ニル・アドミラリの天秤 第3話 海外の反応

 第3話あらすじ

自分の力で多くの人を救うことができると実感したツグミは、フクロウのメンバーとも打ち解けはじめていた。だが仕事終わりに隼人たちと食事を楽しんでいると外から人の争う声が聞こえる。市民から本を略奪しその場で燃やす「カグツチ」と呼ばれる一団が現れたのだ。大切な本を燃やされた被害者の鷺澤累にこの騒動を解決してほしいと頼まれる。彼によると首相の息子が自殺未遂事件を起こしたことで奇妙な本の噂が広まっているという。(公式サイトより引用)

登場人物

久世 ツグミ(クゼ ツグミ/デフォルト名/変更可)声 – 木村珠莉
尾崎 隼人(オザキ ハヤト)声 – 梶裕貴
鴻上 滉(コウガミ アキラ)声 – 岡本信彦
星川 翡翠(ホシカワ ヒスイ)声 – 逢坂良太
鵜飼 昌吾(ウカイ ショウゴ)声 – 木村良平
汀 紫鶴(ミギワ シヅル)声 – 鈴村健一
鷺澤 累(サギサワ ルイ)声 – 櫻井孝宏

久世 ヒタキ(クゼ ヒタキ)声 – 村瀬歩
隠 由鷹(ナバリ ユタカ)声 – 緑川光
朱鷺宮 栞(トキミヤ シオリ)声 – 夏樹リオ
燕野 太郎(ツバメノ タロウ)声 – 榎木淳弥
柾 小瑠璃(マサキ コルリ)声 – 高橋未奈美
四木沼 喬(シギヌマ タカシ)声 – 遠藤大智
杙梛(クイナ)声 – 宮下栄治
鴬地 啓三郎(オウチ ケイザブロウ)声 – 小林範雄
雉子谷 新(キジタニ アラタ)声 – 西田雅一
猿子 基史(マシコ モトフミ)声 – 興津和幸
百舌山 識郎(モズヤマ シロウ)声 – 荻野晴朗
笹乞 藤一郎(ササゴイ トウイチロウ)声 – 石井真
尾鷲 英樹(オワセ ヒデキ)声 – 桜木章人
葦切 拓真(ヨシキリ タクマ)声 – 利根健太朗

クロユリ炎陽譚

小原 秋沙(オハラ アイサ)声 – 山村響
黎 雪加(レイ セッカ)声 – 畠中祐
錐合 蓮(キリアイ レン)
風見 千鳥(カザミ チトリ)声 – 千本木彩花
雀部 忠清(ササベ タダキヨ)声 – 八代拓
鵺野 桐彦(ヤノ キリヒコ)声 – 松岡禎丞
ハンス・ハメル(ハンス・ハメル)声 – 利根健太朗

1523319757840

うわー。その追跡は列車に乗ることでうまく終わらなかった…. RIP。ぶっちゃけ奇妙なケース。

私はまだ主人公についてまだ多くのことを感じていない。実際に、彼らはつぐみの友人を含むいくつかの新しいものを導入しています。彼女とサギサワもやっている。つぐみの勇気は私にこのエピソードを印象づけます。

彼女が作ったスープが好きな人はそうだ。

追跡のために夕食の時間が乱された。そして本は魂を見ずに燃えた。追跡されたサギサワ(櫻井さん)は医学生です。

「高槻」(確かなものではない)は、チェックなしで本を燃やす集団だから、「助けてもらう」スタッフが加わった。

その医学生は、彼から何かを得た最初の店で再び会った。彼女の弟のために、学生はその事件に関与した。

その後、オーラがある本で奇妙な男が見えましたが、後で電車にぶつかったので遅すぎました。

緑川さんのキャラクター(ナバリ)が持っていた別のケースからの本との比較。グループ/誰かがオーラを意図的に作っています。

彼女の兄はうまくいて、出版会社のために働く彼女の友人に会った。

医学生は、彼女にその店を与えたのと同じことを彼女にしました。

そのグループは再び…グループが夜に活動しているようです。彼はオーラの本を持っています。

そのマスクを持つ男…そう、彼はその医学生です。彼は、彼女が使っているグループが本を悪い使い方として使っていると言っている。彼はまた彼女を募集しました。

彼女は次のエピソードでフォーマルなドレスを着ています…オーラに関係する正式なパーティーに行くのですか?

ツグミは素敵な歌声を持っています。その追跡は、その男のためにうまく終わらなかった。新しいキャラクターに会いに来て、彼についていくつかの裏付けがある。彼はグループのメンバーであったと考えています。ツグミはかなり勇敢だった。

うわー、それは死ぬばかげた方法でした。彼らは現場の代理店になっているはずですか?彼らの誰もその一人の人に追いつくことはできませんでしたか?

そしてもう一つはハーレムに加わるが、この新しいものは私たちの主人公を知ることに本当に腹を立てているようだ。

今でも実際の物に入るようになっていたようだが、意図的に殺した人を殺すための呪われた墓を作ることはかなり大変だ。しかし、まあ早くそれを乗り越えてきたんだけど全部これが起きていると思っていた。彼らが単なる本を読んでいなかったらもっと激しく脅かされます」
ワイルドで小さなオタクが登場しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です