストーリーが電車の難破船に導かれました。

アート:8
芸術はとても良かったです。風景は素敵なキャラクターのデザインと見えました。私は彼らが左右に直面したときにキャラクターがどのように見えるかを愛しました。このシリーズのCGを使用することで、特定のアクションシーンを除いてほぼすべてのアニメーションをスムーズに行うことができました(これはArs NovaがCGで行ったことの反対です)

アクションシーンは悪くありませんでしたが、キャラクターの動きやアニメーションが他の部分と同様に見えなかった時がありました。あるシーンがYayaとCheribumを壮大に見せていたように、Lokiとの戦いの例が、他のシーンは非常に混乱していました。彼らが戦闘シーンを減速させ、戦闘シーンを示すときに多くの異なる角度を使用しなかった場合、この問題は解決されるだろう。

サウンド:10+
アニカ、OPは、シリーズのための素晴らしいセットアップです。この曲はとても柔らかいスタートを持ち、メタルギターリフにつながります。ほとんどの人形は機械のようなものなので、人形が互いを戦うために人形を使う場所をもっと助けることができます。EDは秋の季節から来る最高のED、Mawareです!節月。私は伝統的なアジアのテーマ曲のために柔らかい場所があるからかもしれませんが、この曲は非常にキャッチーなビートで陽気です。ED単独では、このシリーズは10音で授与されました。

バックグラウンドミュージックは気分に合うようにそこにいた、不平はなかった。

キャラクター:9
このアニメが輝く場所は文字の中にあります。すべてのキャラクターは素晴らしいと同時に面白い人物を持っていました。私が物語から得た数少ない事の一つは、それぞれの人物が彼らを思い出深いものにするのに十分な歴史でした。いくつかの最高の文字が含まれています。ヤヤ、コメディアン・ヤンデレ、ロキ、3つ以上のことを嫌うライバル、フライ、小さな人格を持つ少女、大きなブレアのセット…私は停止します。これらのキャラクターは非常にユーモアがあり、見て楽しかったです。

キャラクター開発はどうですか?私がシリーズで気づいたことはありませんが、FreyとLokiについては少量かもしれませんが、主人公は関与していません。これは問題ですか?私は別の質問で答えるでしょう。RaishinとYayaは最初から驚くべきキャラクターであることを祝福され、キャラクターの開発は必要ありません。

楽しさ:6
音とキャラクターは素晴らしかったが、そのストーリーは私には全く知らなかったので、深刻なシーンや大部分のアクションシーンでは私は部分的に退屈だった。

また、ヤイヤに関わるライシンの力は何でしたか?彼らはすべて異なった狂気だったのでしょうか、またはヤヤに関わるさまざまな能力が許されましたか?私は彼らがそれを説明したことを望みます、それは戦いの場面で混乱を少なくしました。多く使用されている能力を知らないことは、素晴らしい戦いの場面にはなりません。

全体:7
このアニメは私の頭にEDのコーラスが言ったことをしました、maware(Spin)。このような偉大なサウンドと芸術、偉大なキャラクターであっても、このシリーズは他のすべてのものを楽しむためにあまりにも貧弱なものでした。偉大なシーズン2にはうれしい。

あなたは誰かを最高にすることが分かっていますか?王冠を身に着け、自分自身を「王」と呼んでも、誰かを最善にすることはできません。そうではありません。誰かを最善にするのは、勤勉、決意、技能、知性、勇気をもって全世界の前で自分自身を証明し、仲間から尊敬を得ることです。ランク#1235では、Rashin Akabaneは最高のものから遠く離れています。実際には、彼は秋のアウトの最下点に近づいています。しかし、彼にとっては、「Wiseman」というタイトルを得るよりも、彼が望むものは何もありません。そのような偽りのタイトルは王のものに相当し、人形劇の究極の目標です。

Machine-Doll wa Kizutsukanai(aka Unbreakable Machine Dolls)は、Kaito Reijiが作った同じ名前のLight novelを元にしたアニメーションシリーズです。このシリーズは、20世紀初頭に産業界のような世界で行われます。しかし、大砲や火薬を生産するのではなく、マジナート(Machinart)と呼ばれる力の出現があります。シリーズは、Rashinと彼のオートマトンYayaに続き、彼らは耐久力と復讐の両方の旅に行きます。

吉本欽司は、以前はQuee ns BladeやDog Daysのようなファンタジーテーマシリーズでの経験を持っていました。ここでは、魔法や科学のテーマを形作るファンタジーテーマシリーズを担当しています。最初の印象では、このショーがトーナメントで典型的なファンタジー/バトル・ショーネンスタイルになり、自分の価値を証明することは容易に分かります。ショー自体がそのように描写されているので、あなたがそう考えると間違っているわけではありません。しかし、RashinがWisemanになるための主な動機は単なる最高のものではありません。彼は彼の悲劇的な幼年期のために復讐の探求にもいる。

孤児として成長し、Rashinは勇敢で熱心な若者として最もよく描写される。彼はWalpurgis Machinart Academyに加わり、自分自身の名前を作るだけでなく、家族の殺人事件の背後にある原因を見つけることもできます。ラシンも反英雄としての役割を果たしているので、さまざまな機会にミステリーゾーンに出くわす。彼の仲間はすべて、愛らしい、オートマトンのヤヤです。ほとんどのオートマトンとは異なり、ヤヤはさまざまな形で人間のように見えます。これは、彼の幼年期が彼女と著しく似ているラシンの過去のためであると思われます。

ヤヤは、戦争の武器であるオートマトンの役割を描いていますが、意外にも多くの人間の感情を示しています。これは、通常、強迫性に絡むラシンに対する彼女の積極的な行動によって証明される。ヤヤにとって、ラシンは存在のための存在理由です。シリーズ全体を通して、ラシンの気持ちが本物であることが示されています。彼の人生が危険にさらされるときはいつでも、ヤヤは自分の安全を無視して危険の最前線に突入するだろう。もちろん、これは相手がポーズをとる脅威のためにいつもうまく終わるとは限りません。そして、通常の人間として、ラシンは彼の方法を働かなければならない。Lokiのようなシリーズの他のキャラクターとは違って、彼は失敗しても自然な天才を上回ることができることを他者に証明しなければならない。これは、私たちが彼の苦闘を目の当たりにしているとき、自分自身を不満の尺度にしています。多くの場合、彼はヤヤの人形やアカデミーの学生としても価値があるならば、自分自身に疑問を投げかけます。彼は間違いを繰り返さず、パートナーにふさわしい熟練者になることを望んでいます。そしてRashinはプロットアーマーを持つ典型的なGary Stuのキャラクターではないので、彼は無敵でもスーパーマンでもありません。

デュオの一見良い関係にもかかわらず、それらの間にはさまざまな問題があります。Yayaは、過度に強迫観念的な性格を果たしているため、これのほとんどはコミック形式で表されています。技術的にはヤンデレではありませんが、女の子がラシンと接触しても、彼女は嫉妬に満ちています。年齢や外見にかかわらず、Yayaは単にRashinが異性の別のメンバーと知り合うようになることはできません。このシリーズの一見欠点は、彼女が片思いでラシンを愛していることから、ヤヤは本当の性格を欠いていることを示しています。後者は彼女の愛情を嫌悪感で扱い、まれにしか進歩を許さない。

魔法と技術のテーマは、探求されている顕著な側面です。Machinartの背後にあるメカニックは時々探索されますが、一部の部分は未開発の領域に残ります。しかし、このシリーズでは、他の人形劇を実際に紹介しています。これらの中には、2年目のシャーロット・ベロー、不器用なフライ、天才のロキ、そして神秘的なマグナスが含まれます。シリーズを通して、それぞれは様々なスキルレベルで人形劇の能力を実証します。彼らの大部分はなぜ彼らがアカデミーにいるのかについての何らかの目的を持っているようだが、他の人は真の動機がない。その物語の頂点で、私たちは、人形の1人を対象とした恐ろしい脅威に動機付けられたイベントを目撃します。謎はこのショーのジャンルではありませんが、アカデミーが殺人の事件に触れる疑いで固められる時が来る。赤ちゃんが関わる基準が間違った鉛と容疑者との戦いに出てくるので、見るのが面白くなります。視聴者がストーリーの動きに耽ることができるようになるかもしれないと思うかもしれないほど予測できません。

残念なことに、シリーズのストーリーペーシングは、典型的には急いで見える様々な機会に特有の感じをします。Rashinを含むキャストを含むキャラクター化の欠如があります。彼の過去は、様々な場面で簡単に目を通していますが、詳しいことはめったにありません。シャーロットのようなサポートキャラクターは、過去の解き放たれたものが増えていますが、ラシンの背景は漠然としており、復讐の動機に過ぎません。したがって、このシリーズではキャラクタライゼーションは少し浅いと感じます。主要な支持キャラクターのほとんどはいくつかの脚光を浴びるだけですが、他のものは、一定の謝罪や栄養失調のようなジェネリックで着色されています。彼らはシャーロット、フライ、ヤヤのような人物がいない。さらに、特定のエピソードに紹介されているキャラクターもあり、深みはそれほどありません。ワン・コー・ショーであることから、文字の開発は様々な程度で苦しんでいます。それらのほとんどをほとんど強調していない。ブリーダーエピソード(温泉、ビーチなど)を回避するシリーズですが、外れているようなファンサービスがあります。彼女は愛情と彼の “妻”のように行動しようとRashinをシャワーとして、Yayaはこれの中心的な役割を果たす。結果は通常、受信側の叱責ではなく、どちらの当事者も満足を得ることができません。ラシンは、愛のような同情のアイデアを気にするという目標にあまりにも集中している人のひとりです。実際に、このシリーズのロマンスはブレンドされ、中空です。ロマンス地域での開発はまったく期待しないでください。これは、プリンセスを救おうとしている英雄のラブストーリーではありません。場所がはずれているようなファンサービスがあります。彼女は愛情と彼の “妻”のように行動しようとRashinをシャワーとして、Yayaはこれの中心的な役割を果たす。結果は通常、受信側の叱責ではなく、どちらの当事者も満足を得ることができません。ラシンは、愛のような同情のアイデアを気にするという目標にあまりにも集中している人のひとりです。実際に、このシリーズのロマンスはブレンドされ、中空です。ロマンス地域での開発はまったく期待しないでください。これは、プリンセスを救おうとしている英雄のラブストーリーではありません。場所がはずれているようなファンサービスがあります。彼女は愛情と彼の “妻”のように行動しようとRashinをシャワーとして、Yayaはこれの中心的な役割を果たす。結果は通常、受信側の叱責ではなく、どちらの当事者も満足を得ることができません。ラシンは、愛のような同情のアイデアを気にするという目標にあまりにも集中している人のひとりです。実際に、このシリーズのロマンスはブレンドされ、中空です。ロマンス地域での開発はまったく期待しないでください。これは、プリンセスを救おうとしている英雄のラブストーリーではありません。ラシンは、愛のような同情のアイデアを気にするという目標にあまりにも集中している人のひとりです。実際に、このシリーズのロマンスはブレンドされ、中空です。ロマンス地域での開発はまったく期待しないでください。これは、プリンセスを救おうとしている英雄のラブストーリーではありません。ラシンは、愛のような同情のアイデアを気にするという目標にあまりにも集中している人のひとりです。実際に、このシリーズのロマンスはブレンドされ、中空です。ロマンス地域での開発はまったく期待しないでください。これは、プリンセスを救おうとしている英雄のラブストーリーではありません。

このシリーズのアートスタイルは独特です。その豪華な明るさと機械的な着色のために慣れるには少し時間がかかるかもしれません。シリーズのほとんどのキャラクターは、特にYayaとCharlotteの一般的なキャラクターです。ShoukoやFreyのような他のキャラクターは、より多くの裂け目を明らかにする。ありがたいことに、ほとんどのオートマトンには多様性があります。それらのどれも類似していると思われるのではなく、目に見えるユニークな外観を放つ。しかし、CGIや特殊効果を使用することで、アクションシーンが宇宙から外れてしまうことがあります。一方、背景は、古い英語の表情を放つスタイリッシュなアーキテクチャで、その時代の背景にうってつけです。

賢明なサウンドトラックは、シリーズは許容され、時には他のものの上に際立っています。しかし、キャラクターとしての声優や女優の役割の一部は、耐え忍ぶために少しイライラする可能性があります。ヤヤさんのVA原田仁美さんの役目はうまくいきますが、彼女の強迫観念には苦労しています。声のようなシャーロットのツンデレは、他のキャラクターのトーンのほとんどが目立たない間に、イライラすることもあります。OSTは、ペーシングに満足し、そのトーン、特にアクションシーンによくマッチします。OP曲とED曲はそのテーマをよく伝えます。もっと目立つのはEDソングですが、それはキャッチーなトーン「Maware、Maware、Maware」で注目を集めています。

このシリーズはミックスの中で奇妙なボールのように見えるかもしれませんが、それは時々一緒に握ることができます。しかし、深刻なキャラクターの発展や進行の線形プロットは期待しないでください。ショーはアークでそれ自体を設定しますが、友情、ロマンス、またはその他の重要な道徳性のテーマをほとんど強調することなく、プロットポイントにのみ焦点を当てています。エピソードのペーシングもあるため、少し物語が急いでいるようです。ショーを楽しむ方法は、彼が復讐のための彼の探求かWisemanになることの目標であろうと、おそらくRashinの動機に焦点を当てることです。それは、メカニックと設定との技術的側面において、その前提をうまく描いている。しかし、トーナメント自体はこのショーの重要な要素ではありません。これは、ファンサービスシーンや無意味な対話でクリシェを引き出す機会に義務付けられているからです。それが喜劇として設計されていた場合、このショーはすごくうまくいくでしょう。しかし、それは深刻なプロットを持っているので、あまり理由がありません。Unbreakable Machine Dollsがほとんど作られている方法は、皆のために異なる印象を残します。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 海外レビュー

 あらすじ

地方の小都市・流川市に住む女子高生・宇佐美奈々子は市役所に勤務する叔父に懇願され、町おこしを目的とした動物園でのステージショーに出ることとなった。そこで出会った高校の先輩、小日向縁もステージに出演するという。縁のアドバイスもあって無事にステージをやり遂げた奈々子は、これをきっかけに縁とコンビで流川市をPRするローカルアイドル(ロコドル)「流川ガールズ」としてイベントやケーブルテレビへの出演などの活動をこなし、市民の血税から生まれた報酬(時給1000円)を得るようになる。
着ぐるみの作成が遅れていたゆるキャラ「魚心くん」と中の人を担当する三ケ月ゆい(起案そのものはロコドルと同期)と、叔父の部下である西深井沙織がマネージャーとして加わり、プロジェクトは本格化する。
2014年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

_SL1500_

✳以下myanimelistからのレビューになります

一度、このアニメを見ている私の友人は、アイドルアニメではないと私に言ったので、それをラブライブなどと比較することはできません。でも、アイドルのテーマはまだまだスティックなので、 。

最初にこのアニメについて聞いたとき、私は自分自身のことを考えました、これは別の「素晴らしいアイドルアニメ」になるのでしょうか?さて、それがどうなるか見てみましょうか?

ロコドールは、ナナコとユカリの2人を、「長瀬川女子」の名の下、「ロコドール」や地元のアイドル、マスコットのキャラクター「ユイとミライ」の2人を抱えています。

この基本的な話は、 市議会で働いている彼女の叔父による「ロコドル」仕事。彼女は初めて一緒に演奏する前に、ゆかりと会った。その後、ペアの生活を続け、より多くの新しいキャラクターに会い、不気味な瞬間を経験する。ストーリーは、誰かまたはグループにストーリーに沿った進歩をもたらす典型的なストーリーデバイスであるため、まったく特別ではありません。それゆえ、英語のタイトル「普通の高校女の子はロコドールであることを試みた」。

物語には偶像産業の偽善者は見当たらないが、それは偶像の屠殺を伴わないリラックスした物語が大好きなからだ。

さて、私は前にロコドールを聞いたことはありませんでした。これは物語の独特なものです。どうやら、別の都市からも、他のロコドールもあります。彼らは自らの都市を促進し、住民に精神をもたらすのに役立ちます。私は考えが面白いと思うが、もっとロコドルの行動を見るのが好きだ。

物語は非常に甘い結論で終わり、後ろに大きな穴が残らない。

キャラクターは、私が他のキャラクターと非常に似ているという異なる性格を持っています。ナナコはかなり悲観論者で、彼女の負担を心配しています。ゆかりは完璧な人のようですが、時には不器用になることがあります。ユイは典型的な小さなキャラクターですが、彼女の重いマスコットコスチュームで面白い行為をすることができます。ミライは恥ずかしがり屋ですが、まだ社交的です。

物語を通して、菜々子とゆかりは自分自身についてもっと学び、素敵な展開をしています。彼らはより多くの新しい人々に会い、彼らは彼ら自身の将来の出来事で彼らを支援する。結局、町全体がこれらのロコドールを崇拝する。

それにもかかわらず、すべてのキャラクターは非常にかわいいです、特にNanakoの ‘nanyako’吃音。

芸術はかなりいいです。景色は豪華に見え、私は色の選択が大好きです。それはそれが素敵なタッチを与える多くのシーンで描かれたように少し感じました。キャラクターのデザインはかわいいですし、顔の表情は漫画の救済のために誇張することができます。私はかわいいと思ういくつかのちびデザインがあります。

ほとんどの場合、ロコドールが行う雰囲気はかなり活発です。それは非常に大きなコンサートではないかもしれないが、住民のための小規模のコンサートのほうが多い。彼らが着ている衣装は素晴らしく、ダンスアニメーションはスムーズでクールです。

たくさんの曲を持っていなくても、品質は良いです。長唄川女の子が歌い上げたオープニングとエンディングの曲は、アニメとある程度の関係があり、彼らは良い歌声を持っています。彼らは他の素晴らしいアニノンほど有名ではないかもしれませんが、独自の基準を持っています。バックグラウンドミュージックは素晴らしく朗らかです。彼らの感情をうまく表現する声優も素晴らしいです。いくつかの有名な声優、特にゆかりとみらい、いくつかのサポートキャラクターと他のロコドールがあります。

私は簡単な物語にもかかわらず、私はこのアニメを楽しむことを認めます。それは有名なアニメではないかもしれませんが、それはまだ楽しむのに最適です。

このアニメのMyAnimeListのアニメのおすすめをすばやく見て、Love Live、Wake Up Girls、Idolmasterのような他のアイドルアニメを見る。正直なところ、このアニメは他のアニメとは異なる立場にあります。これらの他のアニメにはグループがあり、このアニメにはペアがあります。進行に向けた同様のルートをたどっているかもしれないが、彼らは異なる経験に遭遇する。だから、あなたが特定のグループのすべてのグループメンバーを覚えていないそれらの人の一人なら、私はこのアニメがあなたの最初のものになると思います。

ALの最初のレビュー(いくつかのアニメレビューのブログ記事がありますが)。
注:スコアは元のスコアに1を加算することでMALスケールに調整されます。

まず第一に、これはあなたが見ている通常のアイドルアニメではありません。Love Live、The iDOLM @ STERなどのショーのようなものではなく、驚くべきことに、このタイトルの「ふつう」は、あなたのステレオタイプのアイドルアニメを避けるためのものです。
しかし一方で、それはまた、このアニメがあなたの通常のスライス・オブ・ライフアニメにもっと近いことを意味します。

このアニメの最も重要な特徴は、多くの点で「理想化」されていないことです。それは、ロコドルズの平凡な作品を描いてい ます。

Nagarekawa:日本の静かで平和なカントリータウン。そこには遊園地の観光客を誘致する観光スポットはありませんが、公共のプールがあります。そこで、長谷川市役所は、小西湯里と宇佐美南谷を紹介することで、市を宣伝することにしました。こうして、Nagarekawaの女の子は2人の女の子と一緒に生まれました。彼らの目標は?ナレアカワ市を宣伝!

このシリーズの物語はそれほど面白いことではありませんが、テレビで紹介されるためにナショナル・テレビでナガレカワを宣伝したり、コンテストに参加しようとしているロコドールの4人の主要な女の子です。彼らはfanserviceを持っていますが、それほど多くはありません、もっと 私はまた、一定したコメディと良い瞬間がこれを完全に果たしていることを期待しています。だから私は同様に10

のうち7を与えるかもしれないシリーズ全体のアニメーションは、遅れたり、奇妙なアニメーションや奇妙なアニメーションではなく、背景画像があまりにも飽和されていない、文字のデザインはかなり素敵で魅力的だった。もう一度、スタジオ・フィールは、キャラクターのヘア・グラデーションを見ることができるので、これを担当しています。率は8/10

音は大声で、幼稚な、または退屈ではなく、とても魅力的でした。OPとEDは上手く、このシリーズの声優はあまりにも悪くない、まともです。7/10

私が好きなキャラクターのほとんどは、そのような彼女の名前と彼女の空気の頭のために彼女の台無しにしている行為と宇佐美なな子です。7/10

全体的にはシリーズには驚異的なものは何もありませんが、私はそれを見て楽しんでいます。私はこれが、あなたの意志に反して笑顔にあなたの唇をつまむようにするキャラクターと相互作用で満たされたカジュアルな経験として終わったと思います。また、それはかなりリラックスして落ち着いています。それで私は8/10に

全体的な8/10を与えます

桜trick 海外レビュー

 あらすじ

主人公・高山春香と園田優は、美里西高等学校第62期生として入学する。しかしそこは3年後に東高等学校と合併し廃校となる。そしてクラスメイトの野田コトネ・南しずく・池野楓・飯塚ゆずと友達になる。
2014年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

main_2

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

女の子についての精神的なアニメ

あなたが女の子を見ているのが好きなら、あなたは確かに正しいアニメに来た。
それ以上のことはありますか?ちょっと。それは本当に重要ですか?私の謙虚な意見では、そうではありません。

ファンサービスを無視して、実際のかわいいレズビアンのショーを手に入れよう

私は4人から5人の星の間にいたが、ファンサービスは非常に不愉快だったので、私はまだキャラクター、彼らの関係の甘さ、そして様々なキャストメンバー間の友情の相互関係に引き込まれていた。
まず、本当に疑問はありません。ショーは2人の主人公を関係に置きます。このHibike Euphoniumではなく、それが強く示唆されていますが、明示的に述べられていません。
第二に、ショーには私が精神的に “レズビアンアズマンガ大王”というラベルを付けるようなユーモアがあります。
このショーを見ている奇妙な女性として、私はファンサービスの最初のblehhhを過ぎていたら、私はうれしく驚いた。スライスオブライフオブ・ユリ/クィアアニメが好きなら、間違いなく時計の価値があります。

このようなかわいいアニメと純粋な

このアニメは最初のキスから最後まで愛されました!私はそれが正しい方法で終わったと思うし、誰でもそれを見て、同意するだろう!私はそれの多くの要素を愛しましたが、キャラクターとその関係の全体的なかわいい謎は最高でした!!! ^ _ ^

ゆりジャンルの視点の良い変化

私はこのショーがどんな良いものか、まったく別のソフトコアのヘンタイになるか分からなかったが、驚くことにそれは良いキャラクターがいて、私は実際にそれが発展するにつれてロマンスを感じた。プロットの方法ではあまりありませんが、ポルノ以外の光でユリのジャンルを示す素晴らしい仕事をしました。

私はもともと考えました。

サクラトリックは、恋人になる2人の非常に親しい友人の話です。過去にはあまり珍しいことではありませんが、ゲイとして認識されることを心配していないので、女性はそれほど親密な友情を持つことは珍しいことではありません。これは特に、日本の場合、子供時代と十代の少女がほぼロマンチックなパートナーではない友人を持つことは珍しいことではありません。
遥とあなたはそんな関係にありますが、彼らが本当にレズビアンなので、物事はちょっと混乱し始めます。ショーの原動力は…まあ、シーンにキスしていますが、それを超えています。彼らの二人は、彼らの友情はまったく正常なものではないことを知っていますが、実際にはどんな関係も実際には理解していません。
このショーにはかなりのファンサービスがありますが(期待したほどではありませんが)、それはまた本当に甘く、しばしばかなり面白いです。あなたがかわいい女の子のファンであり、決して追われていないユリの陰謀に疲れているなら(私はあなた、アリアを見ています)、このショーを強く勧めます。

バタフライフィールズ、あなたがいつも望んでいたユーリ

私は通常、アニメのこれらのタイプのほとんどは非常に最小限のロマンチックなシーンで上の視聴者を導き、その非常に難しいが、良いユーリシリーズを見つけることがあることを理解- しかし桜Trickは、これらのかわいいシーンの十分以上のものを提供します。
10/10このショーはあなたに蝶を与えます、私は約束します

それは受け入れられた…

私は高い期待を持っていましたが、大丈夫でしたが、それはまさにロマンスではありませんでした。愛は注意のために行われ、ストーリーはとても光沢が欠けています。私は年上の妹が、彼女が最後にやったやり方のための私の最も好きな性格になっているとわかります、そして、ゆうと春香の関係は、すべてに欠けているようです。

これは傑作です

このアニメのすべては壮大です。これは本当の愛と愛情の触発物語です。キャラクターは途中で発展する。私は半分しか方法ではなく、これは私の上位5リストを作った。素晴らしい音楽、恒例のイラストレーションとスタイル。このキャストには2番目と3番目のシーズンが必要です。私は完全にこのジャンルに夢中!

私はもっ​​と欲しいが、私たちはできない

これはカップスロックよりも優れたものです(ロルズ(私は言葉や言い分を使ってはいけません)。このアニメは楽しく、ファニーで、カッコいい、ロマンチックで、MCはあなたが好きならこれは私がMUSSSSSTTTTTTTTの時計のように感じるものであり、私たちは本当に夢を見ることができません

マンガとアニメの大きな違い

それは素晴らしいアニメだ、私を間違ってはいけない。しかし、私は全体を見て、その後、マンガを見つけて(もっとたくさんあると思って)読もうとしましたが、マンガの出来事はアニメとほとんど同じです。私はこの事実によって少し失望した。 あなたがユリファンであるかどうかに関係なく、このシリーズをお勧めします。それは、自分の人生でもう一度やり遂げる素晴らしい気分である、最初の愛を連想させるような感覚を与えます。試してみます。最悪のことはそれが好きではないということです。クラナド・ダブ(それはシリーズ全体の影響を取り除き、クラナドのような偉大なアニメを捨てることのできないもの)のようなものではない。

全体的には、それはまだ愛らしい小さいユリの話です。私はゆり(yaoiと性別のベンダーと一緒にこのようなことに興味がないため)を読まない傾向がありますが、これはかなり暖かいファジー感を与えます。私はおそらく、より多くのキャラクターの育成と、アニメにIMHOが欠けていたもう少し「終わり」と終わりを感じるものを探して、マンガを読むつもりです。

また、それは非常に軽いです。これはあなたを悲しくしないかわいい、面白いシリーズです。いくつかのばかげた理由がなければ、お互いに出会う女の子に問題があります。

そらのおとしもの 海外レビュー

 あらすじ

空美町に住む桜井智樹は、「平和が一番」をモットーにするエッチな中学生。ただ一つ普通じゃないことといえば、顔さえ思い出せない女の子が現れる夢をよく見ること。そんなある日、守形英四郎のいる新大陸発見部へ入部することとなり、ある日の夜、新大陸が空美町上空に来ているとして新大陸直下へ向かう。すると、空から自称「愛玩用エンジェロイド」である天使の少女イカロスが降ってきた。イカロスと出会い、鎖で結ばれることになった。

イカロスは特殊な能力を持ち、智樹の願いを何でも叶えてくれるという。智樹はイカロスと同居しながらもこれまでと同じ日常を過ごせることを願っていたが、やがて新たなエンジェロイドが智樹の元へと迫り、平和が狂ってゆく。
第1期:2009年10月 – 12月
第2期:2010年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

soraoto_001_cs1w1_960x640

✳以下myanimelistからのレビューになります

私の最初のレビュー、いくつかの建設的な改善の批判を与える!

うーん…空のおとしもの(天国の遺産)は、おそらく忘れられない話と驚くべきキャラクターで素晴らしいアニメを生み出すために、愚かさの領域を首尾良く超えて管理しているEcchiコメディの最高の例です。徹底的に楽しい経験。

ああ、昨日空から落ちた…. – 智樹

トモキの反応と相まって最初のエピソードから引用されたこの引用文は、ソラのおとしもの(SnO)がどうやって得られるか、不器用なこと、トモキの人生で起こる状況が起こるだろう。トモキ自身が、この物語は描写だと述べている 彼の平和で静かな人生の崩壊、飛行機のパンティーへの、恵まれた天使と空手のチョップは、物理学のすべての可能な法則に反する。これはまさにこのばかげたオーバー・ザ・トップ・コメディで、優れたアートディレクションとキャラクターがSnOを見るのにぴったりの素晴らしいショーになっています。あまりにも真剣に考えたり、複雑な作図やキャラクターの開発を5秒ごとに提示しようとするのではなく、自然のキャラクターの開発や成熟、プロットの開発の重要な瞬間に頼って、感動的なストーリーや偉大なEcchiやコメディの瞬間視聴者はエピソードを歓迎し、エピソードを引っ掛けた。ユーモアは決して古くならず、SnOはそれを面白く保ち、あなただけがエピソードの後で笑い続けるようにそれを十分に混ぜる。

SnOの芸術は美しく、最初のエピソードからすぐに見ることができます。このショーは素晴らしい生産価値を持ち、キャラクターはよく描かれ、環境は様々で、非常にうまく色付けされています。Ecchiコメディであることから、女の子とその下着は非常によく描かれており、女の子自身が設計されており、ほぼ完成しています。アニメーションも非常に流動的でダイナミックで、目にはとても自然です。おっぱいがうまく跳ね返って、スカートフライとパンティーが優雅な動きでフラッシュされます(これも可能ですか?)。キャラクターはしばしばちびの形で表現されていますが、これは非常にうまくいっており、コメディーの性格に合っており、ショーをあまり真剣に受けないように継続的に思い出させ、全体のユーモアに加わります。

サウンドはこのアニメのもう一つのプラスです。OPはシリーズの感情的で深刻な側面を表現するキャッチーなメランコリックな曲です。私はEDがユニークで興味深いと感じる場所です。各エピソードには、そのエピソード中に発生したイベントと関連したユニークなエンディングがあり、そのエピソード中に何が起こったのかを示すエピローグスタイルのアニメーションが付いています。BGMも良いですし、コメディにも合っていて、感情的な場面が現れた時に本当に賞賛します。このショーでは、BGMを聞いて過度に予測できないほどの瞬間もありません。

今、このショーの一部で、そこにある他のEcchiコメディ、キャラクターとストーリーに比べて輝いています。このショーのキャラクターは、彼らがすべて自然に感じられ、視聴者に彼らに注意を払う理由を与える、とても楽しい主な理由です。反復文字のキャストが小さいため、制作者は各キャラクターに十分な時間をかけて十分に発達させることができます。私にとって際立っていたキャラクターの1つは、最初のエピソードで非常に聡明で奇妙な変態の男として記述された菅田でなければならず、また各エピソードを紹介しています。彼は、いわゆる「新世界」を発見しようとします。そこでは、アンゲロイドが来て、イカルスとニンフを継続的に観察します。

ストーリーは、このアニメのもう一つのプラス点であり、非常によく実行され、ショーのすべてのランダム性とコメディに合っています。ほとんどのエピソードで、ストーリーは単なるアンダートーンであり、その他。しかし、ストーリーが運転席を取るシリーズの主要な瞬間には、それはうまく実行され、視聴者の関心を刺激して質問をし、次に何が起きるのだろうかと疑問を呈し、感情を非常に効果的に利用して視聴者はすべてのことにもっと関わりたいと思っています。ショーの終わりには、真剣さが最も盛り上がり、観客は、天地劇を感じ、理解し、物語を与え、優れた劇的な結末を迎えます。

すべてのSnoは美しく、よく実行されたショーで、適切に実行されると、Ecchiコメディのジャンルがどれほど多才なのかを示しています。

ただの評価ではこのショーについては説明できません。私はそのショーの後の最後の3年間に泣かなかったように泣いた。最終的に感情的ですが、それに十分価値があります。物語は絶対に恒星で、これまで見た中で最高のものだった。芸術はかなりいいですし、キャラクターの発展は素晴らしく、最も恥ずかしい瞬間でも私を笑わせることは決してありませんでした。偉大なアニメの周りだけで。あなたがそれを見ることを計画しているなら、最初の2つの季節を見てから、最後までマンガを読んでから、季節3&4を置き換える映画を見てください 。しかし神によって、終わりは華麗でした。私は本当にこれが続くことを望む。私はHighschool DxD以来、もっとアニメを見たいとは思っていませんでした。

そらのおとしもののエピソードを見ながら、私はそれが深刻なファンタジーロマンスのアクションアニメになると思った。これは、プロットの仕方や、トモキの夢があるからです。私は本当にそれがそのタイプのアニメのための完全な設定だったと思った。

それから、たわごとが起こる。アニメは完全にランダムになり、それは私をLOLにした。とても熱心に私はほとんど私のラップトップにソーダを詰め込んだ。そらのおとしもののユーモアはランダムですが、それでもいつも私を笑わせるようです。tomokiはまだ私を退屈させていないecchi事のもの。

キャラクター コメディアニメのための完璧な割合でセットアップされています。彼の幼なじみの友人、不気味な先輩とクラスprezとの変態少年。それぞれのキャラクターは、あなたを笑わせるためにランダムなシェアを持っています。

(ソラのおとしもののユーモアと物語、私は助けることはできませんが、犬上を思い出させることはできません。彼らは慶太を罰する方法はトモキに起こるものに似ています。)

ソラのおとしものは、これが好きなら必見ですコメディアニメの一種。特にファンサービスのコメディが好きなら、私はあなたを保証します、あなたはお尻を笑うでしょう。

*劇的なエッチ・ユーモア・シリーズへの劇的な終わり*

「次の物語は私の静かで平和な生活の崩壊を描いている」 – 櫻井友樹

このアニメにはパンツ(パンツ)が入っていると言っている場合、お互いにパンツを投げている人?それとも、あなたが少し創造的な人であれば、パンツを使ってバレーボールを包んで実践することを想像しているかもしれません。(私は本当にこれまでに応答として)。しかし、私はこのショーの下着が本当に鳥のように飛ぶことができると言うなら、あなたは私を信じてくれるでしょうか(彼らは空の素晴らしい隊形で飛んでいます)。 さらに、もしそれらのパンツが爆発するのであれば?はい、彼らはKABOOMに行くことができます!変化のためにはどうですか?あなたがまだぶらぶらしていると仮定して、この最後のアドバイスをしてください。あなたがそれを好きではない(つまり、あなたがあなたのリストからこのショーをドロップすることができます)、それははるかにエキサイティングでチャンスを取得するため、あなたが見たいものではない飛んで、爆発パンツ場合は、

今私たちの残りの人はどこから始めるべきですか?私たちの主人公、櫻井友樹さんの普通のライフスタイルはどうですか?彼が小さな町から望んでいたことは、彼が食べ、眠り、遊ぶことができる平和で静かな生活を送ることでした。彼は自分自身のモットーでもありました。「平和と静寂が最高です。ある夜、桜の木の下で、かわいい天使が私たちのヒーローに向かって落ちてきて、それが彼の静かで平和な生活が終わりに来る方法です。誰がこの女の子かもしれない?彼女はどこから来たのですか?彼女はどのような過去を持っていましたか?これらすべての質問はストーリーを推進し、最終的に誰もがこのタイプのショーから可能と思っていたよりもはるかに発展します。

意外なことに、個人的な成長の点で、多くのキャラクターの発展が、堕天使にあります。シリーズが進むにつれて、彼女は深みをキャラクターとして見せ始めますが、同時に面白い4ウェイロマンスに参加します。さまざまなキャラクターの過去も明らかにされ、現在の自分、特にその行動について多くのことを説明しています。これはまた、彼らを全体としてより現実的かつ信憑性のあるものにしました。

健全な部門は実際にこのショーのための特別な認識を値する。何も特別なものはなく、エピソードごとに終わる種類のものがありますが、それぞれの終わりは、エピソードの終わりに起こったことの余波を特徴としています(エピローグの何らかの形として考える)。一例として、2番目の結末(フライングパンツの終わり)を探すことを強くお勧めします。様々なエンディングに加えて、しばしばそれ自体を繰り返すことのないユニークなバックグラウンドミュージック(BGM)も、名誉ある言及に値する。しばしば私はこれらのBGMのおかげで涙が詰まっていると感じています。彼らはすでに優れたシリーズを強く褒めています。

音はさまざまな形で出てくる。音楽は明らかに1つに数えられますが、特にアニメ業界では音声が別のものです。いくつかの声は、キャラクターを生命のゾンビのように見せたり、視聴者がそれ以上見ることを完全に阻止することができます。他の人はキャラクターに命を吹き込み、生き生きとしたものにすることができます。幸いなことに、空のおとしものには、キャラクターを生かすのを助け、ショーのコメディー面を助けた才能のあるキャストの大きなグループがあります。私がベストを尽くしたと信じているグループの中から1人を選ぶとすれば、それは星志幸一郎(ギラ・シード、キイチからのギグラ・キラ)でなければなりません。私の考えでは、主人公の朋木さんのような超愉快なパフォーマンスが、シリーズ全体の成功に重要な役割を果たしました。彼の声は時々慣れるのが難しいかもしれませんが、

おそらくこのシリーズについては他には何もないと思うかもしれません。あなたは間違って死んでいる。ソラのおとしものの究極のセールスポイントはアニメーションです。SHAFTでよく見られるようなユニークなアニメーションテクニックはありませんが、このシリーズは軽く撮影することはできません。生産品質は最高のノッチです。滑らかな流体のようなアニメーション、偉大なシーンの移行、そしてスタジオによる一貫して高品質の制作のレベルで、すべては見るために目立つようにしました。もちろん、これは特にあなたがエッチファンサービスにいる場合に当てはまります。しかし、あなたがアクションファンであっても、シリーズが完全にそのアニメーションで輝くので、あなたは失望しません。あなたはそれを信じるためにそれを見なければなりません。確かに、2009年秋の最高品質のアニメ(アニメーションワイズ)の1つです。

正直言って、私はエッチ喜劇の非常に大きなファンではありません。しかし、空のおとしものは、このジャンルの私の見方を完全に変えました。シリーズ全体を通して、私は感情的なシーンで何度も描かれました。同様に、私はまた、ショーの終わりに向かって、非常に悲しい、しかし強力なシーンに魅了されました。ソラのおとしものは純粋なエッチのユーモアだけではなく、実際にそれを裏付ける強力な背景物語があることを確かめました!私はまた、マンガから元の素材を適応させた仕事のために、AIC ASTAというプロダクションスタジオに拍手を送っています。最後に、レビュー全体を読んだら、今すぐ好きになり、シリーズを見てください。13話しかないので、なぜそれを試してみませんか?

フレーズ「一般的な、愚かなサービスカットが表示されたら、あなたはアニメのthatsはちょうど恐ろしい期待しています。幸いにもしかし、そらのおとしものは何ですが。驚くべきことによくやったと開発、そらのおとしものは忘れられない乗り心地に表示されます。

ストーリー
最初の音で話を小さな町、隣に住んでいて恵まれている幼なじみの友人、そして空から落ちる不思議な「天使」。そうですね、それはシリーズ全体を通して一般的ですが、物語は深みを増し、最終的に面白くなります漫画の読者として、プロットはドットに続き、ペーシングもかなり似ています。 それは少し急いで感じるが、彼らは13エピソードにマンガの約5巻を凝縮しようとしていることを覚えておいてください。あなたが宇宙を掘り下げればするほど、それはより興味深いものになります。

アニメーション
一言:うわー
このシリーズのアニメーションは完璧です。アニメーションの品質は単に素晴らしいです、そして、このアニメはアクションに基づいてさえありません。アニメーションは、シリーズ全体で滑らかで一貫性があり、カメラアングルは面白くてダイナミックであり、ダイアルウージのリアリズムを加えるのに十分です。あらゆる場面で動きがあり、ほとんどの場合、複数のオブジェクト(一貫した点滅、腕のジェスチャーなど)です。大規模な爆発と巨大な虚偽のものが混ざり合った、より大きな場面も非常にうまくいきます。また、クレジットのアニメーションは常に異なっているため、すべてのエピソードに新しいアニメーションが追加されています。


私は本当の専門家ではないが、私の意見では音に間違いはない。アンビエンスサウンドは一貫しており、現実的です。声優は素敵に選ばれ、それぞれのキャラクターをうまく演じています。私は、人々がトモコの声(主人公)が迷惑であると言う人がいると聞いてきましたが、私はそれに問題はありませんでした。多分私は寛容だと思いますか?
常に異なるクレジット・テーマが存在するため、異なる曲を意味します。ワオ。それらのいくつかは単なる愚かなものであり、なかには妙に習慣性のものもあります。また、ep 10、2つの素晴らしい曲を見てください。

キャラクター
キャラクターのデザインは素敵で、確かに一般的なエッチアニメの基準に達しています。しかし、これを念頭に置いて、実際にはキャラクターには何も起きていない。それでも、プロットラインのように、シリーズを面白く保つのに十分なキャラクター開発以上のものがあります。

楽しさ
ロマンス、エッチ、コメディを中心ジャンルとするアニメが面白くて面白いと思ったのは誰でしょう?このシリーズではたくさんの笑い声がありますが、私はあなたに警告します。ユーモアはスマートなお尻の側(幸運な星)ではなく、コニー・エクッチ側(ゴールデン・ボーイ)にあります。それでもユーモアは素晴らしく、大量に来ます。ちびキャラクターの広範な使用は本当に “真剣な”シーンの皮肉を耐え難いものにしています。
しかし、それはプロットラインがいくらか安いユーモアで完全に無視されていると言っていないことです。このシリーズが基づいている漫画の読者として、プロットは実際にはかなり深く有意義です。本当にこのシリーズで見つかったユーモアの正反対です。シリーズ全体を通して、ユーモアとプロットの両方の展開がうまくバランスしているため、アニメの視聴者はエッチとプロットラインの両方の価値が満たされます。

結論
おそらく季節の最も高い生産価値を持っているアニメ(おそらく私は年と言う)、ユーモアの深いプロットとトラックロード、このアニメを見逃すことはできません。「ジェネリック」として登場しているように思われるが、このアニメは何でもない。

GRANBLUEFANTASY THE ANIMATION グランブルーファンタジー 海外レビュー

 あらすじ

小さな島ザンクティンゼルで相棒のビィとともに育った主人公は、空の果てにあるという伝説の島イスタルシアへの冒険を夢見ている。故郷を出発するその日、覇権国家エルステ帝国に追われる少女ルリアと騎士カタリナが主人公の前に現れる。主人公はルリアを庇って瀕死となるが、少女の不思議な力によって一命をとりとめ、星晶獣を操るその能力を共有することになる。イスタルシアを目指す主人公とビィ、帝国の勢力圏から逃がれたいルリアとカタリナは、共に空の果てへと旅立つ。
2017年4月 – 6月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=plXjYiRcBtA(公式)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=SR-A8OUOD9A(公式)

  
og3

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

Spiritouspathこのアニメのレビュー

このアニメは面白くないし、素敵なメディアを飽きさせないようになったでしょうか?彼らは基本的に女性のリードと全体のシリーズを再開し、狂ったように物語を変えるエピソード13までうまくいきます。なぜシリーズが13で終わったのか不思議ではありません。なぜなら、彼らはエピソード13でそれを犯したからです。

ep12の後にメインキャラクターを変更しました!

第2シーズンがあったとしても、私はこのアニメを見ることができませんでした…私はグランが好きでした。そして、あなたは行くと、ディータという少女のために彼を切り替えます。最初は良い評価を得ていましたが、今は1つしかありません。そのようなメインキャラクターを変更してから、要約を実行してそのスポットを切り替えても、人々が特定の文字を持つ可能性がある添付ファイルを補うことはできません。

非常に愚かな結末の一般的なアニメ

私は非常に頻繁にアニメのレビューを書いていないが、ここで私は非常によくないシリーズに書いています。最初の2つのエピソードはまともだったが、私はそれをしばらく見ていない。今週まで夏の残りの間、再びそれをピックアップし、エピソード7または8の周りで停止した。

これはまともなことでしたが、非常に貧しい、特に終わりが判明しました。最後の休憩と戻って、それに戻り、ストーリーが飛び越えたかのように見えました。だから、私はあまり注意を払わず、バックグラウンドノイズのためにもっと使った。そして、突然二人弱の少年の軍隊と、スーパーOP女の子のトンがあった。彼らは別の「上司」を倒し、より多くの人々が旅行者の軍に加わり、主人公を女の子に変え、物語に追加する代わりにビーチで最後のエピソードを演じました。たぶん彼らがシリーズ全体で苦労していたので、彼らは別のシーズンを手に入れていないことを知っていたでしょう。

私は大抵、私が実際に好きで終わったシリーズの私の既に大きな待ち行列のリストからそれを取り除くためにそれを終えました(ほとんどのより多くの季節を望んでいます!このシリーズをスキップすると、あなたは何かを逃していません。

あなたが最後の2つのエピソードが存在しないふりをするならば、3つの星

だから私は最後の2つのエピソードを見ないことをお勧めします。彼らが愚かなことをしているから。

ストーリー/セッティング – 4/5 – 非常にクールな雰囲気の中で完璧に細かい話。世界はそれぞれ独自の地理と文化を持つ一連の空島で構成されています。クール。ストーリーは、基本的には、飛行船の素早い飛行船で旅行するサンドボックスの冒険です。あなたは飛行船の飛行船に乗っていた。

書く – 2/5 – 執筆は素晴らしいことではありません。あなたが最後の2つのエピソードを考えるなら、執筆は深刻です。一般的に、ダイアログは奇妙で、あまり本格的ではありません。ショーはグリットに似たものが欠けていて、すべてのキャラクターはトークンの悪い人を除いてほとんど一緒になります。

キャラクター-1/5 – この番組の登場人物はすべて痛みを伴い退屈で個性的ではありません。彼らはすべて、いつも一緒にやっています。邪悪な帝国のために働いたカタルーニャは、すごく素敵で、勇敢な人なのですが、どうしてですか?彼女が帝国にいたことは想像もできません。私たちのキャラクターにいくつかの欠陥がありますか?欠点?ちょっとでもそれらを複雑にする何か?私がキャラクターを記述したゲームをプレイして、私が話していた人物を推測しようとした場合、キャラクターに個性や特徴がないため、1つのマッチを得ることはできません。たぶん私たちの心配なパイロットを除いて。そして私の上に落とされたサイドキャラクターの完全に不必要なホストに私を始めさせてはいけません。最後には非常に多くの悲しい小さな爆弾が好きです。

アートワーク – 5/5 – このショーは華やかです。たぶんそれを見る価値があるでしょう。

声優 – 大抵自分を絞殺したいと思った。ショーは、 “Ooooooo!Ahhhhhhh!”行くお菓子店の周りを歩いている十代の少女の束のように聞こえる!

Over All – 3/5 – 冒険/ファンタジーが好きなら、美しい芸術と涼しいセッティングがショーを見る価値があります。未熟で、方向性のないプロットや退屈なキャラクターは、これを高く評価しないようにします。

良いアイデア、悪い実行

ここにはたくさんの約束がありますが、ショーは提供されません。主人公が冒険に始まり、道に沿って同盟国を累積しているという意味では、「ローデス戦争の記録」という伝統の幻想です。それは約束で始まります。紛争、竜、魔法があります。

それが最初のエピソードです。

私は決定する前にエピソード7の終わりにそれを作った、十分で十分です。
あなたがかわいいマスコットと情緒的なバックスラップの話を楽しむなら、あなたはこれを好きかもしれません。キャラクターは若者です。冒険は冒険ではありません。これは複雑ではないため、初心者のためのものに過ぎませんでした。しかし、そこに良いプロットがあります。それはちょうど無駄になった。しかし、それは一緒になったある時点(エピソード7の13を超えている)にあるかもしれませんが、エピソード7は私の耳に邪魔するようなキャラクターを導入しました。

完全なレビュー

まず…
…私は、アニメを評価するときは、アニメが興味を持っているかどうか、それを見て楽しめると分かった場合、私の最大のものの2つを説明します。これらはどちらも当てはまるので、この評価は、私がニットピックアップしたものの量よりも高く見えるかもしれません。

Crunchyrollが半分の評価を認めた場合、私はこのアニメに3.5 / 5を与えるだろう。しかし、彼らはそうではないので、私はこのアニメが3/5の代わりに4/5の価値があると感じています。 – 楽しいストーリー:ほとんどの場合、ストーリーそのものがチャンスを与えたら、ストーリー自体は見て楽しめる。短所:

長所:
– キャラクター開発:ほとんどの主人公にとって、視聴者は十分なバックストーリーを与えられ、キャラクターに十分な深さを与え、ストーリーと壮大な冒険に導かれます。

– 遅い…………:ペースが速い、アクション満載のファンタジーワールドを探しているなら、これを見ないでください。このアニメは時間がかかり、時にはあまりにも時間がかかり、各プロットポイントを通過します。時折の行動でスローストーリーがあなたのスタイルでない場合、私はこれをお勧めしません。Nitpicks: 1.最初は、キャラクターのアニメーションスタイルは、彼らが反対していた背景に比べて非常に嫌気でした。私はこの中にいくつかのエピソードを乗り越えていたが、これが明らかだった時はまだあった。
– (いくつかの)アクションシーンはあまりにも容易に見える:戦いのいくつかは目の瞬きで行った、彼らは何もなかったように敵を倒す主人公は、次の戦いがしばらく続く可能性があります。これにより、アニメ全体のいくつかのアクション部分が非常に楽しくなりました。
– エンディング:このアニメが2番目のシーズンを取得しない場合、多くの視聴者はシーズンが終わった方法によって永遠に未達成と感じます。

要約すれば:
ショーがどのように進行し、終了し、真の最終エピソードでショーに追加されたすべてのコンテンツのために、このアニメは第2シーズンを切望している。私の意見では、第24シーズンのシーズンは、ショーとその物語を伝えるスタイルによって、視聴者が得るものの代わりに実際のエンディングを可能にしてくれました。しかし、このアニメは夕方に見るのがうれしいものでした。私はそれを見ていました。これを楽しみにしているのを楽しみにしています。

なぜ私はこれを見ましたか?

10のエピソードで、私はまだエピソード1が理にかなっていることを自分自身に確信させようとしています。

長いレビューを入力してください。長いレビューを入力してください。長いレビューを入力してください。

長いレビューを入力してください。長いレビューを入力してください。長いレビューを入力してください。

控えめで、しかし分裂的な私

注:このレビューは、GRANBLUE FANTASY:The Animationの最初のシーズンに基づいています。私はゲームをプレイしたことはありません。私はそれを明確にしたい。

正直言って、私はちょうど気まぐれにこの番組を見ました。1月には2つのエピソードしか出ていませんでした。それはかなり見えましたので、私は遅い午後にそれを見ました。後で13のエピソード、それはレビューを書く時です、そして、少年は私がたくさん言いたいことがあります。このショーは、私には非常に分かれていて、賛否両論が大量にあります。

最初に、プロと始めることができます。ビジュアルはとても美しいです。彼らが新しい島や地域を紹介するたびに、私の顎は常に床に当たった。すべてのショットは豪華で息を呑むものです。GRANBLUE FANTASYのオリジナルサウンドトラックは素晴らしかったです。音楽は各状況に完全に追加されました。それに加えて、OPとEDはシーズンから私のお気に入りの2つでした。アニメーションは滑らかで、うまく流れます。これはビジュアルと合っていますが、それでも素晴らしい感じです。最後に、文字はよく書かれました。彼らがどのように行動し、互いの相互作用を楽しんでいることが分かりました。特に、RackamとIoがお互いにどのように行動するか。声優は、そのキャラクターとよく書かれた対話の完璧な表現でこれに加えられました。

今、短所に入ることができます。物語は独創的ではなく、よく書かれていない。これはGRANBLUE FANTASYを抑えた最大のものです。それは大丈夫ですが、決してユニークなものではありません。ストーリーはまた、終わりに摩耗の兆候を見せ始めます。突然の終わりと多くのプロットの穴があります。これは他の人には違うかもしれませんが、私にとっては、その話はあまり偉大ではないし、うまく提示されませんでした。キャラクターの顔のアニメーションは、時間が無くて退屈で無感覚になることができます。これはほんの小さな問題ですが、それでも私は大きくバグします。最後に、ビーチのエピソードがあります。これは単なる詐欺です。それはおそらく私がかなり長い間見ていた最悪のエピソードの1つでした。それはなぜ存在するのですか?どうして?

正直言って、私はショーの2番目のシーズンを見たいと思います。それはそれほど悪くはなかったし、私はシーズンを通してずっとショーを続けていた。私は彼らが物語の問題を解決することを願っています。それが最大の問題であり、修正されれば、このショーは大丈夫から驚くべきものまで上昇する可能性があります。あなたがそれを見たいと思っているなら、前に進みますが、ショーを始める前にいくつか深刻な欠陥があることを知っています。

総合評価:7/10

非常に期待され、失望していない!

最初の2つのエピソードがリリースされたとき、私はとても興奮していました。私はすぐにそれらを見て、残りのための長い待ち時間のために悲しかった。しかし、私は失望していませんでした。エピソード1〜12は素晴らしかったです。私は13が必要ではないと感じます。はい、私はDjeetaが切り替え可能なキャラクターであることを理解しています、私はゲームをプレイしました。女性キャラクターを演じる人としても、私はグランを選んだ。私は彼の性格を大いに好む。私はより多くのエピソードを願っていますが、その話はDjeetaではなくGranとして続きます。

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 海外レビュー

 あらすじ

茨城県水戸市が舞台。主人公、甘草奏は「絶対選択肢」と自ら名づけた望まない能力のせいで、変態じみた行動を余儀なくされる日々を送っていた。そのせいで容姿はいいのに全くモテず、惨憺たる学園生活を送っていた。しかし、ある日「絶対選択肢」を捨てる鍵を握る存在・ショコラと出会い、選択肢に振り回されながらもアクションを起こしていく。それは一方で、彼を表す「お断り5」なる不名誉な称号にもかかわらず、少なからず彼に好意を寄せるヒロイン達や、ショコラを取り巻く超人間的な存在の思惑も巻き込んだ一大騒動記の幕開けでもあった。
2013年10月 – 12月迄放送(ウィキペディアより引用)

fb

✳以下myanimelistからのレビューになります

私たちが本質的に何かを理解できて、それらがアニメのメディアに遊ばせられているようなショーでは、私は罪悪感のようなものを持つように私たちを動かすのか疑問に思いました。今、あなたが私の心の中にある2つの言葉でショーを想像すると、自由意志と選択の深いテーマを考慮してショーを想像することができますか?その質問に対する答えは「はい」といいます。

はい、俺は俺のようなものなんてことはないし、馬鹿げて長いタイトルを綴ることを拒否しているわけでもないので、 ショーのアイデアを書く想像力豊かなプロセスのような作家によるものです。一方で、このような愚かなRomComがこのようなテーマを完全に実装しようとすることは不可能であるため、少なくとも才能のある作家のスキルを実際に引き出すためには不可能です。悲しいことに、俺のためにはそうではありません。しかし、それはそれがある地域でその魅力的な瞬間を持っていないと言っているわけではありません。

ショーが実際にそのプロットを推進しようとしている主な強調点は、私たちの生活がしばしば私たちが彼らの中で行う選択を通じて自分自身によってどのように創造されているかという概念です。これはロムコムなので、私たちの邪悪な変態主人公は、彼の周りの女の子からの彼の社会的地位を脅かす多くの選択に直面しています。すでに私たちに投げかけられている論理は不安定ではなく、「絶対選択」がどのように正確に機能するかについてはあまり考えられていません。コメディーのために、これらの選択肢が聴衆に与えるユーモアに対するウィットの不幸な欠如があります。つまり、なぜ2つの選択肢しかないのですか?レコードのために、Kanadeに示されている選択肢のほとんどは、あまり想像以上に創造的ではありません。ユーモアが欲しいものを考えるこの機会があるときは、

コメディが機能するところでは、選択システムに関係しない文字のやりとりのいくつかがあります。女の子とかなでの化学は、女の子がどのような印象を残さないかによって最大ではありません。確かに例外はありますが、これは幸平とショコラです。幸平は、彼女が最終的に彼女の殻から出てくるまで、大胆なダンディーキャラクターとして出会います。そして、彼女が実際に何かを実際に見ていると、新人の近藤祐の驚くほどのパフォーマンスのおかげで、非常にスムーズに動作するアーキタイプの揺れ型のバイブ。Chocolatは、彼女が最初に紹介されたときに彼女の巧妙な性質にもかかわらず、Ore no Nounaiに人生よりも大きな人格を与えます。Yukihiraほどユニークではありませんが、

Romcomの主人公は一般的に面白い、または特に迷惑ではないと考えられているが、希少であり、Kanadeもこの事実の例外ではない。彼がやっていることすべてが即座に目を転がしているというわけではありませんが、ユーモアがありますが、現実世界では反応するだろう。このようなことは、冗談が、私たちがすでに数え切れないほどのショーでOre no Nounaiのように見たものではなく、単に物語をコピーして物語に貼り付けるだけのことではないとすれば、喜劇的な意味ではうまくいくでしょう。

必然的に、アートワークは女の子が最もかわいくてセクシーに見えるように努力しています。彼らは間違いなく識別を容易にし、デザインの特定の部分を覚えておくのに役立つ文字を色付けすることに重点を置いてこの分野で成功しました。顔を白くする量は、女の子とかわいい顔を見ることから性的緊張を高めていくのにはとても素敵なタッチでした。散発的なアニメーションは、私たちがアニメで慣れ親しんだ素晴らしい伝統的な顔反応をユーモアに与えるのに役立ちます。しかし、CGがいくつかの車でいくつかのシーンで使用されていて、かなり恐ろしいように見えていた瞬間もありましたが、感謝して、悪名高いものにはあまり記憶されていません。

あなたの典型的なシンセサイザーでは、実際のショーそのものに音楽の質は圧倒されていると解釈することができますが、オープニングはショー全体のトーンを表現する素晴らしい曲を提供します。実際のオープニングは、どのように振り付けられているかでかなり怠惰ですが、オープニングでは、少なくともこの曲はうまくいきます。しかし、私は、終わりの歌が俺のためにどのように生産されたのか、ちょっと困っていました。それはロマンチックなコメディよりもアクションショーにもっとフィットしていたような感じで、トーンにうまく収まらなかった。

確かに、Ore no Nounaiは、高校のコメディジャンルをミルクに変えて微妙に新しい領域に粉砕しようとする際の奇妙な試みであると見なされます。その結果は、リリース前に最初の前提が表示されていたのと同じくらい充実していませんでしたが、ショーがひどい品質であるとは思わないはずです。本質的に攻撃的でもなくても、誰の情報にも不必要に悪化したり、少なくともそれについてあまりにも懸命に考えようとする人はいません。それは主題のすべての地獄のように巻き込まれ、それは一般的に別のecchiコメディであることを試みるよりもそれ以上にそれを押すことを気にしない。私が、異なるスペクトルのアニメの喜劇喜劇をどのように見ているかについて話しているという事実は、将来的には少なくとも希望的な注釈です。

あなたの選択がいくつかの最高のランダム選択生成エンティティによって支配されていたならば、あなたの日常生活がどのようになるか疑問に思ったことはありますか?私はそれだけのことは考えていませんでしたが、明らかに他の誰かがやっていました。そして、啓蒙を受けて、この深い反省に基づいて小説を書いて、それを出版することが良いアイデアだろうと思っていました…

春日井は、恋の恋人は、彼のイントロスペクションの結果である。

デザインやアニメーションについては、あまり意味がありません。 無数の他のシリーズに比べて決して優れていることはありません。TVアニメ版では少し検閲されているので、露出した乳首とパンツのBDをチェックしてみたいと思うかもしれませんが、とにかくfanerviceはそれほど明白ではありません。

断然、ノコメはコメディです。そのようなものとして、それは不気味な結論につながる奇妙な文字、いくつかの光ecchiとビルドシーンを採用することによってそれ自体を提示します。話は同じです:MCはランダムな選択の対象にならないようにばかげた “ミッション”をクリアする必要がありますが、シリーズの早い段階では無関係です。無作為の選択肢には、開始された時間と状況も、理由も説明/指定されていないし、実際には決して起こらないような結論もなく、無作為の選択シリーズの終了後に続行します。おそらくOVAがこれを修正するだろうが、私は疑問を持っている。本当の結論がシリーズの私の意見を大きく跳ね返すようなものではない。正直言って。

喜劇そのものは大部分が欠けている。そんなばかげた前提を持った何かのために、ジョークはかなり穏やかで創造的ではなく、しばらくしてから繰り返します。シリーズ全体をまとめると

「ERABE Boobsや何かばかげたことをする」*

そして、実際には、NouComeはすべてです。前提は愚かなファンのための口実に過ぎず、コメディーは愚かなファンクルーシス、あるいは悪くていたずらなジョークの言い訳であり、キャラクターはすべて一般的で重要ではない。結論は非常に予測可能なので、そのコンセプトはしばらくの間機密扱いになります(最後に、ミッションを確実にクリアすることが分かっています)。そのため、シリーズではジョ​​ークの周りに緊張ができません。ビルドアップは非常に長く(通常は1つのエピソード全体が続きます)、無作為の “モエ”と無意味なファンサービスで非常に希釈されています。ジョークは本当にランダムで、

キャラクターが関わっている限り、それらはすべてコメディの救済のために存在し、思慮のないファンサービスであり、イベントの過程にとって重要ではない。主人公は物語には何ら貢献しません。彼は単なる犠牲者であり、最終的には自己挿入のためにしか存在しない個性のないツールです。残りのキャストはすべて女性であり、これ以上一般的ではなく、穏やかで、描写されていない魔法で構成されています。富良野は人格障害を持つツンデレ+感情のない/ 2人の女の子です(実際の病気ではなく、もちろん、モエ効果を最大限にするために人格の突然の変化…)、オウカは密かに感情を持っている元気の幼なじみですMC、Yuragiは皆のイムトになりたいロリです(それについては話しません)、セイラは学生協議会会長、Ayameさんは、豊かなおじさまです(私は、彼女が高校にいると考えて、彼女の「秘密」を少し邪魔しているのを知った唯一の人ですか?)が、この袋の最大の犯罪者は、少女ショコラです。彼女はキブル(彼女の場合はお菓子)が提供されるたびに子犬の動物です。彼女の頭を打った後、彼女は過去の思い出を取り戻し、「正常に」行動し、彼の問題を助けるために重要でないことをMCに説明するエピソード(7回目)が1つあります。私はあなたがこのエピソードの終わりに頭を打つことができず、彼女の思い出をもう一度失い、最終的に彼女の犬のようなものに戻るならば、あなたはこの “キャラクター開発”と呼ぶことができたと思います。人。しかしこの袋の最大の犯人はメインの少女ショコラです。チョコレートは彼女がキブル(彼女の場合はお菓子)を提供されているときはいつでも、子犬の動物のように振る舞います。彼女の頭を打った後、彼女は過去の思い出を取り戻し、「正常に」行動し、彼の問題を助けるために重要でないことをMCに説明するエピソード(7回目)が1つあります。私はあなたがこのエピソードの終わりに頭を打つことができず、彼女の思い出をもう一度失い、最終的に彼女の犬のようなものに戻るならば、あなたはこの “キャラクター開発”と呼ぶことができたと思います。人。しかしこの袋の最大の犯人はメインの少女ショコラです。チョコレートは彼女がキブル(彼女の場合はお菓子)を提供されているときはいつでも、子犬の動物のように振る舞います。彼女の頭を打った後、彼女は過去の思い出を取り戻し、「正常に」行動し、彼の問題を助けるために重要でないことをMCに説明するエピソード(7回目)が1つあります。私はあなたがこのエピソードの終わりに頭を打つことができず、彼女の思い出をもう一度失い、最終的に彼女の犬のようなものに戻るならば、あなたはこの “キャラクター開発”と呼ぶことができたと思います。人。彼女の頭を打った後、彼女は過去の思い出を取り戻し、「正常に」行動し、彼の問題を助けるために重要でないことをMCに説明するエピソード(7回目)が1つあります。私はあなたがこのエピソードの終わりに頭を打つことができず、彼女の思い出をもう一度失い、最終的に彼女の犬のようなものに戻るならば、あなたはこの “キャラクター開発”と呼ぶことができたと思います。人。彼女の頭を打った後、彼女は過去の思い出を取り戻し、「正常に」行動し、彼の問題を助けるために重要でないことをMCに説明するエピソード(7回目)が1つあります。私はあなたがこのエピソードの終わりに頭を打つことができず、彼女の思い出をもう一度失い、最終的に彼女の犬のようなものに戻るならば、あなたはこの “キャラクター開発”と呼ぶことができたと思います。人。
私は楽しんでいたキャラクターがいれば、コナギ川越です…彼女はまだ役に立たず、彼女のジョークは元来ユニークではありませんが、少なくとも彼女のデザインはかわいいですし、彼女の瞬間はシリーズの中で “ベスト”の中にあります。

NouComeは、Japanimationがこれまでに生産した中で最悪のものです。実際にはここにコンテンツはありません…平均的なコンピュータアートの2Dデザインよりもわずか10エピソードの空白です。アニメがこのようなものを初めて生み出したのは初めてではなく、これが何故このシリーズで作られた無数のシリーズよりも侮辱的で、癌性があり、無限に価値がないのかを正確に特定するのは難しいです。避けてください。

*(この引用は私の賢明な友人の礼儀です。)

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 海外レビュー

 概要

第1次ミニ四駆ブーム終了から3年ほどたった1994年、再びミニ四駆が売れるようになった。『月刊コロコロコミック』の久保雅一はミニ四駆で仕掛けようと考えた。久保は「ミニ四駆というのは、競争がテーマ」とし、2台のミニ四駆を子供に買ってもらうように考えた結果、「兄弟マシンとして2台のマシンを主人公に据えたマンガ」を発案。同じ『コロコロ』の編集者である佐上靖之とこしたてつひろに依頼して、漫画がスタートした[2]。漫画は『コロコロコミック』にて1994年7月号から1999年10月号まで連載された。

ストーリーは全部で3シリーズある。アニメはテレビ東京系で1996年から1998年までの3年間に渡り、1年に1シリーズずつ放送された。アニメ製作はXEBEC。各51話、計153話。月曜18時のアニメの放送回数は『しましまとらのしまじろう』を上回る。
第1期:1996年1月8日 – 12月23日迄放送(ウィキペディアより引用)

a131021

✳以下myanimelistからのレビューになります

“爆走兄弟レッツ&ゴー!! 海外レビュー” の続きを読む

ケイオスドラゴン 赤竜戦役 海外レビュー

 あらすじ

二つの大国が冷戦状態にある世界。その両国の間に存在する島国、ニル・カムイが本作の舞台となっている。 拮抗状態にあるその世界には七匹の竜が存在し、その内の一匹である「赤の竜」がニル・カムイに存在した。 その「赤の竜」が原因不明ながら突如発狂し、複数の村を壊滅させる脅威と化した。 プレイヤーたちは「赤の竜」を討伐するための非公式部隊として集結することとなる。
2015年7月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=-F8dFwI7Jv4(公式)

chaosdragon

✳以下クランチロールからのレビューになります

どのようにこれは間違っていたか?

(これは3つのエピソードの後のレビューです)

多くの人のように、私はタイプ・ムーンのアニメがなくなるため、カオス・ドラゴンに出くわしました。これは、運命のシリーズの後ろにいる男、Madokaの後ろにいる男、Baccanoの背後にいる男、などのコラボレーションプロジェクトです。一流の作家だけです。

これは…トップノッチではない。

基本的な前提は、ニルカムイの島国がコラン国家に襲われたことである。NKの味方ダナティアは、拠点を持つ都市を強化し、そうでなければ何もしなかった。NKの王は殺され、現在は国は基本的に他の2国の保護国です。その間、NKの守護神、レッドドラゴンは狂ったように見え、国を守るのではなく村を攻撃し始めた。

NK – 伊吹の後継者が主人公です。彼は、孤児院で控えめな生活を送って、NK忠実主義者を象徴的に奪い、それによって将来の戦いを守ることを望む平和主義者です。ロワイヤルは彼をコランと直接対立させることができますが、彼はレッドドラゴンとの契約を結び、巨大な力を得ることができますが、一時的にしか使えなくなるたびに友達を犠牲にしなければなりません。今では、イーキーとコウランとダナティアの代表がレッドドラゴンを探し求めるパーティーを結成しました。

だから前提はかなりクールです。大きな力と大きなコストとのバランスをとる必要がある人と、表面上は統一された目的を持ち、個人的な野心とは矛盾しているパーティーがあります。

実際には、イブキはちょっとばかばかしいほどです。彼が友人を殺すことを余儀なくされていなくても、彼は何かと何かを訴え、不平を言うだろう。他のキャラクターははるかに面白い – 怪物に縛られている少女。彼が何かを保持するように呪われた男は崩れ落ちますが、彼は破壊されたときに大きな力を発揮することができます。感情的な、人を食べる剣(アラ・エッジ)を務める少女。しかし、イブキはショーを支配し、彼の周りのすべてを引きずります。

このように、私はこのアニメを、クリエイターの最も熱心なファンにさえ、お勧めできません。

それは私が見た最悪のものではなく、いくつかのストーリーの穴がありますが、すべてが時計の価値があります。

このショーでは、私はほとんどのショーを徹底的に追い抜いてから、あまり言わないものを見続けていたと言えるかもしれませんが、それについての評価はあまりにも低いと感じます。それは私の注意を引きつけ、国と新しい子供の王の間のより多くの葛藤を私に望みました。しかし、私は物語を伝えることの一部で失望した。この番組はもっと楽しかったので、もっとエピソードを必要としましたが、実際に楽しむことができるように、キャラクターとの関わりを深めることができました。人々、国、主人公との親近感を本当に発達させるために、すべての時間が必要でしたが、私はまだそれをもう一度見ています。

どうしてそうなった?

どうやって?どうやって?どのようにどのようにどのようにどのように?

だからあなたは今までに書かれた最高の視覚小説の著者、私の好きなアニメシリーズの2人の作者、そして絶対的に好きなアニメシリーズの小説の作者を取り上げて、3人すべてを同じコラボレーションする部屋…

そしてそれは恐ろしいことが判明した。

これは論理的に不可能であるべきです。私が言わなければならないのは、あなたがそれを見て、それがひどいと判明すれば…著者にあきらめないことです。「面白いロールプレイングゲームは必ずしも良いアニメを作っているとは限りません」と言って、これが自分の作品を代表するものではないことを認めます。

たくさんの瞬間

このアニメは正直にいい可能性がありました。最初のカップルのエピソードは、私がちょっと好きだった…このイブキは無益なことだけど、彼はおそらく悪いことに変わる方法を見つけるだろう。私はエピソード8であり、残念ながらそれはまだ起こっていません。何かがあれば彼は悪化する。ムーディー、弱く、何かを見ることを約束することができません。ゾンビと戦うのではなく、彼はまるで「待っています。私は彼らと話すことができるかどうかを見たいと思っています。彼らが米国を殺しているというよりも、殺してはいけません。

もし私がエピソードの残りを見たら私は私の心を変えます(私は私のレビューを変更します)が、これまでのところは…まあまあです。

編集:シリーズを終了した後、私の意見は変更されていません。最後のエピソードは1/10だった残りのシリーズと比較して3/10だったかもしれません。結局、私はこのことを見て無駄にしていないことを望みます。

良いショー、生産に苦しんでいる

このショーはかなりいいですが、短すぎることに苦しんでいます。プロットは多くのエピソードで急いで感じるが、それはまだ一貫している。このショーは24から26までのエピソードにレイアウトされていて、イベントを進行するのにもっと時間がかかっていて、幻想的である可能性のあるセッティングを深く掘り下げました。

クールなタイトルにだまされてはいけません

このような恐ろしいショーが、アニメ業界で最も著名な人物の心の中からどのように出てきたのかは私以外のものですが、彼らはそれを行いました。このショーは、最初の3分間からのこのような混乱でした。それは悪く見え、悪く聞こえて、私が見守った最初の2つのエピソードで紹介されたキャラクターのどれも好きではなかった。主人公が愛する人を殺さなければならないという事実を投げなさい。彼は龍の力を使いたいと思っている時に、このゴミは完全に虚偽の顔になってしまった。

悪い点は、主人公が非常に弱く、弱い敵を殺すためにドラゴンの力が必要だったということでした。中高から熟練した戦士が特別な力なしにそれを行うことができました。このショウは主なリードとの共感を得るのは難しいものでしたが、それはちょうど迷惑になります。

見えるくらいうまくいく

ビジュアル、戦闘、デザインは非常にうまくいっていますが、物語はエピソードごとに細く分布していると感じていますが、それは進歩しますが、緊急性のあるキャラクターのケアに欠けています。あなたがそれを見守ることができるなら、どこでも特別な場所に行くことができます。

私はこれを見る価値があると感じました

わたしはそれを楽しみました。もっとあるかどうか疑問に思います。もしそうなら、すぐにリリースされることを願っています。私は書く以上のものを書く必要がないことが分かっています。だからここで私はそれが私の評価を受け入れるまで散歩する。まだ十分ではない?ピートのために、なぜ私は続けなければならないのですか?

このショーはひどい..

嘘はない。カオスドラゴンはおそらく私が今まで見た中で最悪のアニメです。存在する(非常にまれな)プロットがあるときは、まったく無意味です。キャストの大部分はちょうど存在するので、ばかばかしく殺される可能性があります。これは、あまりにもあなたを気にしないかもしれません。あなたは好きなものを見直したり、他のショーを試してみるのがずっと良いでしょう。それは改善になるだろうということです。ちょうどあなたが罰のために気分になっているならば、あなたは友人にあなたを股で蹴らせることができます。それはほぼ楽しいでしょうが、あなたは6時間ほどあなたの人生を救うでしょう。

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 海外レビュー

 あらすじ

16年前の「公序良俗健全育成法」成立により、日本から性的な言葉=下ネタが喪われた時代。憧れの女性であるアンナ・錦ノ宮が生徒会長を務める国内有数の風紀優良校に向かっていた奥間狸吉は、痴漢冤罪になりかけていた轟力雷樹を庇い立てた際、《雪原の青》と名乗るテロリストによる下ネタテロに遭遇する。入学後、狸吉はアンナの勧誘で生徒会の一員になり、生徒会副会長を務める華城綾女とも親交を持つようになる。しかし、綾女は《雪原の青》と同一人物であることを明かすと同時に狸吉の弱みを握り、狸吉を強制的に下ネタテロ組織「SOX」のメンバーとして迎え入れ、全校集会での下ネタテロを実行させる。以降、狸吉は「SOX」のメンバーとして「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」に戦いを挑むようになる。
2015年7月4日 – 9月19日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=iRI2dNtVPis(公式)

anime_20150628_shimoseka

✳以下myanimelistからのレビューになります

ああ、私はどこから始めるのですか…私はちょうど途中でこれを取り除くでしょう、私は基礎をなすメッセージとそのすべてについて話すつもりはありません。病気は他の人のために残してください。私はそれを比較しません他のショーに。

私は素早くストレートになるでしょう。このショーは、ショー全体を通してちょっと汚いジョークであると約束したものを提供します。もしあなたが何か他のものをうまく期待していたら、あなたがそれを見ているかどうかは分かりません。

私はその話を話しません。ショーを一緒に開催するだけです。
あなたがそうでなければ、誰もが自分の意見を持っていると思うなら、私は判断しません。

さて、芸術はかなり荒々しく、音は圧倒的で、文字は一般的なものにすぎませんが、一般的な方法に関係なくやや愛らしいものです。

今私にとって重要な部分と私の個人的な楽しみのために、まあ、 “私はいくつかの遅らされた合併症を持つ単純な男だから”私は愚かなジョークを楽しんでいます。その物語や芸術、あるいは何か他のものに夢中になってください。
その唯一の目的は、私ができるだけ多くの変態冗談を作る前に私が言及したようなものです。
全体的に私はそれがテーブルにもたらされたものの面で良いのではなく、楽しむことができ、それは私たちがアニメの権利で探しているものなので、それを4にしますか?
あなたが私のようで、あなたが愚かな汚いジョークの公正な分け前が行くとそれを見ているように。

そして、プロデューサーのスタッフと全員の話をもっと深く批評することを求めているのであれば、私は本当に多くのことを言うことができません。

いずれにしても、これは私の第1回のレビューであったので、悪い場合や嫌いな場合は謝罪し、もしあなたが確かにそうしていないことをすべて読んだければ、感謝の男/仲間/友人/人すごい

下セカの全12話を終えて、これは私が長い間観てきた最も純粋なコメディ番組の一つだと言わざるを得ない。表面上、下関はすべての汚い冗談を禁止するシステムに対する反抗についてのショーです。表面下で、下関はすべての汚い冗談を禁止するシステムを反抗することについてのショーです。言い換えれば、シリーズ全体を通してそれ自体は真実であり、ほとんどのショーは無意味な人生のレッスンを教えようとしているので、まれなことです。

ストーリー:最初は、これは私がこれまでにエロコメディで見た中で最もばかげた前提の1つです。それはあまり楽しませませんか?嫌です!。ストーリーは、さまざまなタイプの実験が可能であるという意味で柔軟性があります。言い換えれば、それを楽しむことができます。最小のスポイラーでプロットを説明するには、すべてのエロティックな活動を禁止することを目的とした生徒会の副大統領でもあるエロティックテロとチームを組んで、内面のエロティックな自己を発見することについて学ぶ少年の話です。これは、人類のエロチックな性質についてあまりにも誤解されている道徳法の極限の握りから社会を解放する彼らの計画についての物語です。

アート:下関の芸術はかなり標準的ですが、それはあまりに革新的でもあまりにも驚くべきものでもありません。しかし、それは基本的には健全で、キャラクターのデザインはユニークで、エロティックな(あなたが見ることができれば)。

サウンド:S-O-X十分に言った。それは1つの素晴らしいOPとEDです。

キャラクター:このキャラクターはこのショーの最高の部分です。紹介される主人公の大部分は、ショーを通して自分たちの方法で成長し、変化します。実際、一部のキャラクターは劇的に変化して、コメディーの要素に加わります。このショーを残りのものから際立たせてくれるものがあれば、それはキャラクターです。このショーは90%のキャラクター駆動です。

楽しさ:あなたがエロコメディのファン/ショーをあまり真剣に受け入れないなら、下関はあなたのためです。座って乗り物を楽しむ。それをあまり考えすぎておらず、ただの笑い声を出してください。あなたが深いプロットを探しているなら、おそらくあなたは見続けるべきですが、戻ってこのショーを楽しむべきです。

Shimonetaは、ほとんど予想外に、それが串刺しになっている非常に多くの種類の人々からのレビューが貧弱になっている、非常に過小評価されたアニメです。

2015年には、個人的な表現や言論の自由にますます寛容になっている社会に住み、下関はこの傾向を踏まえ、道徳的な見方に変わる「政治的正しさ」の圧迫的な性質を実証する、敷地このショーのディストピアの側面は、それが “卑劣な行動”とみなすものを監視し、それによって制御する遍在する警察状態から来ている。ほとんどのヒステリックなことに、これらの法律を施行している人々を含む誰も、実際には “猥褻な行動”が何であるかを知ることはほとんどありません。

全体の前提はばかげていますが、ショーが目立つコントラストを作り出そうとしているポイントをもたらすためには、そういう意味になっています。一定のテーマは、国家による検閲、自然な人間の衝動の抑圧、人間の知識と芸術の後退、プライバシーの喪失、思考のコントロールと不当な法律です。これらは、アニメのためのすばらしいテーマです。コメディアニメはもちろんですが、下関はすべて胸を張って胸を張っています。

このアニメの最大の課題の1つは、ユーモアの大半が趣味であるため、文化的な慣用法、スラング、言い伝えに大きく依存していることです。これは日本語から他の言語にうまく翻訳されないため、あなたの経験は、これらの日本の文化の理解度によって異なる場合があります。それは、ほとんどの人が理解できるはずの物理的かつ状況的なコメディがまだたくさんあると言われています。

Shimonetaは、視聴者が猥褻や「えっち」の行動や内容についての自分の意見を把握するだけでなく、自分の意見を他の人に強制することがいかに公正か不当であるかについて考えることも珍しいアニメです。

下セカと私は愛憎関係を持っています。

ストーリー。

ポルノテロリストがポルノのポルノで生き残るという前提は楽しいものです。若い人たちのグループを描くことは、ペテントの方法で日本人を再教育することで、私を笑わせる。

問題は、この大きなストーリーがめったに触れられないことです。 12のエピソードの多くは募集に基づいています。他の人は対人関係にありますが、渡された言葉のほかに、大まかにプロットは未解決のものと未確認のものがあります。

これははるかに多くのことがあったかもしれない偉大なアートワークを持つアニメです。キャラクターのキャストのいくつかに入ったいくつかの明らかな創造的思考がありますが、奇妙なことに、それは主な2人の主人公(テロリストを主人公と呼ぶことができれば)です。他のクルーとは対照的に、どちらも穏やかで魅力的ではありません。

キャラクターの開発とアイデンティティーは、しかし、splotchesに存在します。考え出された文字は素晴らしいです。フワとの間には、人間の間での生殖の理解の危機に瀕している不気味な科学者がいます。グライキは、彼がゲイであることを知らない大きな人物で、もはや存在しないので、見て面白いです。アンナはすばらしい線と色、陽気な行動、ショーのテーマを変える心の突然の変化ならば強いです。

喜劇として、それは動作します。他のものはショーを超えており、それはその部分の合計よりも大きい。

屍姫 赫 海外レビュー

 あらすじ

強い未練によって動く死体 – 屍(しかばね) – を狩る屍の少女たち、それが屍姫。彼女たちは「光言宗」の僧侶と契約を結び、屍を殺し続ける。彼女たちが屍を殺す理由、それは「光言宗」と結んだ3つの戒律(ルール)のため。その戒律とは、

108人の屍を殺せば天国へと行ける。
一度選んだら途中退場は出来ない。
たとえ殺されても文句は言わない。
人を殺す屍と、屍を殺す屍姫。両者の戦いは激しさを増していく。そして、屍姫とその契約僧たちの悲恋を描く。
2008年10月2日 – 2008年12月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543303893176

✳以下myanimelistからのレビューになります

“屍姫 赫 海外レビュー” の続きを読む

昭和元禄落語心中 海外レビュー

 あらすじ

落戦前からバブル以降まで、細やかな表現を特徴とする孤独・孤高な男と対照的な立場・才能の持ち主とが同門で出会い、落語の将来不安とそれぞれの芸を追求する流れの中で、同門関係・色街と男女・疑似家族・ファン・などの周辺が絡まりながら、男達の話芸・落語への存在のかけ方が描かれる。

話は江戸落語界で昭和後期の名人と弟子の出会いに始まり、名人の孤独の形成される過去話となる戦前から戦後に飛び、もどって昭和終わりのバブル前後、明白となった落語衰退時期へとつながり、名人の孤独・孤高な芸風と生き方と落語界の衰退とがより強く関わり合う。
第1期:2016年1月 – 4月
第2期:2017年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲1ですhttps://m.youtube.com/watch?v=a_UxWeBT1BY(公式)

オープニング曲2ですhttps://m.youtube.com/watch?v=IBva7Fu0O2Q(公式)

top_pc

 ✳以下myanimelistからのレビューになります

ゆっくりと引き抜かれた三味線の音に囲まれた素朴な劇場の薄暗いキャンバスの下で、偉大な伝統を演奏する観客を待っている。徐々に、堂々とした空気に包まれた男がステージの中央に近づき、膝の上にエレガントに座って、彼のゲイザーを歓迎するために軽い弓をかける。こうして、一般的に「落語」や日本の口語話の芸術と呼ばれる演技が始まります。落語者は、2人以上のキャラクターの間で指定されたコミックアカウントを喋るためのストーリーテラーを伴い、一般的にすべての役割を担い、行動、調子、ジェスチャーの微妙なニュアンスによって区別されます。

落語は江戸時代の元禄時代から日本の芸術文化の古典的な特色でしたが、現代においては人気が高まっています。しかし、この冬の風が吹き荒れるこの芸術形態を活性化させ、間違いなくシーズン最高のショーの原点にしたショーが登場したため、悲しみは免れることができます。昭和元禄落語新宿 – 魅力的なキャラクタードリブンシリーズ素晴らしい結びつき、そして主人公とそのキャラクターの間の結びつきが完全に称賛されています。

急速に変化する日本の社会的景観の中で、第二次世界大戦後にしばらく時間を置いた。釈放された囚人は、落語の方法を学びたいと思っています。物語は、修道院の現在の物語から、マスターと亡くなった友人のスケロク、ゆっくりと枯れた落語の芸術について、過去の物語に焦点を当てます。今の前提はちょっと退屈で、ちょっと退屈だと思われるかもしれません。真実から何も離れていません。もちろん、シリーズは完全にキャラクターに焦点を当てたゆっくりとしたドラマなので、これは派手な戦い、無償のパンティーショット、そして世界を支配する圧倒的な英雄の欠如を意味しますが、その代わりに説得力のある、本当にその野望に対処している経験。

セッティング、主題、キャラクターはアトミックに統合されているため、ライド全体が一貫して滑らかです。ペーシングは、すべてが細かく焦点が合っており、無駄な努力やフィラーの混乱の余地がないという明確な方向性を持ってバランスが取れています。これらの要素が組み合わされて、それらが実装されたタクトと猶予が得られれば、このショーは価値のあるタイトルになります。

まず、設定があります。このショーは、比較/コントラストレンズを通してその基盤を作り出しています。ストーリーを伝えることによって、文字通り、物語を伝える大きな構造的な動きです。素晴らしい演劇のパフォーマンスと同じように、その背景/設定を最前線にいかにうまく組み込むことができるかを見ることは絶対に素晴らしいことです。それは全体的な品質に何かを加える各フレームとの真に洗練された仕事の感触を与えます。当時の日本社会の雰囲気や感情、特にキャラクターとラクゴの両方を捉えることができ、微妙に描かれていても、落語の観点から、落語の描写に基づいています。戦後の現実のヒットの波の後に、それは文化と人々の間で深刻な意識を失います。これは西洋の感覚とモダニズムが過去よりもはるかに大きな力で浸透することを可能にし、これは様々な文化芸術の漸進的だが着実な崩壊を助長する。落語はその一つです。この背景には、服装の変化(伝統的な日本の浴衣からファッショナブルなウエスタンスーツへの変化)だけで描写された文字の進化であろうと、他の西部の会場に対する落語家での出席の侵食であろうと、これらの微妙な要素は個別には気付かれないかもしれませんが、全体的に評価された場合、特に特性評価を検討する場合には、確実に実現されます。

完璧な設定に加えて、シリーズの最強のポイントが登場します:キャラクター。キャラクターのダイナミクス、探検、進化は崇高です。シリーズ全体は、自分の芸術を通して、そしてその周りを回転するすべての方法で、自己実現を中心に展開しています。今の八雲の盆踊り「菊」と仲間の鈴木は、様々な闘争や出来事で転落して落語を完璧にしようとしているのを見て喜びますそうする理由。両方の文字はお互いの完璧な補完物であり、全体的なキャラクタライゼーションに次元を加えたり、お互いに次元を加えたりするために互いに演じています。アーティストの旅とキャラクターの旅は、苦痛と喜びの両方を通じて成長する運命のような恋愛のようなものです。

このため、このショーの特徴付けは、アートと個々のダイナミクスから2つの視点から見ることができます。それは文学の世界を紹介するだけでなく、「行為」を補完する方法で統合するので、前者は本当に基礎を置いています。演技は芸術形態の複雑なイラストだけではなく、関連するキャラクター、特にキクの変態を追跡するのにも不可欠です。したがって、落語の扱いは必ずしも分離されたものではなく、心の中に埋め込まれ、また日本語の物語の本質を十分に発揮し、必要なスキルを発揮します。

そして、キャラクター同士の間には恒星のダイナミクスがあります。 Kikuはステージのスターでも、ほとんどのキャラクターは、個々のキャラクターの欠点、動機、重要性を個別に、そしてより大きな画像との関係で多面的に感じます。ほとんどすべての “闘争”は重要であり、Kikuや他者のためのものであれ、何らかの形で開発されたものであり、実現するのは難しい現実感、複雑さ、触診性を与えるものです。例えば、2人の主人公の横には、最初にシリーズのロマンチックな潮流を持っていたMiyokichi(Yurie) – 芸者という名前の別の人物があります – 両方のキャラクターの感情的進化のための飼料の一種として働く、自身の個性を崇拝するショーの重要な要素として紙の上の彼女の役割は箔だけであるが、彼女(そして他人)は自分たちの現実化された存在になってしまう。文字のパレットがどれほどうまくいくかを証明します。

キャラクターの強さは、強烈なフォーカス、結果、そして主観的な共鳴感を与えるのに役立つ一連のシリーズ全体に響きの効果をもたらします。キャラクターに反映されたまさに賞賛と献身は、「夢のために生きる」という本質を滲出させます。犠牲、兄弟愛、親族関係、家族関係、そして最も重要なことに愛は、落語の繊維と、それを編みこんだこの物語のものを通して、最終的に美しいタペストリーに仕上がっています。そして、ここでの愛は、必ずしもロマンスを意味するのではなく、自分の情熱を推進し、人生に意味を与える愛のようなものです。それは説明を超えて創造、芸術、またはこの場合は落語だけで感じることができる愛です。そしてこの作品は、その愛を体現し、表現する素晴らしい仕事をしています。

シリーズをもたらすためには、素晴らしさの最終的なタッチは、アニメーションとサウンドです。アニメーションはスムーズに流れるので、柔らかく明るい色がショーの活気にあふれます。背景は、設定の並置された性質を引き出すように非常にうまくいきます。古くて退屈な伝統の感覚は、物語を一貫して融合させて強化する、活気に満ちた近代化された要素とは対照的です。さらに、ジャズやブルースのインスタンスを日本の弦楽器やコンポジションの定番曲と組み合わせることで、この音楽は奇妙にフィットしています。意外にも、この衝突のいずれかを一度も不適切なものにすることはなく、むしろ雰囲気と気分を高め、すべてを含む設定に完全な深さを与えるために並行して働きます。

本当に、このショーには本質的に価値を下げる牽引者はいません。もちろん、このシリーズは、キャラクターの内部力学とそれを定義する外部の情熱に非常に重点が置かれているので、誰もが魅力を感じることはありません。多くのエピソードでは、わずか10分から12分の落語公演がありますが、これまで述べたように余計な追加だけではなく、キャラクターを定義するポイントでもあります。最後に、それは完全な適応ではないので、持っているべき緩やかな終わりがあり、意図的には終わりはありませんが、実際に提示された物語から脱却するものはありません。

本質的に、この物語は聞く価値のあるものであり、それ以上の価値があります。

今、芸術の形態は、生まれてから進化し、解散し、人類が自分たちの生命力で呼吸し続けるようにします。昭和元禄落語新宿は、芸術を通して自分自身とお互いに変わる二人の人生を通して、そのプロセスの複雑さを示しています。それらは、(たとえ世界が変わったとしても)芸術の永遠性を思い起こさせるものであり、それを創造する人たち(火傷や起伏の歴史にかかわらず)です。だから、三味線の演奏が止まり、薄暗い劇場だけが立っていても、鈴木と菊の話を聞くことができます。昭和元禄落語新宿は私たちを誇りに思っています。

亡念のザムド 海外レビュー

 あらすじ

大陸の北半分を統治する北政府と、南半分を統治する南大陸自由圏が長年に渡って戦争を続けている荒んだ世界・・・

国際郵便船・ザンバニ号は航路上で北政府の偽装船団と遭遇。急遽、進路を中立地帯・尖端島に変更する。ザンバニ号の斥候係でビートカヤックを駆る赤い髪の少女・ナキアミは異変を感じ尖端島に急行する。

尖端島に住む高校生・竹原アキユキは同級生で幼馴染みの西村ハル、寺岡フルイチと青春を謳歌し、平穏な日々を送っていた。いつもとなにも変わらない朝、アキユキは通学バスを待つ生徒の列の中に見慣れない白髪の少女・ナズナを見つける。難民と思い、アキユキは一計を案じてバスに乗せる手助けをする。だが、ナズナはルイコン教の教祖・サンノオバから密命を託されており、自爆テロを敢行する。大破したバスに駆け戻ったアキユキはナズナから「あなたならきっと大丈夫、亡念のザムド」と声をかけられ、その直後に白い体躯の異形の巨人「ザムド」へと姿を変える。
2009年4月 – 10月迄放送(ウィキペディアより引用)

21723_1_1

✳以下myanimelistからのレビューになります

多くの人がすでに言っているように、このアニメはあなたにエウレカ7を連れて来た同じ人たちによって作られています。このアニメを見ようとするなら、それを覚えておいてください。

まず、OPをチェックしてください。聖なるジェブス、それは甘いです。瞬時にあなたを捉え、(アニメーションの品質から判断すると)すばらしいショーを見て興奮させます。いくつかの面では、これは黙っている。アニメーションはすばらしいですが、サウンドトラックはうっとりしていて、キャラクターは一般的に非常に凝縮されています(興味深いものを見つけるのに十分な情報)…ストーリーはランダムに近いです。このアニメはもっと読むのが混乱して いるようです

私はちょうど2回目でこのアニメを見終わって、それは素晴らしいリプレイの価値があります。ストーリーは非常に複雑で相互に接続されているため、最初はすべてを把握するとは思わないが、全体的なメッセージとテーマは非常に強力です。それは行動がある、心配しないでください。たくさん。

私は物語を最初に始めると思います。ストーリー:
シリーズの始まりは非常に少数のキャラクターに焦点を絞っていて、終わり近くまでキャラクターのすべてがカバーされているまで、焦点はどこにあるべきかです。物事はかなり遅く始まり ますもっと読む

“毎日私はそれが大丈夫だろうと思う目を覚ます。あなたはいつか戻ってくると約束したので、私の心は鼓動しているが、私は待つだろう。 「

私が思ったように試してみると、Xam’d:Lost Memoriesの最初のEDよりもシリーズの内容に合った曲は考えられません。もしあなたがしたいのであれば、これらの歌詞をシリーズの概要として入れ、それを現在と同じ効果を持たせることができます。

Xam’dは誰もが楽しめるシリーズではありません。一見すると、人々が見ていることを別のアクションシリーズであるように思われる 続きを読みます

まず第一に、私は感銘を受けた!

最初、このアニメは私のトップ10のアニメからずっとなくなっていました。それは良いことだった、私は最初のエピソード以来それを好きだった。これはXam’d:Lost Memoriesが本当に楽しい方法を知っているからです。正しい時にアニメーションに力を入れる。正しい時間にそうしないでください。

しかし、いくつかの問題のために私はXam’d:Lost Memoriesをしばらく見ていませんでした。それから2つの新しいエピソードが出てきたとき、私は正直に驚いた。アニメーションは流動的で、目立つように見えました。ストーリーはますます 読まれていっていました。

このショーを見るには、座ってビジュアルを取り入れてください。プロットやキャラクターに心配しないでください。

これは、美しいアニメーションで興味をそそる世界の中で大変創造的なシリーズです。残念ながら、ストーリーやキャラクターについては、ショーの外見上の美しさに近づくことさえありません。

これは退屈なショーではありません。それは常に視聴者に新しい場所、文字、対立を示す。ロケ地には、快適な島のコミュニティ、ヒマラヤネスク山脈、そしてはるかに豪華な景色が含まれています。キャラクターのデザインはすべて、軍服制服からザンバニのラグタグのクルーまで、さまざまな文化の描写まで、同様に創造的です。 「Xam’d」はまた、私が見た最も創造的なモンスターデザインのいくつかについて、私からポイントを得る。目のキャンデーのすべてのビットは、その26のエピソードを通してショーを盛んに推進する。

それ以外には、何もありません。「ユーレカ7」を見た人は、すぐにそのキャラクターの一部を認識し、そのショーからのアタッチメントを引き継ぐかもしれませんが、実際には「Xam’d」のキャラクターは単にストーリーの中にぽんぽんです。

そのキャラクターよりも面白くない話。正直言って、私はプロットの概要を与えることさえ難しいでしょう。”Xam’d”には多くの良いアイデアがありますが、いずれも成果を上げることはできません。戦争があります。しかし、私は、誰がどんな側にいたのか、原因が何であったかを伝えることができませんでした。Xam’dやhirukoなどと呼ばれるものがあります。私はショーを見ても彼らが何をしているのか分からない。これには100の例があります。

この気分は非常に多くの方向性があり、多くの詳細が組み込まれており、絶えず正しい妊娠期間が与えられていることはないことが絶えずフラクタルに加わります。それはより大きいシリーズの要約版のようにほとんど感じます。
私はまだ質の高い芸術と良いアニメーションを楽しむ人に “Xam’d”を勧めます。しかし、ストーリーのより細かいディテールで自分自身を挫折させることはありません。

だがしかし1期 海外レビュー

 あらすじ

とある半島の海沿いにある田舎町に住む鹿田ココノツは漫画家を夢見ているが、父・鹿田ヨウからは実家の駄菓子屋・シカダ駄菓子を継ぐように告げられる。しかし、それを嫌がるココノツの前にある日、都会からやってきた駄菓子マニアの美少女・枝垂ほたるが現れ、あらゆる手段でココノツに駄菓子屋を継がせようと奮闘する。
2016年1月 – 3月迄放送(ウィキペディアより引用)

オープニング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=4t6ElbwlnCE(公式)

第1話 うまい棒とポテフと…コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…
第2話 きなこ棒と生いきビールと…フエラムネとめんこと…
第3話 ブタメンとくるくるぼーゼリーと…ボンタンアメとセブンネオンと…
第4話 ふがしとふがしと…グリコとグリコと…
第5話 ビンラムネとベビースターラーメンと…ヤッターめんとすっぱいぶどうにご用心!と…
第6話 超ひもQとおはじきと ときどきまけんグミ…ヨーグレットとココナツと…
第7話 夏祭りとほたると…夏祭りとサヤと…
第8話 超怖い話ガムと台風と…けん玉とプチプチ占いチョコと…
第9話 わたパチとうんチョコと…さくら大根とたまごアイスと…
第10話 駄菓子じゃねえか!
第11話 コーラガムとヨウと…都こんぶとラムネと…
第12話 食べるんですHiとさくらんぼの詩と…森永ミルクキャラメルとサクマ式ドロップスと…

dagashikashi1

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

駄菓子の広告

私はサンリオ男子のファンですが、ハローキティの製品についてはアニメ全体が良い話をしていますので、私はそれに一定の広告の場所を許します。このアニメはあまり良くなく、私の地域では私には利用できません。私はアメリカに住んでいます。これは、北米とヨーロッパを巡るストリームサービスです。なぜここにこれがあるの?あなたが試したいのであればhuluですが、他の場所を探す必要はありません

エピソードは短いです….しかしそれはいいです。

私はこれが好きです。私は日本に行った時、駄菓子店には行きませんでした。クソッ私は駄菓子店が存在することを知らなかったのです。七日町コンビニ(7/11コンビニエンスストア)がたくさんあることを知っています…または日本の先住民が私に教えてくれるように、「おしゃれなセブンイレブンですか?」非常に面白いアニメ…..次のシーズンがあったらいいのに。私はあなたのために応援しています!

3つのエピソードがあります。それは良いアニメですが、ストーリーテリングの改善がなくても同じです。

私はだがしかしの最初のシーズンを見て、日本のスナックやキャンディ、さらにはその起源を視聴者に紹介するのに最適な方法だと考えました。
アニメはs1から同じ4人の子供の周りをもう一度回り、ハングアウトしながら各セグメントに駄菓子を紹介します。。

そして、それはすべてのエピソードではかなりのケースです。確かにそこにそこに散らばったキャラクターの裏話のビットがありますが、主な焦点は駄菓子の宣伝です。
それは人生のスライスの安全なニッチ式です。それはそれが何であるかです。それでは、なぜ2年目のシーズンはありますか?短い答え:既存のダガシと新しいダガシを1つのシーズンに合わせることはできません。さらにファンが欲しいほたる。

楽しむためのちょうどいいシンプルなアニメ!

悪いシーズン1は楽しいものですが、15分を無駄にする素晴らしい方法なので、ここにはありません。シーズン1のエピソードは、基本的なエピソードの1つの章ではなく、3つの小さな章が1つにまとめられているので、より長くなった。それでも私は人生を楽しむ人にはお勧めです!

ああ、サヤは最高の女の子です!

最初はあまり確かではなかったけど、今は大好きです。

これはS1ではなくS2であるため、最初はちょっと混乱しましたが、後ろにいても何が起こっているのかを知ることができました。私はこのことがひどいと思っているのを見ましたが、キャラクターは好都合です。私はS1を見つけて、どれくらい逃しているのかを見なければならないが、それ以外は..私はお勧めします。8/10

シーズン1はHULUに有ります

なぜS2がここにあり、S1がそうでないのか分かりません。

私は、ショーの最初のシーズンが利用できない理由を説明した非審査を見ました。しかし、それは昨年の2月に書かれていたので、おそらく時代遅れです。今、クランチロールはこのショーの第2シーズンを同時放送しているようだが、最初のシーズンはまだここにはない?さてさて、きちんとして、私は推測する…

しかしそれは問題にはならない。このショーでは、特に深みのある話や連続性に依存するものはありません。あなたがうまくアニメ化されたスナックをテーマにした愚かなミームジェネレータのアニメで本当に独特なキャラクターデザインを楽しみたいのであれば、あなたは運が良かったと思います。おそらく、何が起こっているのかを理解するために、最初のシーズンを見たことはありません。確かに問題はなかった。

私は絶対にこのシリーズが大好き!

何人かの人は、なぜか私には全く知られていない何らかの理由で、風変わりなユーモア、トリビア、キャラクターを気にしません。私はアニメについてすべてを愛している。それはマンガにとってもかなり正確なので、これもプラスです。

そしてサヤは単に愛らしいです。

今すぐに!アジアスーパーへ!

まず第一に、私はクランチロールがこれを持っていない方法が嫌いです。私はこれを見ているHuluにある。とにかく、レビュー。

2つのエピソードで、私はそれを愛する。シンプルなプロットですが、このショーは注目しているものです。スナックについてのアニメ。愚かな音ですか?それはラッキースターと日常のようなところです。愚かだけど素晴らしい。この番組にはない特徴は、巨大なキャラクターのキャストです。しかし、キャンディーやスナックが人であるカットアウェイはそれを補う。私はこのアニメで未来を楽しみにしています。あなたがラッキースターと日常が好きなら、あなたはこのアニメを試してみなければなりません。とにかくできます。

PS私は実際にエピソード1を見た後、近場のアジア系スーパーに行きましたLOL

“申し訳ありませんが、ライセンスの制限により、あなたの地域ではビデオが利用できません(;_;)

なぜ私は毎月の定期購読で、なぜ法的にアニメをストリーミングしないのですか?これは不合理です!
まず、私はHuluで見ているので、私は5つ星を与えます。なぜクランチロールには無いですか?どうして?
とにかく、ココノツ(主人公)は町のお菓子屋のオーナーの息子です。彼は父親の後継に本当に関心がありません。それは、ホタルが現れ(ヒロインの二人のうちの一人)、父親を菓子事業に雇うことです。ココノツが家屋を買収すると、父親は彼女の申し出を受け入れるだけです。二人目のヒロインはサヤです。彼女の家族はコーヒーショップを経営している。それは私が最初のエピソードで集めたものです。このショーは、心が軽くコメディーなようです。キャラクターは、単に置かれ、奇妙です。しかし、良い方法で?
私はこれを見て楽しみにしています… Huluで、私は推測します。真に、なぜあなたはそれを表示するライセンスを持っていない場合、私たちの地域でそれを持っている?

エルフェンリート 海外レビュー

 あらすじ

側頭部の対となる2本の角とベクターと呼ばれる特殊な能力を持つ女性型ミュータント・二觭人(ディクロニウス、觭は「角奇」)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密として隔離され、研究されている。

ある日、偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは、拘束を破って警備員と研究所室長・蔵間の秘書・如月を殺害し、研究所からの脱走を試みる。海に飛び込む直前に頭部を対戦車用徹甲弾で撃たれるも幸い軽傷で済んだルーシーは、そのまま海へ投げ出される。

一方、大学に通うために親戚を頼って鎌倉にやってきた青年・コウタはいとこのユカと共に由比ヶ浜を訪れた際、そこで浜辺に佇む全裸の少女を見つける。その少女は、海へ投げ出された後に由比ヶ浜に流れ着いたルーシーだった。

ルーシーは頭部への銃撃が元で記憶を失った上、人格が分裂して全く別の人格が発現していた。「にゅうにゅう」としかしゃべれなくなった彼女をにゅうと名付けたコウタとユカは、彼女が人類を滅亡させる存在であることを知らないまま、コウタが住むことになる楓荘に連れて行き、一緒に暮らすことになる。

その後、コウタ達は、義父から性的虐待を受けて家出していたマユや、ルーシー捕獲のため送り込まれ不要となったため処分対象となったディクロニウスのナナ、声帯が弱いがオペラ歌手を目指しているノゾミ達と一緒に同居することになる。
2005年4月3日 – 6月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=isq7lVuH9tY(公式)

elfenlied001_wp

 ✳以下myanimelistからのレビューになります

エルフェンリート:その血まみれのゴア、残虐行為、ヌードの混乱のために有名です。多くの人を忘れさせる組み合わせ。しかし、膨大な数の人々がこれを見ている(ある程度まで)彼らが何をしようとしているのかを知っており、MALのより一般的で評価の高いシリーズの一つです。それは「傑作」と呼ばれるものもあれば、「変態」と呼ばれるものもあれば、何を言わないのか、恐ろしいものもあります。第1は真、第2は誇張、第3は理解可能、第4は間違っている。

最初のエピソードは、最も血を流していないもので始まります。 私が今まで見たことのあるショーの分、そして私はあなたにこれを伝えます:あなたがそれを通して生きるなら、あなたはシリーズを通して生きるでしょう。およびその逆。ルーシーは、Dicloniusレースの裸の女の子、Vectorsと呼ばれる目に見えない「武器」を持つ突然変異人間の一種で、施設から脱出しています(途中で襲撃されるようなものです)。ヌード)。彼女が最後に外に出たとき、彼女は狙撃されましたが、彼女は死ぬことはありません。代わりに、2人の10代のいとこ(2人の他の主人公)、KoutaとYukaが、彼女をビーチで発見する。彼女は自分の記憶を失ってしまっていて、KoutaとYukaが彼女に名前を挙げている “ぬ”としか言えない。彼らはまた、彼女を家に連れて行くことに決めました。

ストーリーは突然そこのゴアレベルでひどく落ち、残りの12のエピソードを通してゆっくりと再構築されます。ゴシックと一緒に、残酷な出来事に残酷な出来事が起こります。ディクロニーとその悲しい過去が明らかになります。ニユーは物語が進行するにつれてルーシーとしてより頻繁に目を覚まし、最後は完全に元の自分に戻っています。しかし、彼女が完全に精神病になるのを妨げる障害があるかもしれません…

キャラクターはすべて大丈夫ですが、時には本当に馬鹿になります(ビーチで笛の中に吹かれているホーンの女の子を見つけると、ただ家に連れてここにとどまることに決めます)。彼らはすべて、いくつかの裏話を持っています。内容は主に残酷、血、関係のものです。特に後者に注意してください。関係。それはシリーズの重要な側面です。ディクロニウスはなぜ彼らが “残酷”なのかという主な要因です。彼らが本当に残酷なものではないので、「残酷」。その怪しげな名誉は人間に行きます。Dicloniusを単なる研究テーマとして扱い、世話をするべき人たちに敬遠され、愚かな理由で殺される。主人公の中で、彼らの愛(Kouta、YukaとNyu / Lucyの間に愛の三角があります)、

シリーズは13エピソードだけで、その短い時間にはかなり多くのことが起こり、時には急いでいるように見えるかもしれません。それはあまりにも速いペースで前進します。しかし最終的な結果は、実際には非常に優れており、本当に悲劇的で楽しく悲しい経験です。

アートワークは非常に良いですが、非常に平均的です。背景や風光明媚な細部は非常に細心で、目には本当の喜びですが、文字のデザインは、背景を見た後に期待するものの下にあります。細部があまりにも細かく、色づけがあまりにも鈍いですし、詳細な環境にはまったく適合しません。カメラワークは時にはとても良いです。まれに、アニメシリーズではなくアニメ映画に使用されているカメラワークをもっと思い出させました。オープニングテーマのアートワークはとても面白いです。私はそれがオーストリアの画家(グスタフクリムト)の作品に基づいていると思う。

サウンドトラックは、シリーズの全体的な音色に合った素晴らしいラテン系のオープニングテーマLiliumと、より陽気である一方、主人公の間の愛の三角関係にぴったりのエンディングテーマがあります。シリーズ中のバックグラウンドミュージックは、最初は非常に反復的です。Liliumのインストゥルメンタル・バリエーションのちょうど束。それはシリーズにいくつかのエピソードが良いが、全体的に私は彼らがあまりにも多くのリリウムの変化を使用して感じる。

すべてElfen Liedは非常に大胆なことをするアニメであり、残酷さ、怪我、ヌードを1つのシリーズで抱えていますが、最終的な結果は傑作アニメであり、これはうまくいきませんでした。何もない理由でR +の評価をしていないことを覚えておいてください。裸の娘を見ている男から犬を犬にぶつけて花瓶で死にかけて生きることができます。

アニメは、よく書かれた魅力的なプロット、完璧に扱われる革新的なアイデア、思考を刺激するテーマの周りを回転する深いプロットを持つことさえあり、多くの理由で批判的に成功する可能性があります。さらに、「深み」は、例えば「畳の銀河」のような時間の経過とともに、多くのアニメの重要な成功の原因となっていますが、ショーのレベルがどのライターにとっても簡単な仕事ではありません。しかし、表面の深さは容易に達成でき、真の深度についてはさらに簡単に混乱することがあります。このような表面深度は、安価なショック要因から、より多くを読むランダムな哲学的質問

Elfen Liedは別のものです。最初のエピソードの最初の10分間を見るだけで、これはあなたの典型的なアニメではないことが理解できます。多くの点で、シェイクスピアと古代ギリシャの悲劇の後でモデル化されたシリーズ、Elfen Liedはあなたが晴れた日を楽しみたいと思うものではありません。一見grotuetist暴力とヌードは、このシリーズの一部の人々を置くかもしれないが、私は物語がそれなしで同じ影響を与えることはないと言う必要があります。

ストーリー:10 – エルフェン・リードは、私がアニメで経験した最も強烈で興味深いプロットラインの1つを誇っています。 Elfen Liedの中心テーマは憎しみ、怒り、非人道的なものであることが知られていなければなりません。人間の魂のすべての暗闇は、この13のエピソードシリーズで表されます。

アニメーション:8 – ここではあまり言いません。アニメーションは非常に良いですが、何も目立ちません。私は実際には有名なオーストリアの画家グスタフクリムトから適応されたスタイルを示すオープニングが好きです

サウンド:10 – 音楽は本当にシリーズのトーンを設定します。 Noma Kumikoのオープニングソング “Lilium”が大好きです。

キャラクター:9 – 新世紀エヴァンゲリオン以来、私は見たことのある深みのあるキャラクターでエルフェン・リーが最高です。文字は真実で、魂の中に明るくて暗いものがあります。ほとんどのアニメとは異なり、善と悪の区別はあまり明確ではありません。 Lucy / Nyuは、多くの人に害を及ぼす能力を持っていると、良いキャラクターとみなされますか?

楽しさ:10 – この評価は、最も主観的なものです。私はこのシリーズを楽しんだ、特に私は暗くて明るいアニメシリーズを楽しんでいるからだ。

全体:10 – あなたはElfen Liedがしたリスクを取った多くのアニメシリーズを見つけることができません。確かにTenchiやLove Hina、さらにはRanma 1/2を見たり、何度も何度も良いアニメを繰り返したりすることができます。 Elfen Liedは、それほど頻繁に起こらないものです。

サーヴァンプ 海外レビュー

 あらすじ

「シンプル」がモットーの高校1年生・城田真昼は、ある日道端で1匹の黒猫を拾い「クロ」と名付ける。だが、その猫はサーヴァンプという、契約した主人の言うことを聞く飼われる専門の吸血鬼だった。契約によってクロの主人となってしまった真昼は、吸血鬼同士の争いに巻き込まれることになる。
2016年7月~9月迄放送(ウィキペディアより引用)

エンディング曲ですhttps://m.youtube.com/watch?v=pS2sJpeaHHo(公式)

20971_1_1

 ✳以下クランチロールからのレビューになります

偉大なキャラクターとの楽しいショー

私は文字の大部分を好んでいますが、多くの人が短時間で紹介されましたが、魅力的で興味深いものがほとんどです。このショーには素晴らしいユーモアがありますが、深く深刻な話題に触れ、後悔と悲しみの周りを中心に回っています。進行中のマンガにもかかわらず、本当に満足のいく結論に終止符を打つ!

甘くて軽い、おすすめ

私は本当にこのアニメを楽しんだ、それは本当に深いいくつかの話題に触れたにもかかわらず、速く、楽しく、甘く、軽快だった。それは、5つ星の評価を見て、確かに価値がある魅力的なアニメでした。私はこのアニメを始めたばかりの人にお勧めします。あるいは、たくさんのコミットメントを必要としないものを探しています。それは何か良い芸術、キャッチーな音楽、あなたに興味を持っている、あるいは単にそこにいるという意味を強調しています。

コメントは本当に必要です….

これはすばらしいアニメでしたし、私は間違いなく良いプロットを愛する人にこれをお勧めします。全体のストーリーは、私がストーリーに夢中になるのに十分なほど魅力的でした。私はこのアニメに入れられた思いやりと献身を賞賛し、楽しみのためだけにこれを見直すだろう。アニメありがとう。

私はこれを強く勧めます

漫画からの非常に良い適応。それは続くことが難しくないと私は彼らがアニメにそれを回すのまともな仕事をしたと思うし、私は彼らがシリーズにもっと遠くになるので、彼らは2番目の季節をやりたいと思います。シーズン。私はこのアニメとマンガを強くお勧めします。

あなたはそれを見るべきかどうか

私はショーが好きです。ストーリーはとても面白いです。ショーの悪役は涼しく見えます。漂白剤からのエイゼンを思い出させます。イントロの曲は、私が本当に楽しんだと聞いたすべてのアニメのオープニングから非常に懐疑的です。あなたはそれが好きかどうかを決めます。

アニメの真ん中

このアニメの偉大なことは何もありません、もし私が飽きていなければ、おそらくそれを終えてしまいました。それはやや面白いですが、途中で私はそれを超えていました。ランダムなアイデア

プロットは冷静だったようですが、それはあなたの標準的な少年です

あなたのしもべになるように吸血鬼との “契約”を作ることを前提にして、すごく涼しかったですが、悲しいことに主人公は他の悲劇的な孤児の主人公と同じです。

ペーシングはオフです。エピソードごとに新しいキャラクターに紹介されるということは、それらのいずれかを気にしなくて済むことを意味します。

怪盗セイント・テール 海外レビュー

 あらすじ

西洋の雰囲気が漂う港町・聖華市のミッションスクール・聖(セント)ポーリア学院に通う羽丘芽美は、マジシャンを父に持つ中学2年生。しかしもう一つの姿は人並み外れた身体能力と華麗なマジックを操り、聖華市を騒がす怪盗セイント・テール。彼女は犯罪被害に遭った「迷える子羊」達の救済のため、学院礼拝堂の見習いシスターにして情報アシスト役のパートナーである親友・深森聖良のサポートのもと、盗品を盗み返して悪人達の罪を暴く怪盗活動に走り回っているのだった。
1995年10月12日 – 1996年9月12日迄放送(ウィキペディアより引用)

512a-wHbFJL

✳以下myanimelistからのレビューになります

“怪盗セイント・テール 海外レビュー” の続きを読む

屍姫 玄 海外レビュー

 あらすじ  

強い未練によって動く死体 – 屍(しかばね) – を狩る屍の少女たち、それが屍姫。彼女たちは「光言宗」の僧侶と契約を結び、屍を殺し続ける。彼女たちが屍を殺す理由、それは「光言宗」と結んだ3つの戒律(ルール)のため。その戒律とは、

108人の屍を殺せば天国へと行ける。
一度選んだら途中退場は出来ない。
たとえ殺されても文句は言わない。
人を殺す屍と、屍を殺す屍姫。両者の戦いは激しさを増していく。そして、屍姫とその契約僧たちの悲恋を描く。
2009年1月6日 – 2009年3月26日迄放送(ウィキペディアより引用)

image_search_1543304177363

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合評価8

これは、MakinaとOuriが会う前に起こるエピソードです。そのミーナイ・ルーについてはひどく扱われているシカバン・ヒメ。(スポイラーズ)基本的に彼女は嫌な男の子と一緒に住んでいたが、彼女はとても怖がって彼女を刺して死んだ。彼女は罪悪感でいっぱいに自殺した。彼女が目を覚ましたとき、彼女は体が壊れたことを発見した。後の修道士は彼女を結びつけ、彼女と何をするべきか疑問視した。その後、京セイは職場にカードを残していたので、志望姫であることを尋ねられました。とにかく拒絶され、井崎修司は嘘をついて契約した僧侶であることを認めたが、彼は食べ物を捨てて侮辱したが、後で彼は兄に戻ることを試みた。お金のために彼はスカムだった。その後、彼らは債券を開発し、彼らはお店を経営するのを助けた子供たちとお互いに会ったと判明し、彼女の家族はいつも働いていたのでミナイはそれらを食べた。だから、修行修道士は実際にミナイを気にしましたが、彼はそれを見せてくれませんでした。だから完全に悪い人ではない。 (エピソード7と8を見ると、私が話している人が分かる)ミナイが私の好きなキャラクターなので、このレビューを書きました:)。ああ、ミナイと契約した修道士についての情報を与えたので、このエピソードも好きだった。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第8話 「英雄驀進」 海外の反応

 第8話あらすじ

キイラ王子が放ったグリーンウッド王家に伝わる召喚獣フォースヒュドラと戦うディアヴロ。彼が知っているクロスレヴェリの世界では見ることがなかったモンスターに戸惑いながらも、これを撃破する。シェラの懇願により解放されたキイラだったが、逃げる彼を待っていたものは、突然の出来事だった…。(公式サイトより引用)

登場人物

ディアヴロ 声 – 水中雅章
シェラ・L・グリーンウッド 声 – 芹澤優
レム・ガレウ 声 – 和氣あず未

 辺境都市ファルトラ

セレスティーヌ・ボードレール 声 – 千本木彩花
シルヴィ 声 – 大久保瑠美
ガラク 声 – 内匠靖明
メイ 声 – 森嶋優花

 魔族  

クレブスクルム 声 – 種﨑敦美
エデルガルト 声 – 加藤英美里

王都セヴンウォール

アリシア・クリステラ 声 – 原由実

isekaimaou_20180615_mainttl

✳以下redditからの反応になります

このショーは毎週私に印象づけています。いつも面白いキャラクター!最後のエッチ部分でさえ、かなり愛らしいものでした。これまでのところ、このエピソードはまだ見たことのない最も暗いものでしたが、Sheraにとっては不幸でした。

ヒドラの戦いは実際にepの初めに巨大な盛り上がりを見せていました。そしてディアブロは言われた中核の技を使う必要なしに、それを偶然破壊します。

そのヒドラのデザイン…それらの口…それはクソだよね‥‥。

ギルフォードのアクションは、このショーで実際にはかなり意味をなさない。

とにかく私はそのエピソードで本当に感銘を受けました。このアニメがファンサービス以外の何かを提供できるとは考えていませんでしたが、私は間違っていたと思います。

シェラの兄さんの頭が飛んできたとき、私は大好きだった。

私はバニーの女の子の罠があんな事になることを期待していなかったXDディアブロは彼女をファックしたのですか?

シルヴィーのボディピロー(抱きまくら)は素晴らしい!どこで手に入りますか?

ひどく下品なバニーの不必要な虐待!私はあまりにも驚くべきではないと思う。

あなたがエッチを期待していない、あるいは好きではないなら、あなたは間違ったショーを見ている。

ディアブロ?彼は文明を破壊する可能性があると言われたモンスターを片手で倒した。そして彼は、PVPを理解する高レベルの剣士を倒すために十分なMPを残しました。そして彼はその後も気絶しなかった。私は彼がisekai主人公の平均以上だと言いたい。

彼は孤独なゲーマーの男の子だった。異世界アニメはAinzのようなたわごとになるし、みんなを殺すようではないです。

それが実際に私がオーバーロードを切った理由です。人間が完全に邪悪になっているのは、本当に好きではありません。しかし、私はいくつかの人が主人公がアンチヒーローであるアニメを見るのが好きであることを理解することができます。

私は実際に良い人が悪を演じるのを好んでおり、このショーはうまくいきます。

私はOverlordを全面的に好きですが、Ainzはゴミです。彼はNazarickのために正当化された低レベルの生き物や人間を殺して拷問する高レベルのプレイヤーです。

シュタインズゲート ゼロ 第19話 「循環座標のアルタイル」 海外の反応

 第19話あらすじ

大国の特殊部隊により、秋葉原のビルは戦場と化し、まゆりと鈴羽を乗せたタイムマシンは爆破され、ふたりは生死不明となった。この悲劇的結末を回避するため、岡部は真帆とダルが制作中だったタイムリープマシンを完成させる決意を固める。(公式サイトより引用)

登場人物

001 岡部 倫太郎おかべ りんたろう 鳳凰院 凶真、おかりん
002 牧瀬紅莉栖まきせ くりす 助手、 クリスティーナ
003 椎名 まゆりしいな まゆり まゆしぃ☆
004 橋田 至はしだ いたる ダル、スーパーハカー
005 桐生 萌郁きりゅう もえか 閃光の指圧師
006 漆原 るかうるしばら るか ルカ子
007 秋葉 留未穂あきは るみほ フェイリス
008 阿万音 鈴羽あまね すずは

天王寺綯(てんのうじなえ)
阿万音由季(あまねゆき)
比屋定真帆(ひやじょう まほ)
椎名かがり(しいなかがり)
アレクシス・レスキネン教授

オープニング曲https://m.youtube.com/watch?v=AfzAMJd_3tM(公式)

DYZ9BuzVwAAjTA8

✳以下redditからの反応になります

今回、ラジ館から岡部はどのように逃げましたか?最後は問題ではありませんが、岡部がモエカとラウンダーから脱出したシーズン1を思い起こさせます。

リーディングシュタイナーは、岡部が持つ唯一の能力ではなく、武装した訓練された軍から容易に離脱することもできます。

彼は2025年まで死ぬことはできません。ダルがスズハの父親であることが判明した頃、最初のアニメがこれを確立したと思います。

彼はいつもアルファワールドラインのラウンダーから離れることができるようだったので、これは新しいものではありません。

レスキネンは、岡部が2025年にタイムマシンを発明することを確信しているので、彼は岡部を止めようとは思わない。タイムマシンはおそらくレスキネンにとっては未知の知識です。Alphaワールドラインで起こったすべての飛躍イベントを覚えているので、私はベータでは、Kurisu、Amadeus、またはKagariのどちらも、時機を切る機械の存在についてレスキネンに知らせることは考えていません。

うん、あなたはとても合っている。それを明確にしてくれてありがとう!

ルカ子のおにぎり作りは真剣です。

なぜ2週間?彼らは来週休憩していますか?

うん、次のエピソードは9月5日に放送されます。

質問を許してください。レイエスは誰ですか?

彼女は、マホが知っていたアメリカの他の教授でした。彼女はあなたがそれを必要とするならば、エピソード5の真ん中で紹介されました。

レイエスはアメリカの女性教授です

驚くべきことに、レスキネンとレイエスはライバル団体からのものです!何らかの理由で、私は彼らが同僚だと思っていた…。

まあ、彼らは密かに別の組織のために働く同僚です。

萌郁とミスターブラウンに起こったように、彼らが再び仲間になる世界線を見たいと思っています。

ええ、私は彼のキャラクターが邪悪な狂った科学者になることが本当に強制されたようだと思います。私は彼が大好きでした。彼はただ日本の巫女たちを見たいと思っていただけの、おしゃれな教授のときでした。

赤毛のMahoは本当にクールに見えます。

クリスとの友情は終わりました。今まゆりは私の最高の女の子です。

私は、マホがついに彼女の劣等感をクリスに、特にアマデウスの助けを借りてきたことを本当にうれしく思いました。

岡部はついに精神的なブロックを乗り越え、時を経て戻ってきた。彼はMayuriが彼を信じていたのでアークライトを承認した。それはまったく役に立たなかった。

岡部さんの顔が絶望しているのを見て、タイムマシンが爆発するのを見て、私は悲しい気分になりました:(

私は岡部がなぜ20:47に再び怪我をしたのか分かりませんが、スズハは決して二度目に撃たれませんでした。彼はReyes / Leskinenまたは兵士によって射殺されましたか?それとも何らかのヒントでしょうか?

オーバーロード3期 第7話 「蜘蛛に絡められる蝶」 海外の反応

 第7話あらすじ

フォーサイトらワーカーチームたちは、最大限の警戒をもって未知の墳墓に足を踏み入れる。ところが、入口付近の霊廟には無造作に財宝の山が置かれ、地下に降りても襲ってくるのは低レベルのスケルトンたちばかり。彼らは拍子抜けしつつも、各チームごとに別れて探索を始める。時を同じくして、アインズはアルベドに侵入者たちの歓迎を命ずる。それは死さえ救いとなる絶望の始まりで……。(公式サイトより引用)

オープニング曲ですhttps://youtu.be/6XND39Hw7N8(公式)

8f1bed272039ab20993e0670d9ef8f72

✳以下redditからの反応になります

最初に見つかった金は、このような明白な場所に隠されていました。もしそれが見つけやすいのであれば、それは既に奪っていただろう。彼らが見つけた宝物を手に入れて走って逃げてしまえば、彼らは救われたのだろうか?

あの宝石は実際にアインズの最後の溝で、彼らに慈悲を見せてくれた。

私はメイドたちがアンデッドを使って、どのようにして遊びをして楽しんでいることが面白かった:D

時々私は忘れるが、アインズは道徳的に良いキャラクターではない。 私はアルシェが生き残ることを望むが、感情を感じるためには犠牲を払わなければならない。

だから私のために何かに答えてください、アルシェは彼女の目で魔法のレベルを見ることができます、彼女は今その能力を使用するつもりはないが、その後何が起こるだろうか?

アルシェの女の子がAinzのパワーレベルを読むまで待つことはできません:)

ナザリックはその残酷さに対して複数の段階を踏んでいる。ニューロン学者はかなり悪いですが、これはほとんど最悪ではありません

偉大なエピソード、しかし私は本当に拷問の部分のファンではない:(そのゴキブリ‥‥。

ゴキブリを恐れている自分としては、それが私の運命だったら私はすぐに自殺したでしょう。そのシーンはまだ私に震えを与えます:(

彼らはすべて貪欲な墓荒らしのごみです。彼らは彼らに起こるすべての恐ろしいものに値する。

私はアニメだけの視聴者です、ナザリックがどれほど邪悪であったかは分かりませんでした:(

エルフがどのように死人を悼むのか? ハムスケ2018

ハムスケとの戦闘はちょっとポケモンの戦いを思い出しました:D

それは理にかなっている。アダマンタイト級の冒険家になりすましながら、アインズは彼の力をレベル35の戦士に制限します。それがオリファルコンよりも正常な冒険者の代表者ならおそらく20レベル以上です。この世界の人々は基本的にたわごとではありません。あなたがパワーレベリング中に死に続けることができないときに起こっていると思います。私がプレイしたほとんどのRPGは、1つのライフチャレンジを試して実行するための痛みです。この世界は唯一の人生でダークソウルをプレイするようなものです。

リザードマンはなぜ首輪をしているのですか?

カルシウム王の服装よりも重要なことは何もない。