ニル・アドミラリの天秤 第4話 海外の反応

 第4話あらすじ

仕事も少しずつ慣れてきたツグミはある日、首相の息子である鵜飼昌吾と出会う。稀モノが原因で自殺未遂を起こした彼はその傷を癒すため、フクロウで共同生活をすることに。わがままし放題の昌吾に頭を悩ませるツグミ。そんな中、稀モノによる政治家の飛び降り自殺が発生。その陰には意図的に稀モノを作成し闇オークションを開催する「カラス」の存在があった。その取引が行われるパーティーへ昌吾と潜入することになったツグミは……。(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

 ✳以下myanimelist.redditからの反応になります

このエピソードを少し高めに伸ばしている緊張。首相の息子の鵜飼にもっと力を入れました。つぐみとのやりとりがちょっと厄介だと思っています。特に偶然笑ってしまった時には、ストーリーテリングに関しては、それはむしろ平穏だったと思います。それはいつも変わった劇的なドラマを持っていた。

私は認めなければならない、ツグミは彼女のドレスですばらしく見えた。

他の人に親しみがないような眼鏡を着た新しい人(木村さん)と出会う。彼の父親は、兄と同じ日に自殺した。彼はとても騒々しい音楽を持っています。彼のために働く人がいます。

彼は女の子を差別するようなお坊ちゃまです。彼女は彼に話しかけるので悪い印象を与えている。私は本当に最初に彼を気に入らなかった。

鵜飼…この男は完全なd-bag(嫌なやつ、最低なやつ)のようです…非常に豪華で、自己重要で権利があります。しかし、彼はまた誤解されていますよね?だから、つぐみは彼を甘やかすだけで、神秘主義的な爆発を容認し、裸の姿を見せてもらえれば、すべてうまくいくだろう!まあ、そうではありません。彼女が最終的に彼の鉄のカーテンを剥がしても、彼はまだ非常に傲慢なようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です