マクロスF 海外レビュー

あらすじ

西暦2009年2月。地球人類と異星巨人種族「ゼントラーディ」とのファースト・コンタクトを機に第一次星間大戦が勃発。1年あまりにわたる戦いは、地球を死の星へと変貌させ、そこに住まう生命の大半を死滅に追いやった。アイドル歌手リン・ミンメイの貢献により決戦に勝利した人類は、文化に共鳴する一部のゼントラーディ人とともに新統合政府を樹立し、荒廃した地球環境の再生を目指した。また、星間戦争の再発に備え、全宇宙への種の保存・拡散を目的とした「銀河播種計画」を立案。巨大な居住艦を中心に大規模移民船団が次々と結成され、人の住める惑星を探して銀河の方々へと旅立っていった。

西暦2059年。旗艦アイランド1を中心に大小数千隻もの宇宙船で構成された第25次新マクロス級移民船団「マクロス・フロンティア」は、1,000万人規模の居住民を乗せて銀河の中心を目指す航海のなかにあった。ある日、近隣宙域を航行中の第21次新マクロス級移民船団「マクロス・ギャラクシー」より、トップシンガー「シェリル・ノーム」がコンサートツアーのためフロンティアに来訪する。美星学園航宙科の高校生「早乙女アルト」はステージ演出のエア・アクロバットに参加し、観客の女子高生「ランカ・リー」と出会う。
2008年4月 – 9月迄放送(ウィキペディアより引用)

✳以下myanimelistからのレビューになります

総合格付け:9
* 25年前のシリーズの素晴らしい復活*

“シンプルでプロットを理解しやすい、巧みに開発された愛の三角形、名作レベルのアニメーションと音楽”

マクロスのフランチャイズが初めての方には、ここでいくつかの情報を見つけることができます。「マクロス・フロンティア・デカルチャー・エディション」と混同している人のためにまずはまずは明確にする。違いは、デカルチャー・エディションがテレビシリーズの「パイロット・エピソード」だということだけです。それを置く別の方法は、3ヶ月後に放送されたテレビシリーズのエピソード1のOVA版です。

超時空要塞マクロス、オリジナルシリーズ後47年(ストーリーワイズ)。 私たちは2059年のADになりました。ゾンデラディとの宇宙戦争は長く続いており、新しい移住艦隊であるマクロス・フロンティアは現在、新しいエイリアン・レースの攻撃を受けています。物語は、愛の三角形の周りを回り、3人はお互いに対処しながら、外国人の脅威に対処します。

バトルアニメーションは絶対に唖然としています。非常に詳細なキャラクターの見通しへの流体CGのバトルアニメーションは、非常にショーのための非常に高いです。1つは、ほとんどの風景の背景がよく考え出され、うまく設計されていると言うことさえできます。ああ、非常に一貫したアニメーションの品質。

「日本のトップ3に11年ぶりの1stアニメアルバム」

「日本のウィークリートップ10に2つのマクロスフロンティアシングルス」

「リリースされたマクロス・フロンティア・シングルの全4曲が5位以上でデビューした」

それはどのようにスターターの音ですか?マクロスシリーズは、そのすべてが単一のマクロスのタイトルに不可欠な部分を演奏していたので、その音楽で有名でした。しかし、マクロスフロンティアがアニメソング業界をまったく新しい黄金時代に変えたと言えるでしょう。2人目の歌手を務めるシンガーとセイユの両方が彼らのすばらしい作品で賞を受賞しました。

シリーズの後半には多くのキャラクターが開発され、キャラクターに関する限り、初めに見て少し退屈でした。しかし、これはシェリル・ノームのキャラクター開発とバランスがとれており、特にシリーズの終わりに向けて非常にうまくいきました。アルトとランカは(シリーズの非常に遅いものの)成熟しています。

シリーズ全体としては、驚くべき効果音とグラフィックでとてもうまくいきました。3人の主人公の間の愛の三角はまた見るのが面白かった。ショーの最後を見るのは苦痛だったが、少なくとも映画が進行中であることが発表された。

* 2009年2月10日更新*
マクロスFRONTIERが好きだったら、一週間前にアニメファンとして2008年のアニメとして投票されたことを知ってうれしいかもしれません。加えてMay’n(シェリルの歌VA)もトップアニメの歌手の一人に選ばれました。

総合評価:10

マクロス・フロンティアは単なるSF空間のオペラではない。学校のドラマからメカ、萌え、マクロスのフランチャイズのサインである愛三角形にいたるまで、すべてのアニメクリシェを取り入れているにもかかわらず、マクロス・フロンティアはそのジャンルの能力を最大限発揮し、その視聴者の予想の完全な転覆 それは21世紀のSDF-Macrossとして賞賛されています。それについて疑うことはありません。オリジナルのマクロスシリーズに精通していない視聴者のためにも、マクロスフロンティアは想像を絶するあらゆる隙間を埋めるので、間違いなく オリジナルの前作のように時間のテストに耐えることができます 。

指揮は素晴らしいですが、私はそれが全く注目に値すると多くの確信をもって言うことはできません。犬戦闘機のシグネチャトラッキングショットは素晴らしいCGI統合で特別な改造を施され、すぐに元のシリーズとその付属フィルムの徹底的に描かれた壮大な戦いをMacrossのファンの心に呼び起こします。これはシリーズ全体を通して見事な芸術の方向性と一貫して一流の品質にあり、絶対的な関連性の印象を与えながら、どんなファンにも魅力を感じるだけの郷愁を正当化するのに十分な「マクロス」です。

サウンドトラックは簡単にシリーズのハイライトの1つです(シリーズ全体がいかに完全にうまくいっているかを考慮して、その最高の機能であるとは言えません)。菅野よう子は、中島めぐみと中林五月の素敵なヴォーカルに完璧な音楽伴奏を提供します。全曲のクライマックスは、私が今までに遭遇した音楽の中で最も興味深いメドレーのコラージュの1つを提供し、すべての時間の中で最大のサウンドトラック作曲家の一人としての関野陽子の地位をかなり再構築します。

そして、物語があります。これは、過去10年のアニメが提供しなければならなかったすべてのものを取り上げ、それを単一の一貫した物語にして、素晴らしい物語を引き出すだけでなく、実際にはこれらの芸術、クリシェ、テクニックを、通常は意図している。その表面レベルのプロットは、そのメタ・テーマのより深い側面、特にモーニング、スクール・ドラマ、メカ・チャイルド・オブ・ライフの並外れた並外れた並置を可能にするので、そのシンプルさはまったく鮮やかです、宇宙オペラ、SF、黙示録のスコープのアクションなどが含まれます。これはジャンルにとってまったく新しいものではなく、マクロスのフランチャイズにはまったく新しいものではないかもしれませんが、

一見単純化されたプロットは、飛躍的なキャラクター開発を可能にします。シリーズ内のほぼすべてのキャラクターが充分に丸められて3次元のデバイスになるようになります。それにもかかわらず、マクロス・フロンティアは、キャラクターの間に作り出された紛争の大部分が巧みに扱われているので、インタラクションを通して大部分は解決されず、全体の物語を流し続けるためにプロット主導の結果に頼っている。時には、このことが損なわれますが、ほとんどの場合、ショーはそれ自身のバランスを取ることができます。それは、キャラクターとのインタラクションを説明するために、無地のメロドラマや怒りに満ちたものではなく、うまく実行されたドラマと根深い震えの間の細かい線を熟知しているようです。

これは、あなたが驚くほど笑って行動の強さに圧倒され、拒絶、疑い、そして喪失の影響を感じるシリーズです。これはマクロスフランチャイズの素晴らしい紹介であり、マクロスの名前の完全な後継者です。アニメのファンにおすすめ。

マクロス・フロンティア(25歳のメカ・フランチャイズの最新版)は、この欠陥が一層明らかになり、シリーズの妨げになっても、それはまだ注目されているという点で、あらゆる面で非常に有望です。しかし、シリーズのヒット曲にもかかわらず、それは最終的に非常に価値のある時計です。

フロンティアの最も魅力的な側面の1つは、新しい観客を疎遠にすることなく、マクロス神話を運ぶことです。マクロスの宇宙を追い払うすべての決意とプロット装置を取り入れることで、Frontierはこれまでのシリーズとまだよく繋がっている堅実なスタンドアロンの物語を語ります。フロンティアは、 赤ちゃんとして紆余曲折。これは観衆を自分の足元に保ち、明白なプロットのひねりを疑うことにつながります。視聴者は、後で、彼らが予測したようにいくつかのプロットの紆余曲折が起こったときに失望することがあります。

フロンティアのキャストは、その赤ちゃんの一人です。初めから、キャラクターは新鮮で活気があり面白いですが、それはすべての嘘です。その4分の1は、降格された一次元のペルソナに変わります。そして、主人公のアルトの悲しいケースのように、シリーズ全体で フロンティアはまた、大きなスタートキャストからキャラクターに苦しんでいます。RankaとSherylが正当に要求されているので、キャストの多くのメンバーはいくつかのエピソードでは見えないことがよくあります。このため、このシリーズでは、1人のキャラクター専用のエピソードの外に、誰のキャラクターも適切に開発されません。

フロンティアとそれを主な祖先と比較することは、アニメーションの劇的な変化です。フロンティアは、コンサートシーンやバトルシーンにCGをフルに活用し、シリーズには不快感を与えません。すべてが流動的で詳細に見えますが、シリーズには細かいことが多いので、1つのフレームでそれが難しいという傾向がありますが、それが欠点であるか、コンサートシーンのサイケデリックな雰囲気を感じることはできません。

菅野よう子のOSTは彼女の優れた作品ではないが、ランカとシェリルにそれぞれ歌の才能を貸してくれた中島めぐみさんとメイナーさんには大きな注目を集め、それぞれ独特のキャッチーな音色のジュークボックスを提供するスタイル。ウィルスのデカチュアリングジングルから厳粛な「ダイヤモンドクレバース」まで “What ‘Bout My Star”という超現実的なバブルガムのポップには、シリーズ全体の長さを幸せに保つためにここに十分以上のものがあります。

マクロス・フロンティアは、キャラクターが私の中でベジーズを苛立たせたシリーズだったが、堅実なストーリー、美しいアニメーション、傑作の音楽で、私はこのシリーズを笑顔で終わらせるのに十分なほど耐えられるだろう。Macrossの長年のフランチャイズに精通していない場合は、この最新版のmythosには、残りの部分をチェックアウトするのに十分な要素があります。私はそれが私のためにあることを知っている。

全体として、私はマクロスフロンティアに10点中8点を与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です